NIKE 公式オンラインストア

アーバン・ドリーム・カプセル

HAPPENING


2週間、4人の見知らぬ人間の生活が、シンガポール中にさらされる。どこかで聞いたことのあるような話だと思う人もいるかもしれない。確かにそれはちょうど、涙を誘うシーンのない、映画「トゥルーマン・ショー」のようなものだ。睡眠、食事、髭そりなど日常生活のすべてが、公共の場で人の目にふれる。2000年に「ブルー・ボーイズ」と題した前回のインスタレーション以来話題になったこのプロジェクトが今回、注目を集めるパフォーマンスとして、ラッフルズシティ・ショッピング・モールのウィンドウに“ディスプレイ”された。

4人の24時間がさらされるなんて、どういうものなのだろう。 15日間ずっと、ウィンドウディスプレーの中に閉じ込められ、その改造されたスペースは、現代の快適な住まいのように、コンピューターから、ベッド、キッチン、葉の形をしたステッカーが“あの”位置に貼られた、期待をかき立てる透明なシャワールームまでが備え付けられている。

メルボルン・フェスティバルの「エイジ・アワード」や、ベルギーのヘントで行われた「ヘンテナール・アワード」で賞賛された、この「アーバン・ドリームカプセル」は、シンガポール芸術祭の一環として行われ、普段は劇場などに足を運ばない人達にも親しみやすいアートプログラムの一部だった。

実際このプログラムは誰でも気軽に見る事ができる、というのが街の噂になり、シンガポールで大ヒット。音楽に合わせて踊り、正気でないおどけたしぐさ、原始人のような服を着てぬいぐるみを抱きしめるなど、ユーモアたっぷりな振るまいで、4人は見に来た人を必ず楽しませた。何が起こってるのか気になった通りがかりの人達は手を振り、逆にからかわれることもしばしば。ガラスごしにオーディエンスとコミュニケーションするためにホワイトボードが備えられており、見ている人が持っている食べ物、ファッション、ヘアスタイルなどが、“沈黙のコミュニケーション”の話題となっていた。

コンピューターとファックスがあるので、外にいる人はEメールやファックスでコミュニケーションすることもできた。励ましの言葉は、外にいる人達が読めるように、ガラスに貼られた。4人は「BOTAK」と呼ばれて親しまれていた。「BOTAK」とは、「はげている」という意味で、彼らのきれいに剃った頭をそのまま呼んだものだ。

外の世界への唯一の物理的な通用口として小さなドアがあり、そこから毎日の食料品が送り届けられ、ハイナン・チキンライスなどシンガポールの有名なローカル料理をオープンキッチンで調理する様子もオーディエンスは見る事ができる。食事の時間は、アーバン・カプセルで最も人気のある時間で、ワインやオレンジジュースが振舞われた。4人は一列に並び、彼らの動きをすべて見ている外の人と向かい合い、たくさんの人と食事をしていた。

一時も1人になることができない、アーバン・ドリーム・カプセルはシンガポール人の心を掴んだ。家を“オープン”にしてくれる友人、そう親友になったのだ。

URBAN DREAM CAPSULE
会期:2004年5月30日〜6月13日
会場:ラッフルズシティ・コンベンションセンター
住所:Esprit at Raffles City, 2 Stamford Road, Singapore 178882
www.singaporeartsfest.com

Text: Fann ZJ from npsea Enterprise
Photos: Foong Wei Jiet
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE