第13回 ARTEBA

HAPPENINGText: Gisella Lifchitz

今回で13回目を数える「ArteBA」フェアが、ブエノスアイレスのパレルモにあるルーラル・ソサエティにて5月19日から25日の1週間、開催された。このフェアは、地域に根ざしたアートを知る場としての役割を果たしており、そこではキュレーターや、ブエノスアイレスの現代芸術をサポートし、その発展に貢献するアートギャラリーなどが積極的に参加している。

今回は、現在ブエノスアイレスのアートシーンに強い影響力を持つアート集団の参加を促すため、新しいコンテストが加えられた。それは「ネット・プロジェクト」というもので、アート集団が単調なシステムを壊し、外部の人達との関わりを持つことができるようなパワフルな環境を作るという、ArteBAにとっては、全く新しい動きだった。

参加するアート集団の考え方では、コンテストの目的は2つあった。新しい動きを紹介することと、アルゼンチンのアーティストを知る新しいプラットフォームを作ること。参加グループは、それぞれの方法で興味深いカルチャームーブメントの道標を提供してくれた。

「ビーナス・プロジェクト」は、自由を表現したいと望むアーティストによって2年前に作られた、学際的な集団。彼らは自らを「喜びを生み出す者」と呼び、独自のテレビ番組をフェアの期間中放送した。

エロイザ・カルトネラは、アーティストや作家、カルトネロス(紙や段ボールを夜の街で拾い集めて売る、ブエノスアイレスの新しい社会集団)などが集まったグループ。有名な作家の手によって執筆、ペイントされたユニークな本のインスタレーションである「カルトネラ・ダンス」という作品を展示した。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE