NIKE 公式オンラインストア

20 アンダー 45

HAPPENING


人はどのように都市計画をしているのだろうか。どのように街を作り上げているのだろうか。何が都市を形成するのだろうか?莫大な数の人?記念碑?様々な活動?
空間は活動する場を提供し、視野を広げ、相互作用をもたらす。シンガポールは現在、デザインに対して積極的な活動をしており、「20 under 45」は、都市のフレームワークを構築し、私たちが存在する環境を改善することに情熱を傾ける、45歳以下の地元建築家を奨励するプロジェクト。

私たちの住む場所から、買い物をする場所、祈りをささげる場所まで、様々なプロジェクトの展示をし、「20 under 45」は、都市デザインに新しい展望をもたらしている。 URA(都市再開発公社)は、このシンガポールという熱帯に位置する都市の、マクロ的なデザイン計画を進めており、食べるところ、休むところなど、どこへ行くにも MRT(ローカルの地下鉄)の方へ歩く必要があるようなものを目指し、慎重に、詳細に計画している。

ウォン・マン・サム(WOHA建築家)の最新プロジェクト、「エンジェル聖メアリー教会」は、その大胆な素材の使い方と神を崇拝するための雰囲気を作り上げる光の使い方で、柔らかな空間を作り、建築関係者の中で話題となった。カトリック教会の伝統的慣行に基づいて、バチカンの儀式や規則を、神へと到達することのできる、機能的でありながらも繊細な空間にデザインされている。

タン・コック・ヒアン (FORUM建築家)の角ばった屋根とファサードの使い方は、古くからある商店街で、一際目を引くものとなっている。現代建築は、ショップデザインにも影響を与えてきた。しかし、むきだしのコンクリートや鉄は、彼女の塗りたてた材木のようなものとはまったく逆のものだ。その外観と空間との絶妙なバランスは空間の影響力を高め、そのデザインの大きな特徴となっている。

ランディー・チャンの「芽」という作品は、より芸術的なアプローチをしていた。このインスタレーションをデザイン性という面から見ると、この空間の使い方には人間としての存在について考えさせられるものがある。私達は日々詩の中に生きており、そこに「美」を見い出すかどうかは自分次第なのだと。「インスタレーションにある、暗い夜と明るい昼。どんな夢にもある不安のように、私たちはゆっくりと流れて行く空間を手に取ることはできません。立体的な物体として、物理的な存在を作り上げるという試みは、その瞬間を時と空間の中に閉じ込めてしまうという作業なのです。」

都市は、宝石のようにきらきらするものと、お互い良く知る人達が集まる「場所」で満たされ、そのパワーはあなたの住む街を、今までとは違う、また他の街とも違う、新しい街へと導いていく。

20 under 45
会期:2004年3月26日〜4月30日
会場:URAセンター
住所:45 Maxwell Road, Singapore 069118
www.ura.gov.sg

Text and Photos: Fann ZJ from npsea Enterprise
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
“Unknowna
MoMA STORE