NIKE 公式オンラインストア

POW POW

HAPPENING


さあ、「POW WOW」しよう。POW WOWとは、話し合いをするという意味。腰を落ち着けて、ディスカッションをし、考えをめぐらし、分析して、評価をする。これが、YEP [Youth Expedition Programs]、 つまり青年探検プログラム。若い人達に、冒険とは何か、ということをフェアを通じて考えてもらうことを目的とした、過去、現在、未来を考える場。明日も見えないような若者達に、彼らの生きる道を導くため、高く羽ばたいてもらうため、教科書からは、学べないことを学ぶために。

社会の仕組みが公式化され、人類の存在が科学で証明されてしまう。そんな現代では、人々は、受け入れられるものと、受け入れられないものの間に立ち、自分は操られているのかもしれない、と思う事があるかもしれない。終わることのない葛藤がそこにある。

しかし、どのくらい自分自身に立ち向かう強さや、チャンスがあるだろうか?たいていは、この公式にとらわれてしまう。シンガポールでは、何不自由のない生活に守られ、自分を模索するという機会は、なかなか少ない。そんな中、様々な経験を通じて、自分を成長させようという目的のもと設立されたのが、シンガポール財団という団体だ。YEPというプログラムでは、若者が、自分自身にではなく、他国への社会貢献を通じて、自立を学んでもらおうという活動を行なっている。

YEP POW WOWは、同じような経験を持つ人々の交流を目的とした、YEP同窓会の発足以来、YEPの過去の活動を振り返るという活動もしている。海外での様々な活動の発表をし、それを見た人がまたこの活動に興味を持ってくれれば、という意味合いが込められている。サンテック・シティー・モール(シンガポールで人気を集める、コンベンションセンター兼ショッピングモール)で開催することで、POW WOWは、このプロジェクトに関わっている人だけではなく、POW WOWのことを全く知らない、人達にも広く知ってもらうことを目的としている。

活動は、例えば、カンボジアの女性に、シンガポールの手工業を中心とした働く環境の提供、シンガポールで失われつつある海に生息する生物の保護から、インドの子供達のITスキルの教育にまでわたる。

ブースでは、地域での活動、そこで作られた手工芸品、ビデオによるプレゼンテーション、インタラクティブゲームや写真が展示されており、そこには彼らの、現状にもっと貢献したい、そしてそれを広く知ってもらいたいという気持ちが現れていた。

しかしながら、おそらくこの「教育」を自分に必要だ、と感じている若者はあまりいないだろう。そういう若者と、僕達は一緒にコーヒーでも飲みながら、POW WOWする必要があるのではないかと思う。

POW WOW
会期:2004年2月14日〜15日
会場:Fountain of wealth
住所:Suntec City Mall
http://www.sif.org.sg

Text and Photos: Fann ZJ from npsea Enterprise
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
“Unknowna
MoMA STORE