スラム活動

HAPPENING

ベルリンは今や倒産寸前だ。その空気はのお店の廃業や公園の芝生の状態から感じられていたが、最近は毎日のようにベルリンの街に響いている大勢の声とざわめきに象徴されるようになった。政府のがむしゃらな教育政策に対して学生が抗議しはじめたのだ。50,000,000ユーロの予算節減、何百ものスタッフやコースの省き、はっきりしない今後の対策などと疑問だらけの政策だが、ベルリンをここまで追い詰めたのが9年前、政府がおこした銀行スキャンダルだという事実が学生を更に怒らしているようだ(もちろんドイツの経済状態も良くはないが)。しかし以前の学生運動と比べると、今回の活動はちょっと変わっている。インターネットや携帯電話が学生たちに新たな柔軟性を与え、その結果は面白く、クリエイティブなのが多い。


11月の始めのある日、突然ベルリン工業大学 (TU) の建築学科のビルの前に不思議な建造物が建ち始めた。木材、プラスチックなどのスクラップがガラクタと一緒に混ざって、焚き火や集会が行われる「アクティブ・ヴェサムルング−スラム活動」というミニ・スラム街となったのだ。数人の教授に支持された建築学生がただでもらえる素材を探し出し、簡単な道具−ほとんどの場合は金槌と釘だけだったようだ−を使って短時間で「スラム」を建てられる方法を生みだしたらしいが、これが以外にも効果のある示威作戦となった。まず、このスラム街は西ベルリンのシャルロットンブルグの大きな交差点からとても目立つところにある。次に、ユニークなアイディアだ、とメディアから注目を浴びている(写真を取りに来ている人の様子から、このプロジェクトは他のアーティストの興味もそそったようだ)。そして最後に、教授や助手の協力を得てスラム街内で行っている講義の光景は、教育の暗い未来を表しているようで心に強く残る。

このスラムの出現はこの学生運動の構成の典型的な例だ。運動がはじまって以来、学生たちは、AGという無規律で非公式なグループを結成し、それぞれ特定の目的−例えばスラムの建設(スラムバウAG)−を持って活動してきた。これらのAGはとてもフレクシブルに構成されており、リーダー的存在もないようだが、どういうわけか学生達はお互いを見つけ出して集合している。スラムバウAGは、今ではホンボルト大学、ベルリン自由大学にも広がり、各大学の敷地内にスラム街を建てることに成功した。それ以外にもしばしばデモの現場に現れてはスラム街を建ち上げ、その度にそれを壊す官庁たちを慌てさせているようだ。短時間しか建っていないが、無視できない目立ち具合は公衆の好奇心を刺激し、運動への関心を高めている。

TUから東に向かうと、ブランデンブルガー門とウンター・デン・リンデンがあり、そこではまた一つ変わったプロテストが行われている。冬の間装置されたアイススケート場に学生があふれ、氷の上に横たわって「ビルデゥング・アウフ・アイス・レーゲン(教育を氷の上に)」というスローガンを描いているのだ。何かの進行を妨げたり省いたりする事を表す「何を氷の上に置く」ということわざにかけた、教育の傾向への抗議だが、アート・インスタレーションといっても全く過言でない。

その他のクリエイティブな手段の例として、中身が取り去られた「ゼロ・リットル車」−何と床に作られた穴から足を突き出し、地面を蹴る反動だけで動くという車−がベルリンのあちらこちらで起こしている渋滞、主要なビルの前に行き来をしている人が恥じる様なキャンプサイトの出現(これは既に何ヶ月も続いているようだ)、政治家などの家での無断居住、などがある。これらを可能にしているのがインターネット、具体的に学生運動のウェブサイトだ。このサイトでは活動の内容や様子が細かく更新され、「ペルスペクティブ」という運動の背景の事情と最新情報を提供している新聞がダウンロードでき、掲示板では常に集まる時間と場所を指定して学生をデモやキャンプやスクワットに参加するよう呼びかけている。この様に「口コミ」で広まるイベントは阻止することが難しく、それ以上に非暴力で非破壊的、そして独創的で巧妙なこれらの策略はベルリン住民の80%以上のサポートを得ている。

運動を記録しているのがビデオAGだ。これもまたメンバーが常に変わる学生の集団で、カメラを使って運動の主張を公表するというのが目的だ。最近の活動では、24時間続いたデモを収録して、オフェナー・カナル・ベルリンという大衆のためのオープン・テレビ・チャンネルに流した。この学生運動がこの先の政策をどの様に影響するかはまだわからないが、政府を不快な立場に追い詰め、公民にとっての社会政治というものの重要性を高めたには間違いない。そのためにこんなにも革新的でユーモアのある方法を生み出したという事実は、アーティストの創作プロセスにも繋がるのではないか?アイディアやステートメントを面白くて受け入れやすいものに変えるという事に。

Text and Photos: Kristy Kagari Sakai

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE