ローラ・オーウェンス

PEOPLE


Untitled, 2000, Acrylic and oil on canvas, 110 x 132 in.
Collection of The Museum of Contemporary Art, Los Angeles


ローラ・オーウェンスという、32歳のアーチストがいる。彼女の絵画の展覧会が、シカゴ北部のミルウォーキー美術館で、ロサンゼルス近代美術館の主催のもと開かれている。

オーウェンスの、明るい色使いで描かれた大きな絵は、絵画とグラフィックデザインの中間と言ったほうが適切な気がする。彼女の作品に対する批評でよく語られるテーマは、ちょっと目の肥えた人の注意を引き、ポピュラーでコマーシャル的なニーズに合うような、若さ、遊び、光というような言葉が代表的だ。このような表現は、デザイナーが作品の意味をそのデザインと同時に表現しているときなどに、グラフィックデザインに対してよく使われるものだ。


Untitled, 2001, Acrylic and oil on canvas, 106 x 67.5 in.
Collection of Marty Eisenberg, New York

ミルウォーキ美術館で展示されているオーウェンスの作品の多くには、彼女の熟練さがはっきりと表れている。油絵の具の抽象的な形状が、端が鋭く、平らで不透明なアクリル絵の具で覆うように描かれている。彼女の作品には、抽象的なものがいくつかあり、渦巻くビジュアルの世界で、厚く塗られた絵の具に相当な想像力を働かさない限り、何が描かれているのか分からないものもある。もっとも分かりやすいものでは、鳥の形を表現したV字形の木の絵で、その陰はエアブラシで描かれている。他には、風景画や、猿や蝶、鳥、植物などを題材にした絵などもある。


Untitled, 2000, Acrylic and oil on canvas, 72 x 66.5 in.
Collection of Claudio Guenzani, Milan

ドローイングやペインティングなどの国際的な展覧会のテーマは、近年あまりに考えられすぎてしまっている感がある。ニューヨークの近代美術館で開かれた「ドローイング・ナウ」やスイスの3つの美術館で同時開催された「ペインティング・オン・ザ・ムーブ」という、昨年の2つの展覧会では、ドローイングやペインティングの今を代表するアーチストとして、オーウェンスが参加した。

これら二つの展覧会は、グラフィックデザインに対して、2つの重要な疑問を投げかけた。デザイナーのセルフプロモーションの増加に見合うほどに、グラフィックデザインは充分に発展したのだろうか?あるいは、単なる自己満足にすぎないグラフィックなのか?

Laura Owens
会期:2003年10月17日〜2004年1月18日
会場:Milwaukee Art Museum
住所:700 N. Art Museum Drive, Milwaukee, WI 53072
http://www.mam.org

Text: Matt Smith from Clean Magazine
Images: courtesy of the Museum of Contemporary Art, Los Angeles
Translation: Naoko Fukushi

※ローラ・オーウェンスの作品集は、アマゾンで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE