第6回ファッション・ブエノスアイレス

HAPPENING


今回で6回目を迎えたファッション・ウィークが、9月1日から4日に渡って、ルーラル・ソサイエティを会場に開催された。今回は、オリジナル作品をちょっとコミカルなスタイルで紹介。前回とは、ちょっと違った雰囲気が感じられたウィークだった。

しかし、準備が不十分だったというのは、決して否めない点。例えば、年輩の女性がチケットを買うのに苦労していたり、人込みの中で靴を無くす人も多発。デザイナーがスタッフを叱っている場面を目撃することも、珍しいことではなかった。音楽も、必要以上に大音量。そして何と言っても極め付けは、音楽ではないが「あっ、靴が落ちてる!誰か、落とした人はいませんか?!」という叫び声が、頻繁に耳に飛び込んで来たことだ。

そんな中、私はセシリア・ガデアのファッションショーを鑑賞。これに関しては、ファッションショーと言うよりは、コンサートと称する方が適切かもしれない。まず、舞台の後ろの方に見えたのが、すばらしい音楽を次々と奏でる、3名の男性からなるオーケストラバンド。その音楽に合わせて、静かに歩くモデル達。私と言えば、後ろでひっそりと演奏をするミュージシャンに、拍手喝采のど真ん中にいる自分の席を、譲ってあげたい気分だった。

今年は、多くの著名人がウィークに脚を運んだにもかかわらず、会場自体はがらんとした寂しい雰囲気。これは、舞台の数もそれほど多くなかったため、ファッションショーもそれに比例して多く開催されなかった、という理由だけだろうか。会場を訪れた人たちの多くも、学生や有名デザイナーの知り合いという人達ばかり。どれも、ただテレビに映りたい、というのが目的だ。

次に私が見たのは、アラセーリ・ポワーセルのショー。ポワーセルが行ったのは「リトル・ダンス」と題されたショーで、アルゼンチン北部の伝統音楽のコーラスをバックに、モデルがコレクションをまとって登場するというものだ。「コレクションをすべて見せていなかった」と怒る人もちらほらいたが、私は結構良かったのではないかと思う。どのモデルも可愛らしかったし、素材を間近で見ることができたのが良かった。また、実際に普段、着れるようなデザインであったこと。そして色の豊富さも、私が気に入った点だ。

しかし、ポワーセルのショーのような良いものがありつつも、なぜかすべてが似たり寄ったりな印象が感じられた。どこよりも強烈な印象を与えなければいけないはずなのに、誰もが一様に同じことをやっているのだ。ユニークなものをやりたい、という意気込みは感じられる。しかし、繰り返されるのは、同じパターンばかり。そんな退屈な気持ちを振払うために、私が次に訪れたのが、エステベコレナ・ブラザーズのショーだ。

ロボットのように動く、男性モデル達。そしてその影が、巨大スクリーンに反映される。またそのスクリーンには、アルゼンチンのビーチ、山、そして平和な南部の風景など、休暇の目的地として行ってみたい場所が映し出されていた。すると突然、古代の様子が私の目の前に出没した。それは、太古時代とその場所に関するストーリーを紹介するパフォーマンスで、男性モデルが古代人となり、私達を過去に遡るツアーにいざなってくれた。舞台を歩きながら「その日一日を完璧燃焼するように生きよ…」と囁くその姿はまるで、「デッド・ボエッツ・ソサイエティ」の映画から飛び出してきたかのようだ。映画と唯一違うのは、どの男性もとてもファッショナブルであり、クールで着心地のよさそうな下着を身に付けていたことである。民族的なタッチとハイテクをミックスさせることで、エステベコレナ・ブラザーズが驚きの演出を試みていたことは確かだが、出演していたモデル達に、リアル感を感じることはできなかった。もしかしたら、モデルという存在自体がリアルではないのかもしれない。そしてそれだけが、今ここにある事実だ。

ここまで、マイナスポイントばかり並べてしまったが、マルチメディアサイドに関しては、かなり上々だったのではないかと思う。ファッションは今では、アートに通じるもの。今回、表現したいことすべてを伝えきれなかったデザイナーも多くいるが、上質な音楽やテクノロジーに支えられて、見る側にインパクトを与えていたのは確かだ。ファッション・ブエノス・アイレスは、これからも音楽や映像を通じて、オリジナルの作品やショーを紹介し続けることだろう。

Fashion Buenos Aires – 6th Edition
会期:2003年9月1日(月)〜4日(木)
会場:Yellow Pavilion. Rural Society, Buenos Aires, Argentina
info@grupopampa.com
fashionweek.grupopampa.com

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE