ビューロ・デストラクト

PEOPLE

「もし ビューロ・デストラクトってどんな人たち?って聞かれたら、僕達はきっと“君たちにとっては姿の見えない存在だよ。僕達は森に住んでいて、短い腕と短い脚がある。真夜中にこっそり君の枕元に行って、君の頭に袋をかぶせて息を止めるんだ。そして、果てしない旅へと君をいざなうんだよ”と答えるだろう。そして同時に“僕達はいつも君のそばにいるからね”とも言うだろう(Buro Destruct II、序文より)」。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

ビューロ・デストラクトのロペツです。若手アーティストのサポートとプロモーションを目的に、HGBフィデルユスが、デストラクト・アゲントゥアを92年に設立。94年に僕がグラフィックデザイナーとして加わり、グラフィック・デザイン・ビューロ・デストラクトが誕生しました。現在は「 ビューロ・デストラクト(以下BD)」として活動しています。メンバーは、Mブルナー、H1レバー、 ヒューウィッド、モリツ、そして僕ロベツの5名。現在BDでは、企業ロゴからロゴタイプ、広告、書籍、レコードやCDのジャケット、ポスター、そしてフライヤ−まで、実に幅広いプリントデザインを行っています。またその他にも、タイプフェイスの制作は、BDの得意とする分野で、「タイプディファレント」というサイトを2002年の2月にスタートさせたのですが、このサイトでは、僕達が制作したフォントを紹介しています。

99年に、ベルリンのゲシュタルテン出版社より「ビューロ・デストラクト」という作品集を出版しました。この本には、94年から99年にかけての作品が紹介されています。その他にも「エレクトロニック・プラスチック」という本を2000年に出版。その後、日本の現代グラフィックデザイナーを紹介する「成田インスペクテッド」を2001年に発表しました。これは、僕が実際にリサーチとデザインを担当し完成した本です。そしてこの夏、BDは2冊目となる作品集を発表しした。過去4年間に制作した作品が、ぎっしりと詰まった一冊です。

昨年僕達は「ロスロゴス」というインターネットプロジェクトを開始しました。これは、とにかくロゴというロゴはすべて保護しようというサイトで、ビジターはどんなロゴでも、サイト内にある、ロゴロゴス・シティにアップロードできます。


Buro Destruct

グラフィックデザインを扱うショップ「ビューロ・ディスカウント」をオープンしたのも、昨年です。スイスのチューリッヒにあるこのショップは、小規模ながらも素敵なお店。オンラインショップも、来年にはオープンする予定です。

日本人になるには充分すぎるほど、ちょっぴりクレイジーで真面目なBDですが、今もって小さくて健全なスイスの首都、ベルンで活動しています。

メンバー全員がアートスクールを出ていますし、広告会社での経験があるので、各々がデザイナーとしてのバックグランドを持っています。実は僕らの出会いは、学生時代。それ以来ずっと仲良しで、好きなことをやりながら今日に至る、といった具合ですね。

普段の活動内容と、最近手掛けたプロジェクトについて教えて下さい。

まずは、今紹介した通り、BDの作品集第2弾をリリースしました。これは、過去4年間に制作した作品の中から、厳選された僕達お気に入りの作品が紹介されている本です。この作品集のリリースに合わせ、現在は、チューリッヒ、東京、ロンドンでのプロモーションイベントで大忙し、といった状態です。すべてのイベントが無事終了したら、ちょっと休暇を取る予定です。その後、11月に南米のエクアドルでワークショップとスピーチを行う予定が入っています。来年にはいよいよ「ビューロ・ディスカウント」のオンラインショップサイトがオープンします。最近の出来事と言えば、僕達が活動するベルンの街に流れる川で泳ぎまくっている、ということかな。御存じの通り、今年のヨーロッパの夏は大猛暑なので、川泳ぎは、ぼぉぉーっとなった頭をリセットできる良い気分転換です。


“Ereignisse” programme, poster, flyer for art-performace featuring Roman Signer, Client; Kulturhallen Dampfzentrale, 2002

8月20日に、ドイツのゲシュタルテン出版社から作品集第2弾「Buro Destruct II」をリリースされましたが、この作品集について教えて下さい。

今回の作品集は、99年に発表した第1弾よりも32ページ多く、前回同様、色の効果をふんだんに利用して印刷されています。完成までは、6ヶ月間を費やしました。もちろん、この作品集での発表が初となる特別作品もいくつか追加したので、実質、制作期間は6ヶ月プラス1、2ヶ月といったかんじでしょうか。第2弾に関しては、すごく期待されていた部分もあるし、同時に厳しい目を向けられていたのも事実。でもその反面、すごく自由に制作を進めることができたと思います。作品集を手に取ってくれた人の多くは、きっと前作と比較するでしょうし、基本的にはコンセプトやレイアウトなどは第1弾と同じエレメントで構成されているのですが、おそらく1と2でいろんな違いを発見するでしょうね。作品集にある作品は、どれも僕達自身が何度も見てみたい作品でもあるし、僕達がやりたいことのすべてです。作品だけではなく、ちょっとしたテキストもあるのですが、そこを読んでもらえれば、僕達の方向性が少しでもわかってもらえるのではないかと思います。リリースしたのは作品集ですが、ここではあえて「読者のみなさん」と呼びたいのですが、この本を読んでくれたことで、みなさんが楽しい気持ちになってくれれば本望ですね。作品を見て、思わず吹き出しちゃってもOK。ぞっとしてくれてもOK。映画のように捉えてくれてもOKです。


“Sweet&Sexy” flyer and poster; Client: Sweet&Sexy, 2002

本を通じて、表現したかった事は、どのような事でしょうか?

本は、ある程度の節目というか、区切りを付けられるモノですよね。それとは逆に、動きをつけることができたり、あるいはインタラクティブな効果をつけられるメディアは、常にアンダー・コンストラクション状態というか、絶えず動いているものです。僕達自身、新しいメディアには興味はあります。でも、根本的な僕達のグラフィックデザインの本当のルーツは、紙の上にあるものだと思っています。


“Tatami Garden”; Client: Design Plex, Minna No Digital Design Magazine, Japan #57/1, 2002

その作品集の出版を記念して、展覧会を開催されていますよね。8月14日〜26日までは、スイスのチューリッヒで展覧会を開催されたそうですが、展覧会に訪れてくれた人の反応や、展覧会の模様は、どういったものでしたか?

実は、チューリッヒの前にもベルンでイベントを開催しました。これは、チューリッヒでの正式なリリース記念イベントの前夜祭的なものだったので、友人もたくさん駆けつけてくれました。チューリッヒのイベントが行われたのが8月14日。場所は、スイス国内最大のデザイン書を扱う書店(クラウトハマー・チューリッヒ)です。ここでのイベントは、夜の7時からでしたが、その前の午後2時から、同じチューリッヒ市内にある、ビューロ・ディスカウントで展覧会はスタートしていました。地元ベルンでのパーティでは、巨大スクリーンでビデオを上映したり、壁や屋根を使ってスライドショーをやったり、その他にもDJやビューロVJのパフォーマンスありと、500人ぐらいの人たちが楽しんでくれたみたいです。暑い日が続いているので、外で涼みながらビールを飲んでいた人たちもたくさんいましたよ。


“Extra Terrestrial” monthy programme and poster; Client: Kulturhallen Dampfzentrale, Bern 2003

そしてこの展覧会は、場所を東京に移し「BURO DESTRUCT 東京ストップオーバー」展として9月3日から渋谷パルコのロゴス・ギャラリーで開催されます。展覧会の内容について教えて下さい。

ゲシュタルテン出版社の日本支部として活躍している、戸崎順子さんが東京での展覧会の準備を進めてくれたのですが、彼女が本当に頑張ってくれたので、今は感謝の気持ちでいっぱいです!会場のロゴス・ギャラリーの壁全体に、大小さまざまなシルクスクリーンやプリント作品が展示される予定です。メンバーのうち4名が来日し、サイン会も行いますよ。その他にも、ビューロ・ディスカウントで扱っている、空気を入れて膨らませる人形や、ポスター、ポストカード、風船、ステッカー、Tシャツ、それにディスコミュージックが収録されたビニールレコードなどを販売します。

ビューロ・デストラクトのみなさんは、かなりの親日家だと聞きましたが、今回の来日中に是非とも行ってみたい場所や、やってみたい事などはありますか?

僕にとっては、今回で4度目の来日となります。前回は東京の後に、札幌と京都にも行きました。今回は是非、大阪に行ってみたいし、もう一度、京都にも行きたいな。もちろん、スキードームでのスノボーは絶対やりたいですね。スイスというお国柄、山は僕達にとって身近な存在なので、日本でもスノボーをやるのは、あたりまえの習慣のようなかんじです。東京にいるお友達に会うのもすごく楽しみです。一緒にお酒を楽しんだり、パチンコやカラオケをして遊びたいです。


“Buro Discount” Shop design, Graphics-Gallery-Gimmics-Gadgets

昨年チューリッヒに開店したショップ「ビューロ・ディスカウント」について教えて下さい。ショップオープンまでの経緯はどのようなものだったのでしょうか?またどのような商品を扱っていますか?

BDの設立者のひとりでもあるHGBフィデルユスが、チューリッヒにあるお洒落なショップの選択売買権を持っていて、グラフィックのグッズや、他のデザイナーと一緒に展覧会ができるような、BDオリジナルのショップを出してみないか?という提案出してくれたのがきっかけです。ショップでは、今回の東京での展覧会でも販売する、ビニール人形、本、雑誌、ポスター、ポストカード、風船、ステッカー、Tシャツ、ディスコミュージックが収録されたビニールレコード、フォント、CD、ラップトップ専用バッグ、お菓子、おもちゃ、そしてフィギュアなどを取り揃えています。

どのようなお客さんが主に「ビューロ・ディスカウント」に脚を運んでいるようですか?

チューリッヒは、ビューロ・ディスカウントのようなショップを出すには、ベストな街です。スイスの中でも一番離着陸が多い空港に近いので、海外からのお客さんも多いですし、もちろん、グラフィックデザインや建築、それにアートに興味があるスイス人のお客さんも脚を運んでくれています。店自体がHGBフィデルユスのものなので、僕が実際に店先に立つことはなく、彼と彼の奥さんのミーナがいつもお店にいますよ。シフトが札幌でプロデュースしているソ−ソ−カフェと似ていて、雑誌とカフェの2つを運営していても、ある程度の境界線がその中には必要じゃないですか。それがあるお陰で、頭の中がこんがらずに済んでいる部分もあると思いますよ。


“Buro Discount” Shop design, Graphics-Gallery-Gimmics-Gadgets

デザイナーとしてチューリッヒは、どのような街ですか?

チューリッヒは、札幌の人にとっての東京のような街です。逆に、僕達が住むベルンが、東京の人にとっての札幌かな。ベルンはフレンドリーな街で、居心地もいいですよ。こぢんまりとしているので、迷子になることもないですしね。チューリッヒはベルンに比べたら、やっぱり騒がしい。あと、ちょっと高慢なかんじがあるかな。

今後の活動予定、そしてビューロの夢について教えて下さい。

とにかく続けること。そして、小規模でありながらも、大きなデザインを手掛けること。

最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

作品集第2弾「Buro Destruct II」の1ページ〜224ページまで、じっくり制覇してください。またね。

Buro Destruct
住所:Wasserwerkgasse 7, CH -3011 Bern, Switzerland
FAX: +41-(0)31-312-6307
bd@bermuda.ch
www.burodestruct.net

ビューロ・デストラクト 東京ストップオーバー展
会期:2003年9月3日(水)〜9月16日(火) 入場料無料
時間:10:00 〜 21:00 (最終日の16日は17:00閉店)
オープニングパーティー:9月3日 (水) 18:00〜20:00
作品集出版記念サイン会:9月6日 (土) 16:00〜18:00
            9月7日 (日) 16:00〜18:00
会場:渋谷パルコ Part1 B1F ロゴスギャラリー
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1
TEL:03-3496-1287
問い合わせ:dgv Japan (info@gestalten.jp)

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE