ブエノスアイレス・ホームメイドアート

HAPPENING


昨年、社会的な危機だけではなく、政治的にも危機に陥ったブエノス・アイレスは、今では特別な存在感を放つ街だ。この状況によって、落胆の色を隠せない人もいれば、街から姿を消した人もいる。それだけではなく、他の国に移住した人もいるほどだ。しかしそのような状況の下でも、頭を使って何かを作り上げようとする人もいる。結果的にそういった動きはアートへとつながり、それはまさに、ホームメイドのアートと言えるだろう。そしてそれらは、見事に素晴らしい作品ばかりだ。

ブエノス・アイレスでは昨年から、十代や二十代の若者が一丸となり、アートを作り上げる動きが見受けられるようになった。そのほとんどすべては、かつては個人で制作活動をしていた友達同士が結束して、グループになったものばかりだ。ライターだった者。ミュージシャンだった者。画家、写真家、そして、ジャンルは問わず、自分の感じたものをそのまま作品として表現していた者と、実にさまざまだ。「友人達の作品を見て、素直にいいものばかりだなと思いました。当時の私の仕事は、すべてのものに適応するようなフォーマットを作ること。そういった受け身的なものよりも、何かリアルなものを作りたいと思ったのです」と、一人の若者は語ってくれた。

多くの人に、彼らの作品を安く、そして簡単に知ってもらう方法は何か?それこそ、インターネットだ。そして現在のウェブには、ホームメイド感が感じられる作品があまりない。その点に彼らは目をつけ、みんなをちょっと幸せにできる作品を制作しているのである。

スペイン語で「政治的に間違ったジョークの方法」という意味を持つ「ソルナ」という言葉をグループ名にした集団がいる。彼らのサイトに行ってみると「脱線したアート」を作り上げるのが僕達のスタイル、と気持ちいいほどばっさりと主張されていた。また、出版物を通じての自己主張を希望する読者とのコラボレーションを高めて行きたい、というのも彼らの目的の一つだ。

ソルナはまた、ブロック・プロジェクトの主催者でもある。「アイディアは特に、ビジョンとか、何か重要なことを言いたいといった使命感みたいなものが基本にはなっていません。まず僕達がやるべきことは、とにかく何かを作り上げること。それができたら、世界中の人が見ることができ、表現の場としては格安のウェブの特典を利用させてもらっている、といった状態です。目的があれば、危険や冒険がメインキャラクターにもなり得ます。もちろん、見ている人たちからのリアクションもある程度期待できます。ウェブで作品を紹介するからには、写真館的なサイトや、ただポトフォリオを発表したり、全部をフラッシュ作品で埋めるような形にはしたくないという気持ちはありましたね。冒険的で、古風、アマチュア感が残り、特に際立った特徴がないサイトこそ、僕らが求めているものです」と語ってくれたのは、ソルナのメンバーの一人でもある、ユアン・イグナシオだ。

ちょっと上質な本を、ふかふかのソファーの上で読んでいるような、そんな気分にさせてくれるこのブロック・プロジェクト。一冊で、読むことも、写真を見ることも、そして落ち着いたデザインを楽しむことができるプロジェクトだ。肩ひじをはらずに、すんなりと受け入れることのできるアートだ。

文学的な雑誌を読むという行為は、思った以上に行動に移すのが難しかったりする。これはおそらく、普段は聞き慣れない言葉や、今まで知る由もなかった作者や本に関する参考文献が点在するはてしなく長い文章に、私達自身が親しんでいないからだ。文学雑誌には、雑誌と読者の間に大きな距離があることもまた揺るぎない事実だ。それを証拠に、現在ブエノス・アイレスの商店で扱われている文学雑誌の数はたったの2誌。しかしそれらを買って読む人の多くは、実のところ、あまり詳しくは内容を理解していないのではないだろうか。それは、その雑誌自体がちょっと風変わりな人の手によって制作されているからである。「デセス・デ」は、人々を理解する人達によって制作されている、他とはひと味違う雑誌。「多くは決して望まないのに、多くを手に入れてしまう人」について紹介するのが、この雑誌のスローガンだ。これこそ、小さな事柄、シンプルなデザインに注目し、控えめに読者との関係を築くという、彼らの核的な哲学に沿ったものだ。短編のストーリーを読んだり、色鮮やかな色彩に目を奪われたりしているうちに、読者は自分自身もそれぞれの題材(フリー、チョイス、プレジャー、ランナウェイ等)に参加していることに気付く。後味の良いセンスと共に、まるで雑誌自体がアートとコミュニケーションを取っているかのようなのである。「お互いを理解するというのが、私が最初に選んだすべきことです。グループになって何かについて議論を交わし、一緒に笑うことこそすべて。選択肢(チョイス)についても話し合うことだってあります。」とは、チョイス担当記者の言葉。そして彼らは、それらすべてを現実のものとしているのだ。

今回御紹介したのは、すべて2001年から今日までに発生した出来事。多くの人が、こんな所からは離れたいと思っている国で、一部の人たちは、何でもいいから何かを作り出すことこそ、この状況を打破できる方法だということに気付いたのだ。その結果誕生したのが、フレンドリーで気軽な新しい種類のアート。無名であっても、新しい世代による新しいアートはいつでも大歓迎だ。そして彼らは特別な存在ではなく、そこら辺にいるような、私達とあまり変わりない若者なのだ。

Text: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE