サンデーヴィジョン

PEOPLE

国内外での個展や企画展にも多数参加しながら、グラフィックデザイン、イラスト、映像、ウェブ、ウェアデザインなど多岐に渡って活動を展開している「SUNDAY-VISION」。5月5日からシフトがプロデュースするギャラリーカフェ「SOSO」で開催される展覧会に合わせて、カバーデザインを制作してくれた。カラフルな世界は、SUNDAY-VISIONの溢れるエネルギーの現れなのだろうか?その答は、大判出力で映し出された作品を目の前にした瞬間に、見つけることができるのかもしれない。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

グラフィックデザイナーとしてグラフィックデザイン、イラストレーション、ウェブ、映像と幅広く活動しています。
SUNDAY-VISION」自体、発足時は、ユニットでしたが、2001年から自身のデザインネームとして使用しています。アパレルウェアでは、別名義「SwitchStance」を使用して様々な企業、ブランド、プロジェクトと共同制作しています。

SUNDAY-VISIONとしての活動は1998年からとのことですが、これまでの5年間を振り返ってみて、どのような感想を持たれますか?

様々な友人たちに囲まれ、優れたクライアントに出会い、力を発揮できる場の多くを提供していただきました。
周囲のスタッフやデザイナー仲間に恵まれていると思います。作業の工程上多人数で制作するプロジェクトも多々ありますので、環境がとても重要なことだと再認識しました。

普段はどのような活動をしていますか?

クライアントワークと年一回の自身の個展や招待された企画展の作品制作です。また、友人のアパレルブランドやレコードレーベルの作品等、純粋なクライアントワークとしてではなく会話や遊びの延長上でのデザインも提供しています。あと、ライフワークみたいなものですが、毎年、幼年期から親しんでいるスケートボードを題材にした作品を個展で発表しています。今までにグラデーションに透かしの入った板や、総漆塗りの板を制作しました。他には、SUNDAY-VISIONとは別ですが、個人的にアトリエを共有しているメンバーを中心に構成している「SEKIRAY」というユニットにも参加していて、一部ディレクションを担当しています。

服と紙面、あるいは画面上でのデザインをする際の違いなどはありますか?

ビジュアル制作時は紙と一緒だと思いますが、落とし込みの部分で手作業が多くなります。また、画面上で気に入っても、ウェアに載せてみるとイメージと違ったりするので、推敲する時間を必要としますね。
今はレディースブランド「ORINE.」のグラフィックも制作をしているので、プリントだけでなく、ジャガードで織込んだり脱色したりという手法や体を覆うものとしての配置のバランスも含め、横で見ながら勉強させてもらっています。ただ、どの媒体でも基本はグラフィックデザインとして視覚に入ってくるものは全て情報と機能を伝達するものと認識してデザインを進めています。

世界各地で展覧会に参加されますが、海外と日本での展覧会の違いや、印象深かったエピソードなどがあれば教えて下さい。

海外の企画展にはなかなか現地に行けないので反応がわかりにくい部分があります。なるべく行きたいのですが普段のクライアントワークもあるので実際はレポートを見るくらいでしょうか。ただ、メール等で知らない人から感想をいただけることが今後の方向性にとても役立っています。

札幌の「SOSO」で巡回展「SUNDAY-VISION EXHIBITION 2002 FINAL」が5月5日から開催されますが、どのような内容になる予定ですか?

昨年の「sigh」「OFFICE」での「SUNDAY-VISION EXHIBITION 2002」作品の抜粋展示に加え、今年になって企画展用として制作した作品で日本に戻ってきているもの等、個展後制作した作品を含める昨年度の集大成的な展示を行います。

この展覧会のオープニングパーティーでは、イラストレーターの古武家さんとのコラボレーションで、ライブペインティングが予定されていますが、その内容について、また古武家さんについて教えていただけますか?

ライブペイントは自身としては初めての試みですが、友人としてもアーティストとしても尊敬できる古武家君と一緒にペイントということで不安よりも楽しみな方が大きいです。内容はたぶん直前まで打ち合わせしないので今の段階では全然わからないですが、それも楽しみのひとつです。
さらに、今回は僕らの共通の友人である「bonjour records」のバイヤー、上村君がライブペイント時の選曲をしてくれます。「bonjour deluxe」では共同制作でホテルのアメニティセットを作らせてもらったりしてますので公私ともにお世話になっています。
古武家君はパリのサンペールギャラリーで個展をやったり、リトルモアから作品集が出ていたり、最近だと「COME des GARCONS MANPINK」とコラボレーションしたりと素敵なアーティストです。

今回制作していただいた、カバーデザインについて教えて下さい。何をイメージされましたか?

SHIFTという言葉から画面をボタンで変えられるインターフェースを作ろうと思いました。何故か雪の結晶で季節感がないんですが、個人的に秋冬の方がイメージが浮かびやすいんです。抽象的なイメージですが見る人によって感想が違ってくれれば嬉しいです。(Special Thanks: Shoojee Kikuchi/SEKIRAY)

今後の予定を教えてください。

基本は今までとおりに、グラフィックデザイナーとして楽しく厳しく楽しくという感じで。今後の予定としては、6月にミラノの某展示会に参加(まだ未定)、と7月に青山ROCKETでの「Jungle LP Show」という企画展に参加します。9〜10月には自身の2003年度の個展を予定しています。

最後に、読者にむけてメッセージをお願いします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

SUNDAY-VISION EXHIBITION 2002 FINAL
会期:2003年5月5日(月)〜30日(金)
会場:SOSO CAFE(ソーソー・カフェ)
住所:札幌市中央区南1西13三誠ビル1F
TEL:011-280-2240
営業時間:11:00〜21:00
入場無料
協賛:キヤノン株式会社
http://www.shift.jp.org/soso/

オープニングイベント
DOT SOSO #15 Featuring SUNDAY-VISION
日時:2003年5月3日(土)
開場:20:00 閉場:2:00
料金:前売1500円(1ドリンク付)当日2000円(1ドリンク付)
ライブドローイング:SUNDAY-VISION + KOBUKE
DJs:TAKAHASHI (stilly DELTA TOKYO)、ノードフォーム・クルー
GUEST DJ:UEMURA (bonjour records)
協賛:キヤノン株式会社スミノフ
会場:SOSO CAFE(ソーソー・カフェ)
住所:札幌市中央区南1西13三誠ビル1F
チケット取扱い:SOSO CAFE 011-280-2240, SOULMASTERS CAFE 011-221-1116

SUNDAY-VISION
info@sunday-vision.com
http://sunday-vision.com

Text: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE