ピーター・サヴィル

PEOPLE

現在のイギリスで多方面に影響をおよぼしているグラフィック・デザイナー、ピーター・サヴィルの初の回顧展「ザ・ピーター・サヴィル・ショー」が、ロンドンのデザイン・ミュージアムで開催。


ジョイ・ディヴィジョンや、ニュー・オーダーのアルバムカバーのデザイン、そして90年代には、ファッション・プロモーションにも大きく関わり、以後のファッションPRの行方を変えた張本人でもある。1978年の初仕事から今日まで、25年間の輝かしき業績を時代ごとに追って紹介している。

展示会場の壁にはポスターが、部屋中央の細長いショーケースにはアルバムジャケットが、構想の段階から未完成のまま放棄されたもの、完成立体作品まで展示してある。インスピレーションとして使用した切り抜きや、イタリア人画家デ・キリコの画集も見られる。本人のお気に入りは、フランス人画家アンリ・ファンタン・ラツールの花の絵を使ったニューオーダーの「Power, Corruption and Lies」だそう。トレーシング・ペーパーに包まれたアルバムなど時間と費用の掛かるデザインを得意とし、当時まだ珍しかったフロッピーディスクの形をしたアルバムは「(制作費の)元が取れるか不安だったが、幸いレコードが売れたので助かった」などユーモラスなコメントが添えられている。


New Order/ Power Corruption and Lies album cover
Original Painting by Henri Fantin-Latour, Design: Peter Saville Associates


New Order / True Faith

Art Direction by Peter Saville, Photography by Trevor Key

1955年マンチェスター生まれ。デザイン学生時代、大流行のアナーキーなデザインに限界を感じたサヴィルは、1978年、地元のクラブナイト「ファクトリー」の洗練されたポスターを作った(会場にて展示中)。その後、ファクトリー・レコード社を設立、アート・ディレクターとしてレーベルのイメージづくりに完全な自由を与えられ、その後ロキシー・ミュージック、OMDなど金字塔となる数々のレコードジャケットデザインを産みだし、業界内では知らぬ者なしとなっていく。


Colour and Form, The Peter Saville Studio
This graphic has been created specially for the Design Museum, and features on its award-winning website www.designmuseum.org

1983年に自分のスタジオ「PSA」(ピーター・サヴィル・アソシエイツ)を同業のブレット・ウィッケンズと開いたサヴィルは、この頃から企業アイデンティティのデザインも引き受けるようになる。ロンドンのホワイトチャペル・アート・ギャラリーを初めとし、後には、当展覧会会場のデザイン・ミュージアムも手掛けている。
スタジオ


Yohji Yamamoto

1990年初期には世界的に訪れた不況の波を受けて「PSA」も経営が行き詰まり、閉鎖した。消耗や衰弱など否定的な感情を作品に描いていたこの時期、ファッション・デザイナーの山本耀司がサヴィルに自分のファッションPRキャンペーンのアート・ディレクションを依頼、二人が持つファッションへの危機感をそのままビジュアル化した毒気の強い一連の作品が誕生した。一見無関係のイメージとコピーを組み合わせたこの手法は今でこそ当たり前であるが、当時は非常に過激だとして取引業者に反発を買い、中には取引を拒む者もいた程だった。


Suede / Coming Up album cover
Art Direction by Peter Saville, Photography by Nick Knight, Design by Howard Wakefield at the Apartment

1993年、レコードからCDへの移行に伴いサヴィルは、CDの限られたキャンバス上での制作に不満を感じるようになる。ちょうどこの頃、彼がデザインしたアルバムを十代の頃に聴いて育った新しいバンドが台頭していた。パルプやスエードからイメージそのものの制作ではなく、自分達のバンドが持つヴィジョンを形にしてほしいと依頼があり、サヴィルは技術革新で可能となったデジタルイメージ加工を利用して彼らの願いを実現していった。

2000年以降は、企業コンサルタントとしてセルフリッジ・デパート、プリングル、EMI、ジバンシーなどを顧客に持つほか、より自分自身を投影した実験的な作品の制作に打ち込んでいる。

競争の激しい世界で生き延びていくには、単にアイディアの面白さだけでなく、常に一歩先を見据える構えが必要であることを実感させられる。シンプルだがインパクトのあるデザインは制作から20年以上経っているものでも普遍的な魅力を放ち、新鮮である。見る者にもインスピレーションを与える、奥の深い展覧会である。


The Peter Saville Show

会期:2003年5月23日〜9月14日
時間:10:00〜17:45(土〜木) 10:00〜21:00(金)
会場:Design Museum
住所:Shad Thames, London SE1 2YD, UK
TEL:+44 (0)20 7940 8790
www.designmuseum.org

Text and Photos: Sari Uchida

※ピーター・サヴィルの作品集は、アマゾンで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE