NIKE 公式オンラインストア

時間旅行展 TIME! TIME! TIME!

HAPPENING

最先端科学技術を体験できる未来空間として、東京お台場に誕生した日本科学未来館。あの宇宙飛行士毛利衛さんを館長に据え、人型ロボットASIMOをインタープリター(展示解説員)として“職員採用”するなど、話題にもことかかない、まさに科学のアミューズメントパークだ。3フロアを贅沢に使った常設展示の他、“科学のネットワーク”を年間テーマとした企画展シリーズが定期的に開催され、好評を博している。その一つ、「時間旅行」展 – TIME! TIME! TIME! を見に日本科学未来館を訪れた。ちょうどタイミング良く、一日一回(土、日、祝日は2回)のASIMOショーに遭遇。テレビでしかみたことのなかったASIMOのチャーミングな動作に思わず感激。小学生たちと一緒になって「コンニチワ!」とか「キョウハアツイデス!」とかASIMOに向かって大声で話しかけてしまった。アトムの未来もそう遠くはない?とワクワク。


さて、「時間旅行」展は、会場全体をひとつの旅に見立てて、人類永遠の謎である「時間」について、さまざまな角度から検証しようという試み。特徴は、山口大学時間学研究所の専門研究者=サイエンティフィック・ナビゲーターが科学的に時間を吟味し、そのアイデアを18人の新鋭クリエイター=クリエイティブ・クルー(*)が形にする、という二面の楽しみを持っていること。両者が議論した内容も盛り込まれるなど、まさに科学とデザインのコラボレーションが叶った展覧会といえるだろう。

太古の昔から身近にありながら、ミステリアスな存在であり続ける時間。時代や文化によってもその捉え方は異なり、また宇宙と地球の時間の単位も異なる。(それに年を重ねるにつれて、どんどん時間が早く過ぎるように感じるのは気のせいか?) 解明されない謎は多く、だからこそ展示では理論的かつファンタジックな説得力を期待していたが、これがなかなか面白く構成されていた。

会場は時間をめぐる18のテーマと展示物で構成されている。光の旅、生命の時間旅行、宇宙の始まりから未来までの時間のフロー、動物の時間、重力と時間など、実に多彩。各展示の前には「科学のおみやげ」という黄色い紙が用意され、サイエンティフィック・ナビゲーターたちによる各テーマの解説と、さらにくわしく知りたい人への学習の手引きとなる推薦ブックガイドも載っていて、懇切丁寧なフォローがされていた。でも、文字をたくさん読まなくても、ボランティアやインタープリターが親切に説明してくれる。つまり、自分でガイドブックを広げなくても、スムーズに見て回れる観光ツアーといったところか。会場は子供たちで賑わっており、案内してくれた日本科学未来館の広報担当の曽山さんによると、来場者は、一日2〜3000人、家族連れや修学旅行などの団体が多いという。

ほとんどの展示は、ハイテクとローテクが入り混ざった体験型の作品。科学のムズカシイ理論のエッセンスをよりわかりやすく、楽しくデザイン化したものばかりで、もちろん大人も楽しめる。知覚様相(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚、体性感覚など)によって刺激処理の時間に差があることを利用した「聴覚による錯時間」では、聞こえる音の数によって瞬くフラッシュの数が違ってみえる不思議な錯覚を体験。2人の体験者の心拍が宙に美しい光の螺旋を形作る神秘的な「心拍時計」、一日のDNAの働きと人間の活動の関係を一目で見られる「体内時計-24時間DNA」など、身体宇宙の時間を旅行する作品がある他、外宇宙の時間をわかりやすく体験できるものもある。イームズの“power of ten”を思わせる、ビックバンから150億年後の今の宇宙、そして現在わかっている限りの未来までの時間をズームアップする「時間全史」、高速になれば時間の進みは遅くなる、という相対性理論を自分で時計を持って走って体験する「相対性理論で走ろう」、星の光の旅を時間差で転がるボールで追体験する「光の旅」など、複雑な理論を単純な原理で視覚化した、思わず苦笑するものも多い。

中でも子供たちの目をひいていたのが、会場中央奧にあるゾウとウマとネズミの布製のオブジェ。身体の大きさと心拍数が違う動物では、持っている時間が異なるという理論を説いた名著『ゾウの時間、ネズミの時間』がベースになっている。それぞれの鼓動にあわせて音と光が点滅するしくみで、ネズミのせわしないスピードに比べて、ゾウはとてもゆっくりで低い音。ウマはほぼ人と同じ。3つの鼓動がユーモラスな三重奏を奏でていた。ところが同じ会場にある無響空間は、もともと全く音と光という情報を遮断した中で3分の長さを体験するというものだったが、遮音が不完全で、かすかにゾウの鼓動が聞こえてしまうという事実。 ただ、それもゾウの3分を体験するいい機会と思えばご愛嬌か。

中でも私のお気に入りは、中央に据えられたなんの変哲もない四角いベンチ。しかし座ってしばらくすると、非常に遅い速度でベンチが移動していることに気がつく。“時間はいつの間にかすぎている”、というわけ。ユーモラスでクレバーな作品だ。

作品を見て回った体験のほとんどは、1.理論を聞く、2.体験する、3.納得する、もしくは2と1が逆のパターンだった。いい意味で単純でわかりやすく、見えないものを視覚化するといったデザインやアートの原点を徹底したおもしろ味がある。その分、もう少し会場構成にお金をかけたら、ビジュアル的にもっとインパクトある作品がつくれたかなとも思う。科学理論を追うだけでなく、さらに新たな発見をうながす作品がもっとあってもよかったかもしれない。ともあれ、無邪気に科学の先端に触れるには絶好の展覧会。会場をあとにしたときに、面白くてあっという間に時間が過ぎてたね!というおまけの体験も忘れずに。

*クリエイティブ クルー:石黒猛、岩井俊雄、クワクボリョウタ、島田卓也、鈴木康広、瀬藤康嗣、田中陽明、トコロアサオ+小川陽子、長岡勉、トマトインタラクティブ、西村佳哲、福田桂、ミュゼグラム、ミントス、flow、緒方寿人+宮田里枝子

「時間旅行」展 – TIME! TIME! TIME!
会期:2003年3月19日〜6月30日
会場:日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2丁目41番地
TEL:03-3570-9151
info@miraikan.jst.go.jp
www.miraikan.jst.go.jp

Text and Photos: Chiaki Sakaguchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE