HI-RES!

PEOPLE

今月のカバーデザインは、ロンドンのクリエティブ・スタジオ「Hi-ReS!」。シフトでも度々彼らの名前を目にすることがあるが、意外にも正式なインタビューは今回がはじめて。クリエイティブの最前線を駆け抜け続ける彼ら。最近制作した「Massive Attack」のサイトなどを含め、過去に制作したサイト、そして Hi-ReS! から見たウェブの未来などについてお話を伺った。


自己紹介をお願いします。

フローリアン・シューミットです。Hi-ReS!では、アーティスティック・ディレクターとして働いています。1999年にドイツからロンドンに来て、アレクサンドラ・ユゴーヴィックと Hi-ReS! を立ち上げました。私達の出合いは、1993年。アート・スクールでのことです。当初は個人的に作品制作を一緒にやっていたのですが、次第にお金が発生するプロジェクトを手掛けるようになりました。

アレクサンドラには、ファイン・アートとグラフィック・デザインの知識が、そして私はフィルムや音楽の知識があります。実は私達は、99年以前まではウェブの仕事をまったくしていませんでした。でも、フラッシュという存在を知って、これは私達の技術を何かのメディアに合体させて、更にインタラクティビティやストリームを付け加え、ウェブで表現するチャンスだなと思いました。当時は(今でもそうですが)、これはかなりワクワクが詰まっている展望だと思いました。

現在 Hi-ReS! は7名のスタッフで活動しています。その他にも、気心知れたフリーランサーのスタッフとも一緒に仕事をしています。

Hi-ReS!は、ロンドンを拠点に活動されていますが、メンバーの国籍はさまざまだと聞きました。役割分担などはどのようになっているのでしょうか?

Hi-ReS!のメンバーの出身国は本当にさまざまで、スタジオ・マネージャーであるアマンダが、このスタジオで働く唯一のイギリス人です。あえてこうした訳ではないので、何だか不思議な感じもしますが、まぁ、自然にこういうスタイルになってしまいました。Hi-ReS!で働いているからと言って、メンバーは必ずウェブやデザインのバックグランドが必要、という訳ではありません。それは、私達が比較的小規模で活動しているから。メンバー全員がすべてのプロジェクトにちょっとずつ関わり、そしてそれぞれが専門的な能力を持っているので、そのような知識がなくても成り立っています。メンバー全員が、ひとつのゴールに向かってひとつのプロジェクトを同時に行う、というのが本当は理想のワーキングスタイルですね。でも実際には、いくつかのプロジェクトが同時進行しているのが現実ですから、小さなチームをいくつか作って作業を進めます。誰かがプロジェクトを掛け持ちしたりすることもありますね。これだと時々、混沌とした状態になったりするのですが、今のところどうにかやっていけてます。

ここで少し、今まで私達が手掛けたプロジェクトについて紹介させて下さい。「Soulbath」は、 私達がはじめて手掛けたオンライン・プロジェクトで、私達独自の実験的な遊び場のようなサイトです。その当時、私達はウェブには一体何があるのかまったく知りませんでした。そこで、フラッシュ4を使って2つ程試験的な作品を作り、概要を作成しました。ほとんど道具に近いようなサイト。サウンド、ビジュアル、そしてテキストを平等に評価するサイト。そして色がまったくないサイトを作る、というのがその概要の内容です。制作を進めているうちに、機能不全とか、衰退とか、人工的な分裂という要素を紹介したい、という気持ちが強くなってきました。とにかく、私達が今まで興味をもってきたものを、表現してみたかったんです。

バナ−広告を展示するオンライン・エキシビジョン「ClickHere!」の制作中に、コンセプトを確立させました。このプロジェクトには、広告を掲載しているにもかかわらず商品は存在しないという、ちょっと皮肉的な要素が織りまぜられていています。「誰でも参加OK」という形にしたので、たくさんの「広告」を集めることができました。キュレーションを担当したのは、アレクサンドラと私です。このプロジェクトに対する注目の高さにはすごく驚いたし、これは予想だにしていなかったことでした。ニューヨーク・タイムズにまで紹介されるとは、本当に予想外でした。(このイタズラ心いっぱいのバナ−はその後、広告代理店からも注目されました。今でもこれについては、なんて皮肉なことなんだろう、と思いますね。)このプロジェクトを行った結果、ダレン・アロノフスキー監督から、彼の新作映画「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」のサイトを制作してくれないか、という連絡をいただきました。もちろん私達の答は「YES」。その後の事は、あまり覚えていません…。

この作品を皮切りに、その後、映画や音楽に関するサイトの制作を多く手掛けました。でも常に、同じことばかりをくり返すことの危険性について意識はしていたので、しばらく映画関係サイト制作依頼は受けずに、他のプロジェクトに集中することにしました。その後、ソニー・プレイステーション、NTTデータ、三菱自動車、ディーゼル・スタイルラボ、レクサス・カーズといったクライアントと仕事を共にしました。

質の高いサイトを多く手掛けていらっしゃいますが、クライアントワークをする際の、Hi-ReS!ならではのオリジナルプロセスはどのようなものでしょうか?

美的アングルからではなく、コンセプチュアルな面からそのプロジェクトを始めてみる、というのが私達の活動プロセスで共通して言える性質です。どうやってそれを伝えたいかを考えるよりも先に、何を伝えたいのかを明確にすることの方が大切だと考えています。だからこそ、プロジェクトを進める段階で、かなりの規模で私達に自由が許されるかどうかは、すごく重要です。今のところ、とても良いクライアントに恵まれているので、その点では満たされています。

シンプルなアイディアが私達の活動の基本(もちろん、いつもというわけではないですが)。シンプルなアイディアとは、そのプロジェクトを開始した最初の2、3日中に浮かんだアイディアのことです。それからそのアイディアを再考慮し、細かい部分を決めていく。そうしていく内に、徐々にですが、コンセプトにぴったりの美的感覚が生まれて来ます。そのアイディアが作業開始1週間後、あるいは2週間後でも際立ったものなら、それはそれで、そのアイディアは価値があるんだな、と判断します。たとえそれが深夜であろう、みんなが休んでいる週末であろうと、アイディアが良いものであれば「よし、これはイケル。おもしろくなりそう。」って、思うじゃないですか。何となく確信がなかったり、グラフィックをとりあえず利用して、コンセプトに発生したギャップを埋めるようなプロジェクトは、早い段階から遂行するべきではないものだと思いますよ。

「ビジネス・オブ・ストレンジャー」や「ドニー・ダーコ」など、映画関連のサイトも多く手掛けていますが、スクリプトや演出など映画関連の仕事の経験があって、それが活かされているのでしょうか?

特に私のバックグランドが映画なので、これはいい質問ですね。インタラクティブ・デザインを始める前は、ミュージック・ビデオやCMのディレクションを仕事としていました。ウェブに関しては、何か物語を伝え続けたいと思えるような場所ですね。しかも、いろいろな方法で、というのがポイントです。物語は私達の作品の中では、今でも重要点のひとつです。ひとつの大きなスト−リを伝えるのを目的に、メディアにあるたくさんのフォームを取り込んだり、合体させたりしながら、ウェブを越えて物語を拡張してみたい。でも実際にこれを実行に移すには、チャンスを快く与えてくれるクライアントが必要なんですけどね。いわゆるよくある、映画制作の作業にも興味があります。ただ、時間を見つけることができないでいるだけです。

昨年11月に東京で行われた「Macromedia DevCon 2002 Japan」など、カンファレンスへも積極的に参加されているようですが、世界中を飛び回って、どうですか?

これはもう、作品を制作したことで、まったく期待していなかったところから福が舞い込んだ、という感じですね。いつもの日常とは全然違って、スクリーンの前にいなければいけないので、緊張のひととき、というか。どこか遠くにいくのはすごくいいこと。旅ができたり、知らなかった文化に遭遇できるのは、やっぱりとても素晴らしいことです。似たような情熱を持つ人との出会いや、そういった人たちとお互いの意見を交換できたりするのが一番の醍醐味ではないかと思います。今までいろいろな所に行かせてもらいましたが、東京はその中でもお気に入りの街のひとつ。街だけではなく、そこで一緒に過ごした人たちにすっかり恋をしちゃった感じです。

最近手掛けた「Massive Attack」のサイトについて教えて下さい。制作プロセスや、このサイトでしか体験できない仕掛けなどはあるのでしょうか?

Massive Attack」に関われたことは、いろんな意味で私達の夢がかなったような出来事でした。当初からこのバンドの大ファンだったということもあったのですが、他の人のクリエイティブなやり方を、広い心で評価してくれる人たちだというのを知っていましたからね。サイトの大部分は、3D(ロバート・デル・ナージャ)とのコラボレーションを通じて制作しました。彼はすごく優秀なアーティストで、UVAと共同で、ライブショーのビジュアルを制作した人物です。マッシブ・アタックの最新アルバムのジャケットデザインは、トム・ヒングストンが担当しました。サイト自体は、データを伝えたり表したりする、というアイディアがベースとなっています。その両方とも、バンドや外部の世界に関連したものです。

このアイディアを達成するために、かなり複雑なサブミッション・システムを制作しました。これはマッシブ・アタック自身がツアー中でも、常にサイトを更新できるシステムで、彼らがどこにいても、サウンド、ビデオ、イメージをアップロードすることができます。この機能は、ニュースの画像、地震、株式情報、キーワード、色などを紹介するウェブを検索するスクリプトからゲットした、ライブ・データが元に制作されたものです。サイトには常に2つの面が用意されています。ひとつはイノセンスな面。もうひとつは経験的な面です。アクセスしづらいものや、同じデータでも質を悪化させるようなバージョンのものを、原料としてのデータとミックスしています。またこのサイトでは、彼らが何をどう感じ取っているかがベースとなった、バンドメンバーの本音も反映されています。これは現在進行形のプロジェクトなので、今でも「massiveattack.com」と「100thwindow.com」のサイトにはコンテンツを追加しています。例えば今、サイトから自分の好きなライブに向けてメッセージを送ることができるのですが、これらのメッセージは後々、ライブが始まる前とライブ中に、巨大なLCDのスクリーンに写し出される予定です。

最近のウェブについて、Hi-ReS!ではどのように理解していますか?またこれからウェブは、どのように変化していくと思いますか?

以前はそれがウェブのすべてだと思っていたけど、今では何の変哲もないものになったしまったものには、かつてそれらが持っていたような強いパワーはすでに存在しないと思っています。こう思うのはおそらく、私がいろいろなものを見過ぎてしまったからでしょう。私達の周りにものが溢れ過ぎているのも原因かもしれないし、その物事が余りにも似偏り過ぎているからかも知れませんね。なぜかはよくわかりませんが、そんな気がします。ウェブは何を表現するものなのか、そしてウェブの長所とは何なのかを、もう一度考え直す時期なのでしょう。私達の周りには、本当に膨大な数の作品があります。そしてその作品は、プリントのものから、ウェブに置き換えられたものばかり。中にはかなり優秀な作品もありますが、今は、インタラクションを次のレベルに持ち上げる時だと思いますよ。

気をつけてほしいのは、これはまた新たなフラッシュの実験を行う、ということではないということ。人とコミュニケーションというアイディア、そしてストーリーの狭間にあるコミュニケーションについて集中すべきなんじゃないかな、ということです。例えばウェブカムやライブチャットなどは、今でもオンラインだからこその素晴らしい点ですよね。これらがあるお陰で、時間を短縮できるし、相手との距離もゼロにできるんですから。

これからウェブだけではなくデザインを始めようとしている人、またすでに始めている人に対して、何かデザインのアドバイスをするとしたら、何があげられるでしょうか?

自分が信じていることをやってみること。自分の心の声に耳を傾けてみること。そして、どこにいてもインスピレーションとなるものを探してみることです。

今回制作していただいた、カバーデザインについて教えてください。何をイメージして制作されましたか?

ウェブとは完全に懸け離れたものになっています。イラストやフラッシュの作品を作るというよりも、何かから抜け出して違うことをやってみたいという想いがあったのです。金色のビニール袋を利用して「SHIFT」という文字をつくりました。そして、その文字の外側に短い文章を、近所で撮影した映像であしらってみました。

春からの予定、またこれからHi-ReS!として展開して行きたいことなどはありますか?

ここ3年程忙しい日々が続いているので、今年もそうなるだろうなと思っています。今は、アメリカのテレビ局「HBO」の作品、レクサス・モーター・USの新作を制作しているほか、ウェブのバックグランドがまったくないプロジェクトをいくつか抱えています。もう一度、プロジェクトを多様化してみたいな、という気がします。今年新たに始めるプロジェクトで、服やアクセサリーを作る、というのがあります(Hi-BoY!とHi-GiRL!といいます)。何か商品も作る計画もありますよ。

最後に、読者にむけてメッセージをお願いします。

ピース!

Hi-ReS!
住所:47 Great Eastern Street London EC2A 3HP, UK
TEL:+44 (0)207 684 3100
http://www.hi-res.net

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
iconiconMoMA EXCLUSIVE© YOKO ONO
MoMA STORE