NIKE 公式オンラインストア

ベルリン 2003

HAPPENING

どういうわけでこうなったのかは忘れてしまったが、とにかく僕は、北欧諸国の大使館から、ある招待状を受け取った。それは、23名の若手アーティストの作品をフィーチャ−した展覧会への招待状。デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドなどの大使館が集結し、おそらくベルリンの中でも最も素晴らしいビルのひとつで、彼らの作品を紹介する、というものだ。


商業的な作品、製品、ファッション、グラフィックデザインそしてオブジェが、たくさんの木と北欧らしい雰囲気の中展示されていた。小さな妖精が、人間にプレゼントを贈る、という北欧のおとぎ話から、この展覧会のテーマは決定された。参加アーティストは、そのプレゼントがどのようなものだったかを想像し、作品として表現する。オフィシャルサイトはドイツ語のみでの表記だが、サイトの左側に見える「vernissage」というのは、オープンという意味。この言葉をクリックすると、展覧会の様子を見ることができる。

国際映画祭「ベルリネール」も、2月に開催され、エキサイティングだったイベントのひとつ。開催期間中、僕はベルリンにはいなかったのだが、街は大いに沸き上がったに違いない。

ここでちょっとコマーシャルブレイク。 2003年5月、ベルリンのデザインシーンに激震が。「デザイン・マイ」のオフィシャルサイトには、詳しい情報が公開されているので、こちらもチェック。もしこの時期にベルリンに来る機会があり、何かアシスタントが必要な場合は、どうぞお気軽に僕に連絡をください。

最近おもしろいな、と思った瞬間。それは、ここベルリンにオフィスを開いたペンタグラムのデザイン・モニュメントを見た時だ。これを目撃した途端、アメリカやイギリスのデザイン会社がなぜベルリンに進出してくるのか、そして彼らは何を求めているのか、という疑問が浮かび上がってきた。もしかしたら直接彼らに聞いてみた方がいいのかもしれないけど。でもとにかく、ペンタグラムとは、なかなかかっこいい名前ではないか。ビジネスのやり方を知っている人のことを知るために、ペンタグラムのサイトは要チェック。

マッシブ・アタックの最新アルバムのポスターには、はっきり言ってヤラレた。「100 Windows」のサイトにある、マッシブ・アタックの4枚目のアルバム用に制作された作品を見てみてほしい。文句無しに、マッシブ・アタックはスタイルと美の基準である、と言えるだろう。美しいタイポグラフィーを使い、ニック・ナイトが見事に意味のない意味を表現している。マッシブ・アタックが、その作品が納まる場所を作り出し、そしてそれがすべて、意味を成しているのだ。

デイズド・アンド・コンフューズド・マガジン1月号の64〜65ページにある作品にも、頭をガツンとやられた気分。これは、2ページに渡った、雑誌「ザ・ビッグ・イシュー」の広告。ザ・ビッグ・イシューとは、社会復帰を目的に、ホームレスの人が売り子となって売られている手ごろな雑誌。ザ・ビッグ・イシュー財団とは、イギリスのホームレスの人々の援助を目的とした組織だ。ちょっと長めの広告文、上質の写真、目を引く見出し、重厚感のあるタイポグラフィーの、ちょっと古めかしいコンビネーションが見事。ここで紹介している写真だけではなく、オフィシャルサイトにはより多くの情報が掲載されているので、そちらもチェックを。

2月15日、アメリカの対イラク攻撃に反対するデモが世界の各地で行われたが、ベルリンでも50万人の市民が集結した。
センスの良いサインボードは、やはり目につき易く、しかもわかり易い。しかし、良いとされるデザインには本当に、人々に何かを感じさせ、行動を促し、リアクションさせるに至るまでの力があるのだろうか?良いデザインは、戦争を阻止できるのだろうか?現代版の抗議集会とは一体何なのだろうか?そして次に起こる革命とは、どのようなものなのだろうか?

Text and Photo: Paul Snowden from Redesigndeutschland
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE