エミリーカー・アートカレッジ展

HAPPENING


心に抱いた抱負と共に今年が始まった。昨年以上のことを企み、描いた可能性を形にしようと真上に広がる空を見上げる。広大無辺の風景に立ち向かおうと、つい足取りも力強くなる。新たにスタート地点に立つことは、「今まで」を広い視野で見つめなおし、「これから」を大きな気持ちで見つめさせてくれる。ここでも新年に胸を弾ませる者たちが大きな絵を描き始めていた。

1月9日から13日までの一週間、バンクーバー、グランビルアイランドに位置するアートスクール「エミリーカー・インスティトゥート・オブ・アート&デザイン」のコンコースギャラリーで「アイ・キル・ユー・ウィズ・マイ・カインドネス」と題されたグループエキシビションが開催された。デザイン科のニール・マッククレランドとメディア科のカーティス・バレンタイン・グラワーの呼びかけに同スクールからはニック・ピットマン、モーガン・ワット、リサ・シナー、ジュリア・フェリレー、デイビッド・リーマン、ロバート・ポプスカル、ニーナ・パルマー&フレンド、そしてブリティッシュコロンビア大学からルーカス・ジニオティス、トロントからダスティン・ラド、オーストラリアからベン・タイラーが参加した。


コンコースギャラリーはエミリー・カーアートカレッジの生徒に開放されているスペースで、幅60フィート×30フィート、高さ24フィートと館内で一番広い。ここでそれぞれのアーティストがそれぞれの空間を築き上げ、彼ら自身を表現していた。

ニックのインスタレーションはこのディメンションを最大限に生かしたもので、ギリシャ神話のアテナを思わせる女神像が描かれている。アテナと言えば、知恵・工芸・戦術の女神として知られる。知恵・学識のある姿をダイナミック、かつフリースタイルに描くことで、ニックの生きるスペースを表現したのかもしれない。自由にクリエイティブに生きる美しさが感じられるペインティングだ。

カーティスは巨大な顔を描いた。エキシビションのエントランス正面に位置するせいもあり、とても堂々としている。広いギャラリーに比例するかのようにその顔も大きく、恐いもの知らずのグラワー自身を表現しているかのようだ。

中央二面にはモーガンとニールの作品が海、空を思わせる広広とした空間を築いている。しかしそこに存在する生き物たちは悩ましげで、傷を負っているかのようにも見える。作品全体を眺めるには、少し離れた位置から眺める必要があり、それは抱え込んだもの、直面していることが大きすぎて、なかなかソルーションをみることが出来ない状況に似ている。ギャラリーの横にある階段から眺めるのがちょうどよい感じのこの作品はそんなプライベートな空間を大胆に表現しているように思う。

ロバートが築く空間は心地よく楽しいものである。スナックやドリンク片手に仲間達と気ままに過ごせる空間をパブリックで再現したようだ。実際、中央に置かれたカウチで読書する人や待ち合わせをする人もいて、ギャラリーと言う空間を居心地のよい場所に変えていた。

ペインティング、ドローウィング、スカルプチャーをバランスよく組み合わせたデイビッドの作品は彼のスケッチブックの細部を公開したかのようだった。独自のストーリーテリングはダダイズムやポップカルチャーを引用したものもありユーモアに溢れている。

ジュリアはスパークラーグルー・ドローウィングで彼女の空間を表現。きらきら輝くラインのところどころにはぎょろぎょろした目玉が付着されている。その目玉が凝視しているものは一体何か、彼女の眼差しの行方に興味をそそられた。

ドラッグ・ディラーに扮したリサのパフォーマンスはかわいくおもしろいもので、もちろんドラッグなどは売ってはいない。ジャケットの内側には彼女の作品と彼女にとっての生活必需品のペンが詰め込まれていた。ギャラリーの隅でこそこそとパフォーマンスするリサは、彼女自身の生きる空間とスラム街の現状を重ね合わせ、異空間を築いていた。

生活空間、街の空間、仲間と共存する空間、すべては自分が生きる空間。学生として活動する校舎も重要な空間である。コンコースギャラリーのようなオープンギャラリーも自己表現の場として活用しなければ、ただの広いスペースにすぎなくなる。ニールやニックたちがそれぞれに表現したように、日々の空間を思い存分活用することで自分自身を見つめる事が出来、思い描く明日に近づけるにちがいない。

新しい年、抱いた大きな企みを、まずは身近な空間で思い存分表現していきたい。

I Kill You With My Kindness
会場:Emily Carr Institute of Art& Design
住所:1399 Johnston Street, Vancouver
TEL;604-844-3091
http://www.eciad.bc.ca

Text and Photos: Aya Takada from SML-(6j6)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE