NIKE 公式オンラインストア

第6回 文化庁メディア芸術祭

HAPPENING

2002年の日本発のメディア芸術の集大成を顕彰する「文化庁メディア芸術祭」の入賞作品が先月19日に決定した。この祭典は今回で6回目を迎え、日本を代表としてイベントとして、今や「アルスエレクトロニカ」などと並ぶ世界の中のメディア芸術の核としての威容を持ちつつある。
今年の受賞作の傾向はまさに今のメディア芸術を取り囲む現状を物語るものになった。


個人が作り出すモーショングラフィックスから、大規模な劇場映画やTV番組と互角に競争できるようなクオリティーと刺激を伴った内容が生まれることが当たり前になりつつあることが明らかになったのが、コンピュータグラフィックスとアニメーションの部門。

コンピュータグラフィックスが評価される、デジタルアート・ノンインタラクティブ部門で優秀賞に入賞した富永聡の「Justice Runners」は、独特の色彩センスの世界で展開されるユーモラスな物語が評価され、東京のネットワーク局テレビ朝日のマスコット的な映像にも採用されている。

また、同部門には新進作家に提供される奨励賞には砂漠の海に巨大魚を追う部族をダイナミックに表現した阪本サクの「フィッシャーマン」が受賞、その作画とCGを融合させた個人作品による壮大な作品は多くのCG関係者が注目している中であった。

それはまさに多人数による労働集約型のものであると思われていたアニメーションに顕著に表れた。コンピュータで作画、着色、そして撮影まで全て出来てしまう今、一人でも作り出すことが可能となったアニメーション。新海誠は長編アニメーション「ほしのこえ The voices of a distant star」を一人で制作、セルフプロデュースによる劇場公開やDVDの発売までをも実現、たった一人でブームを作り出したのだ。アニメーション部門の奨励賞になったのは現役美大生の近藤聡乃が一人で作り出した最初の短編アニメーション作品「電車かもしれない」。このようにアニメーションを作ることは普通のクリエイティブとなり、その発露が見え始めたのである。

アニメーション部門の大賞になったのは「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」。子供の主人公を通じて子供のユーモラスな仕草と大人の生態を風刺するギャグ漫画の劇場映画版であるが、日本のメジャーアニメーションスタジオとしての、大人にも子供にも楽しませようという意気込みが、多くの世代に評価される娯楽文化としてのアニメーションを作り出している奥行きが、攻殻機動隊や宮崎駿氏を擁するプロダクションなどアーティスティックな作品をさしおいた結果だ。

漫画もまた日本人の文化に深く浸透したメディア芸術である。この芸術祭にはマンガ部門があり、大賞にはテレフォンクラブで人物観察をして遊ぶ14歳の女子中学生の都市冒険ストーリー「セクシーボイスアンドロボ」が大賞を受賞する一方、第二次世界大戦の旧日本軍占領地帯や旧満州国から引揚げてきた漫画家による「中国からの引揚げ少年たちの記憶」が特別賞になるなど多様性に富んだ作品が選ばれた。

一方で、課題が見られるのがインタラクティブもののメディアアートだ。デジタルアート・インタラクティブ部門の大賞を射止めたのは、ロンドンのインタラクティブデザイナーであるクリスピン・ジョーンズが、IDEOでのプロジェクトとして作り上げたもの。「SOCIAL MOBILES」というこのプロジェクトは、モバイルコミュニケーションを取り巻く人々のビヘイビアを風刺的に浮かび上がらせる、実際のGMS携帯電話を実装した、すなわち本物の携帯電話が作品である。

携帯電話はこういうデザインがいいとか、PDAの提案とかを、デザイングラフィックスやモックアップで示すことで全てをやり切った感覚にある、日本のほとんどのアーティストと呼ばれる人々を尻目に本当に物として実現してしまった腕力が大賞をもぎ取ったのである。同様に、ペインステーションでお馴染みのケルンのアーティストグループ「//////////fur////」の「HIS MASTER’S VOICE」が優秀賞に入った。どちらも20代のアーティストたち。今回は同芸術祭に応募が無かったが、日本のクワクボリョウタを含め、生まれた頃からデジタルがあった世代がその感性を現実の物として、ソニーやフィリップスはだしに一人や仲間たちで作り上げてしまう芸術作品の時代の到来が示されたと思われる。

一方で、このようなかたちで創造力を実現できるアーティストとそのノウハウを持ちえていないアーティストとの差が大いに開くことが予見できる状況に直面していることが見て取れる。その準備が日本の多くのアーティストに存在しているかと言われれば、その厳しさすら認識されていないのではないかという欠落感を課題として浮き彫りにされているように見受けられた。

これら入賞作品を中心とした作品公開/上映展「文化庁メディア芸術祭」は、2月28日より3月9日まで、東京恵比寿のガーデンプレイス内にある東京都写真美術館で開催される。
また会期中、協賛事業として昨年行なわれ本誌でも掲載された「NEXT02」の03年版、artdemo03も開催される。同芸術祭に関する情報は特設サイトで見ることが出来る。

文化庁メディア芸術祭入賞フルリストは以下の通り

■デジタルアート・インタラクティブ部門
大 賞「 SOCIAL MOBILES 」 CRISPIN JONES

優秀賞「 HIS MASTER’S VOICE 」 //////////fur////
   「 type R 」 柴田 知司
   「 カムカムタイム 」 ビジネス・アーキテクツ / ワンスカイ
   「 Course 」 Tree-Axis
奨励賞「 妖怪ヤミワラシ 」 江川 大 / 中一郎

■デジタルアート・ノンインタラクティブ部門
大 賞「 TextArc print: Alice’s Adventure in Wonderland 」W Bradford Paley
優秀賞「 I AGAINST I 」 永戸鉄也

   「 リッタイポ ”E” “A” “R” “N” 」 齋藤 浩
   「 Justice Runners 」 富岡 聡
   「 ひげ蛙と小兎忍者 」 タナカ ウサギ
奨励賞「 フィッシャーマン 」 坂本 サク

■アニメーション部門
大 賞「 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦 」 原 恵一
優秀賞「 アベノ橋魔法☆商店街 」 山賀 博之
   「 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 」 神山 健治

   「 猫の恩返し 」 「猫の恩返し」製作委員会
   「 頭山 」 山村 浩二
奨励賞「 電車かもしれない 」 近藤 聡乃

■マンガ部門
大 賞「 セクシーボイス アンド ロボ 」 黒田硫黄
優秀賞「 ブラックジャックによろしく 」 佐藤秀峰
   「 20世紀少年 」 浦沢直樹
   「 大使閣下の料理人 」 原作:西村ミツル/漫画:かわすみひろし

   「 大_源氏物語 まろ、ん? 」 小泉吉宏
奨励賞「 なぜ博士は怒っているのか 」 池谷伊佐夫

□審査委員特別賞
   「 Rez 」 水口 哲也
   「 ライフスライスカレンダーとライフスライスワールドマップ 」ライフスライス研究所
   「 ほしのこえ The voices of a distant star 」 新海 誠
   「 中国からの引揚げ 少年たちの記憶 」 中国引揚げ漫画家の会

2002 第6回 文化庁メディア芸術祭
贈 呈 式:2003年2月27日
受賞作品展:2003年2月28日~ 3月9日
会場:東京都写真美術館
住所:東京都目黒区三田1-3-3 (恵比寿ガーデンプレイス内)
主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会
協力:財団法人東京都歴史文化財団東京都写真美術館
www.cgarts.or.jp/festival/

Text: Tomohiro Okada from Cool States Communications

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE