R-PROJECT

HAPPENING

個人的なことだが、私は基本的に、不必要なものを身の回りに置いておくのが嫌いである。家の中がごちゃごちゃとものに溢れているのは見た目もあまり良くないし、捨てることで空間も心もすっきりするのが好きなのも一理あるだろう。でも中には、まだ使えそうだけど、その先どうやって使っていいのかがわからずに放っておかれているものがあるのも確かだ。ものが溢れかえっている時代で生まれ育ったからこそ、その先もう一歩の段階への行きかたがわからないのかもしれない。ものが無かった時代の人達の方が、今の私達よりも広範囲でクリエイティブ性が研ぎ澄まされていたのではないか、と思いを巡らせたりもするのだ。


ハイセンスな家具やインテリア雑貨を扱うショップ「IDEE」と、クリエイターによる都市再生プロジェクト「R-project」が発足したのは昨年の暮れ。その「R-project」が、この10月に行われた「東京デザイナーズブロック2002」のプロジェクトの一つとして紹介された。最近特に耳にするようになった「Recycle (リサイクル)」「Redesign (デザインし直す)」「Rethink (再考する)」「Refine (改良する)」「Restore (修復する)」「Recreation (改造する)」といった「Re (再び、さらに、新たに…し直す、という意味)」という共通の頭文字から発想され、生まれたのがこの「R-project」。

お金をかけずに、既存するものにアイディアとセンスを組み込ませてシンプルな空間やものを作る--。これはものが無い時代では、当たり前のことだった。しかし、現代人の私達はいつしか新しいものばかりを追い求め、気付いてみればものには不自由しなくはなったが、そこに残ったのは「でも何か違う」といった悶々とした「しこり」ではなかったであろうか。その「しこり」を想像力と行動力で解決しようとしている人達の無数の試みがこのプロジェクトだ。

会場として選ばれたのは、青山通りに面した「青山マンション」。廃虚となって既に8年。そのような場所が、「R-project」の会場として選ばれるのも、自然な流れのようでうなずける。実際に入ってみて、シャワー室や、むき出しのままの水道の蛇口などを目にするまでは、そこが「かつては生活の場だった」ということを忘れてしまう程、アート色一色で包まれた空間がそこにはあった。また、生活の場がアートの場にもなるということが、かしこまらずに誰でも気軽にアートを楽しめることにつながっており、リラックスした雰囲気を作り出していた気がする。「R-project」に関するさまざまなアーティストの作品が紹介されていたが、作品だけではなく、その作品を作ったアーティストがフレンドリーに楽しく、分りやすく作品の説明をしてくれるのも嬉しかった。

天井からの四角いランプが、暖かい雰囲気を醸し出していたのは、大阪を拠点に活動する「EMBODY DESIGN ASSOCIATION」の岩本勝也氏の作品。ランプの下にあった椅子は、彼の作品「エコチェア」だ。半透明で固そうな見た目とは裏腹に、実際に腰をかけてみると以外にも座り易い。岩本氏の説明によると、天然素材で開発された「レジン」という樹脂が使われており、座り続けるほど、その人の体型や姿勢にフィットした形が形成されていく、とのこと。その樹脂の厚さはわずか6mm。しかしそれ以上の固さだと体に痛みを感じ、それ以下だと重みに耐えるには弱すぎる。衝撃吸収にも適した、究極の厚さなのだ。

中庭に面した、かつて美容院だった空間を使った展示を行っていたのは、ニューヨーク在住の建築家ユニット「LOT/EK architecture (ローテック・アーキテクチャー)」。イタリアのナポリ出身のアダ・ト-ラとジョゼッペ・リニャーノがニューヨークでの活動を始めたのは90年代初頭。以来、大学のストゥーデント・パビリオンから、美術館、そしてショップまで、さまざまな建築デザインを、彼ら独自の飛び抜けたセンスとアイディアで行ってきた。その「LOT/EK」のジョゼッペもこのプロジェクトの会場である青山マンションに来ており、短いながらもお話を伺うことができた。

建築物の中に、コンテナやジャンボジェット機の機体を取り入れるなど、今までにない試みで私達を驚かせ、今もっとも注目されている建築家と言っても過言ではない「LOT/EK」。彼らのサイトでも過去のプロジェクトの進行状況が写真と共に紹介されており、コンテナがクレーンで釣り下げられて建物に収められていく様子を見ることができる。そんな奇抜な発想をする彼はどんな人だろう?と、やや緊張していたのだが、そこに現れたのは、清潔そうで常に笑顔を絶やさない優しい男性だった。

2年前にインディペンデント・キュレーターの原田幸子氏が、ロスアンゼルス訪問の際に偶然にも目にした彼らのビデオ展覧会を気に入り、今回のデザイナーズブロックの参加へとつながった。「LOT/EK」にとっては、彼らの作品を日本で発表するのは今回が初めて。「東京は刺激的でクレイジ-!すぐに大好きになったし、今後も日本で多くの人達に作品を見てもらいたい!」との抱負を語ってくれた。
また、今回の展示について尋ねると、それもまた思わぬ所からアイディアが生まれたとのこと。展示のコンセプトなどについて原田氏と会議室で話し合っている時に、その部屋の壁に、帯状になってポスターが貼られているのに着目。彼らの作品写真もそれを真似て貼ってみたところ、以外にも良かった、というのである。部屋をぐるっと一周することで、彼らの作品鑑賞の旅をするような感覚。高価な額や、特殊な照明などいらない。今そこにある条件だけで、新しい感覚を引き出す姿勢は「R-project」のそれと共通するものではないだろうか。

終始とても親切に作品の説明をしてくれたジョゼッペ・リニャーノ氏。「LOT/EKとは:ローカルな仕事の/遊びの場所と機能の再発明であり、普遍的な形状に対する問題提起であり、アート、建築、エンターテイメント、情報の境界をあいまいにする。」エネルギーに満ちあふれる彼からは、まさにこの定義がひしひしと感じられた。

そのほか、マンション内では「コンテンポラリー・イスラエル・デザイン展」なども開催していた。意外にも色鮮やかでポップ、そして自由な作風の作品が多いのが目についた。イスラエルという国に余り知識がなく、失礼ながらも何となく私達よりも自由が少ない生活、というイメージがあったからか、星を彷佛とさせる動きがあるスチール棒と銀、プラスチックで制作されたラヴィヴ・リフシッツの照明や、折り畳むとひとつの四角柱になるヤコブ・カウフマンの椅子は新鮮なものとして感じられた。

キーワードである「R」的な動きが起きやすい状況をデザインするこの「R-project」。やはり昔からあるものを使い続けるのは、安心感があり、更にそれにアイディアを注ぎ込み内容を充実させることで、愛着心も高まり、その潜在的価値も増すのではないだろうか。最先端が常に一番いいとは限らない。既にあるものを最大限に活かすという姿勢には同感できたし、これからも「R的な人」「R的なデザイン」を多く目にする機会が増えればいいと、楽しみと期待感で満たされた気分になった。

R-project
contact@r-project.com
www.r-project.com

Text and Photos: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE