イマジナリー・フォーシズ

PEOPLE

イマジナリー・フォーシズ」(IF)について良く知らなくても、彼らの作品はきっと何処かで目にした事があるはず。ハリー・ポッター、セブン、スパイダーマンなど、著明な映画のタイトルシークエンスは彼らの作品のほんの一部だ。今回お話を伺ったアートディレクターのマット・チェコースキーの言葉からは、どの作品にも丁寧に、そして誠実に立ち向かう「IF」の姿勢を伺うことができた。

己紹介をお願いします。また「イマジナリー・フォーシズ」についても教えて下さい。


私の「イマジナリー・フォーシズ」(IF)での活動は、1998年から始まりました。デザインスクールを卒業した後、主にモーションやインタラクティビティを中心に様々なメディアで仕事をしてきましたが、色々な展開が期待できる場所に自分自身を置いてみたいと思い、IFに辿り着きました。そういった点では、IFは完璧な場所です。
メインタイトル作品の制作を目的に1996年にIFは設立されましたが、それ以来、映画産業のタイトルシークエンスなどから競技場などの大画面で映し出される映像、建築環境まで、様々なプロジェクトを手掛けてきました。IFはロスアンジェルスとニューヨークの2ケ所にオフィスがあるのですが、ハリウッドとの繋がりによって、東海岸、西海岸の両方に色々な機会が巡ってきています。


MINORITY REPORT: Prevision Sequences
Client: 20th Century Fox and Dreamworks, Director: Steven Spielberg

幅広いプロジェクトをこなす秘訣を教えて下さい。

全てのメディアに私達の作品が受け入れられているのは、それが私達の考え方にダイレクトに繋がっているからだと思います。IFは、本当に色々なタイプのスタッフが集まったグループです。やることも違えば、その出身地も違う。それでも最終的に全員が「アイディア」を提供する、という所に到達するのです。この問題にはどう対処するのがベストだろうか?(もしそれが広告会社、大企業、あるいは映画監督だった場合)どうすればこのクライアントが伝えたい事を一番良い方法で伝える事ができるだろうか?プロジェクトの内容が違えども、このよう自分自身に問いかける質問がいくつかあります。私達が多様であることで、同時にフレキシブルでいられる。そしてそこから、予想もつかなかったコンビネーションが生まれてくるのです。


JANUS: Commercial Campaign/Brand Identity/Live Action
Client: Janus Mutual Funds, Agency: Foote Cone & Belding

新しいプロジェクトに取り掛かる際、メンバー各々の役割分担はどのようになっているのでしょう?制作プロセスについて教えてください。

プロジェクトが違えば、それがもたらすチャレンジも違うものです。そして特にこれは、メディアの種類が多様な時ほど起こりうる事です。現在IFには約6つのチームがありますが、その組織自体は堅苦しいものではありませんし、各々のチームが混じり合う場面も多くあります。そのプロジェクトに必要なものに応じて、私達は展開を試みたり、何かと何かを結び付けたりします。各々が違う事を行う大勢の人たちと私達は仕事をしているのです。


SE7EN: Title Sequence/Brand Identity/Live Action
Client: New Line Cinema, Director: David Fincher


SPIDER-MAN: Title Sequence/Feature Film Marketing
Client: Sony Pictures, Director: Sam Raimi

世界中の人々が、IFの制作したシークエンスを見ることについてどう思いますか?「有名な映画」を手掛けること故のプレッシャーは感じますか?

自分の作品がステージ上にあって、それを沢山の人が見るというのは本当に素晴らしい事です。人々に話しかけるという点では、映画はとてもパワフルなものだと思いますし、まさにそこにプレッシャーがあると思います。私達は多くの素晴らしい機会に恵まれ、多種多様なスケールで色々なストーリーを伝える事のできるチャンスを掴んでいます。私達が制作したどのシークエンスでも、観客のひとり一人に気持ちを込めて接するように心掛けています。


NFL BALTIMORE RAVENS: Event/Live Action/Music, Sound Design
Client: NFL Baltimore Ravens

シークエンスだけはなく、NYのタイムズ・スクエアにあるインタラクティブな広告、競技状のスクリーンで映し出される映像の制作などから、IFの作品の規模はとにかく「大きい」という印象を受けます。また、それぞれの作品を見るオーディエンスの違いもあると思いますが、このような点についてはどう思いますか?

「大きい」と感じられる作品に人は引き込まれて行くと思います。もちろん、莫大なスケールの作品を制作するのはたいへんなことですが、私達は切手のような小さいものから競技場のスクリーンのような大きなものまで、何でも作ります。スケールは違っても、派手なものからおとなしいものまで、アグレッシブなものから平和的なものまでと、作品の幅は広いのです。コミュニケーションをとることは私達にとっては重要です。誰に向かって話しているのか?伝えたいメッセージは何か?摩天楼の背後に夕日を付けたり、テレビの画面の中でタイポグラフィーをジャンプさせることはできますが、もしそれで伝えるべき事を伝えていなければ、そしてもしそれが感動を引き起こすものでなければ、仕事をやり終えた、という感覚は私達には湧かないのです。


MEN IN BLACK II: Feature Film Marketing/Brand Identity/Live Action
Client: Sony Pictures, Director: Barry Sonnenfeld

IFは、ハリウッドを拠点に活動しています。映画の都と知られているこの街で活動することについての利点は何ですか?アーティストとして、刺激やインスピレーションを受けやすい街ですか?

ハリウッドはすごい街です。この街にいる事で、常にエンターテーメント産業に関わっていられるからです。映画が本当に好きだから、IFのスタッフはここにいる。映画そのものに多大なる影響力があるから、私達は映画が大好きなんだと思います。それが様々なエリアに踏み込んで行くのを助けてくれる産業、メディアとの、私達の関係なのです。

IFのサイトについて教えて下さい。ウェブサイト制作の経験はほとんどないそうですが、ウェブについてはどのような意見を持っていますか?

多忙で余り手をかけていないので、私達のサイトはまだまだ発展途上の段階です。私達のサイトの事を考えると、落ち込んでしまいます。現在私達は、IFのアイデンティティについて改めて考え直しています。私達がとっているプロセスの多くが、何か反応的で敏感なもののような気がしています。私達のアイデアの多くは、もっとインタラクティブにコミュニケートできるものになると思っています。この3、4年間の間に、IFという会社は著しい成長を遂げ、それ故に自分達について、そして私達が行っていることを違った方向で考える必要が出てきていると思います。


IBM e-BUSINESS CENTERS: Enviromental Design/Music, Sound Design/Brand Identity/Live Action
Client: IBM Global Services

ウェブは驚くべくものです。ウェブにおけるインタラクションには、私達の多くが引き込まれてしまいます。経験として足りないもの、あるいはもっと掘り下げて行かなければいけないものは何かと言えば、それはウェブ上でのモーショングラフィックでしょう。インタラクティビティは、私達が行う事をインタラクティビティなりの方法でやりのけてしまいます。IBMの仕事で制作した「ザ・E-ビジネスセンター」は、敏感に反応を示す空間というだけではなく(センター内で流れている音楽が、ゲストが何処に立っているのかを知らせてくれるようになっている)、センターに来たビジターが、私達がデザインしたインタラクティブ・テ-ブルなどのインタラクティブツールを試してみたり、その空間をバーチャル的にツアーできるタッチスクリーンのキオスクがあったりする場所です。
「マイノリテイー・リポート」という映画用に制作したプレビジョンのシークエンスでは、殺人事件が起こる前に警察がそれを阻止出来る、という未来のビジョンが描かれています。刑事が「阻止」できる未来の出来事を、私達がバーチャルインターフェイスで制作したのです。それら(映画の中のキャラクター)を、先方がどのように使用するかは、その映像と同じぐらい私達にとっては重要なことです。

ウェブには果てしないナラティブな可能性を感じます。と言うのも、オーディエンス自身が、そこに待ち受ける多くのエキサイティングな出来事をコントロールできるからです。建築的な空間よりもメインタイトルが多くを語るというだけで、私達にとってウェブはもうすでに新たな別のツールなのです。人とコミュニケーションをとるための、もう一つの方法とも言えます。

今回制作していただいたカバーデザインについて教えて下さい。何をイメージして作られましたか?

私が一番影響を受けているのは、メディアの種類が違えども、それらが持つインタラクティビィティです。それらを通じてインタラクティブな経験を感じることができる、というのが私が一番好きなポイントです。そしてこれはまさに、モーションやスタティックなメディアから、考えを変換(シフト)することだと思うのです。今回制作したカバーからは、何か有機的で、魅惑的なものを感じていただければと思います。

この作品にはどのような制作ステップを踏まれましたか?

この作品は、私の頭の中に浮かんできたものです。このような作品の制作プロセスは、実を言うとあまり気にしてはいません・・・。しかし、いつか気にとめる日も来るかもしれませんね。とにかく机の前に座り、作りはじめることが私には必要なのです。


MARVEL COMICS: Logo Animation>
Client: Marvel Entertainment

現在手掛けているプロジェクトについて教えて下さい。

色々な事を沢山やっているとしか言えません。でもどのプロジェクトも楽しんでやっています。先にも少しお話しましたが、スティーブン・スピルバーグの「マイノリティー・リポート」という映画の予告編シークエンスをちょうど作りあげたところです。スタッフのカート・マチーラと私にとって、まるで誰かの頭からダイレクトにダウンロードされてきたかのようなシークエンスを作るのに、スティーブン・スピルバーグと一緒に主要な写真を決める作業ができたのは、素晴らしい経験でした。偉大な映画となるべくものの、そのような必要不可欠とも言えるシークエンスの構想を練るのは、本当にすごいことだったと思います。次の作品では、これまで学んで来た事をどのように取り入れ、形にしていくかを考えています。

私個人としては、NBAのバスケットボールチームのスタジアムと放送用のアイデンティの制作の真只中におり、その他にはビデオゲームのCMも手掛けています。このような分野の作品を多く制作する事に、IFとしては大きな楽しみを覚えています。ゲームはものすごい速さで成長しているものですし、この先ゲームがどの方向へと進んで行くのかを、私達がダイレクトに伝えている気がするのです。

LAとNYのオフィスの間には、映画のタイトル、CM、そのほか何についてでもですが、常に良い意味でライバル心があります。良い仕事をやり遂げる為に、IFは今まで以上に努力を重ねています。様々なメディアの素晴らしいコラボレーターと仕事をしているのです。

IFとしての夢はありますか?

新しい物事に対しては、常にわくわくした気持ちを持ち続けたいと思います。そしてこれらも映画には恋し続けることでしょう。他の人たちと仕事を共にするだけではなく、私達は私達なりの声を作っているのです。その声で、IF独自のコンテンツが生まれ、IF独自のストーリーを伝える事ができるのです。

IMAGINARYFORCES
LOS ANGELES:6526 Sunset Blvd. Hollywood, CA 90028
TEL:323 957 6868
NEW YORK:530 West 25 th Street, New York, NY 10001
TEL:646 486 6868

Text: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE