HARVEST

THINGS

HARVEST」は、過去7年間に私たちが称賛し、活動を共にして来たアーティストの方達とのコラボレーション作品、並びにコレクションを集めたものです。私自身のポートレートでもあり、ある意味、終点的なものでもあります。本を出版し、私たちの作品を何か手で触ることのできる物に収める事で、更に前進し、新たな作品を制作する事に集中しなければならないのだな、ということを感じました。決まりきった快適なワーキングスタイルの形にはまってしまうのは容易いことです。だからこそ、新しいアイディアやプロジェクトへの出発点として、そして今まで行ってきた事のリファレンスとしてこの作品集を発表します。

「HARVEST」では、非鋭利目的の作品、アートプロジェクト、調査資料、レジデンス・プログラムのアーティスト、私たちの親愛なる友達でもありアーティストのマーガレット・キルガレンに捧げる「FELLOS」という特別なセクションが紹介されています。このセクションには、「ヤーバ・ブエナ・センター・フォー・ザ・アーツ」のチーフキュレーターであるレニー・パリティキンの前書きも掲載されています。-エイミー・フランセスチーニ


偶然にも同じ街に住むアーティスト仲間が、似たような美学の下に集まった。そこで生まれた作品は、国中のオーディエンスに好まれ、国中のプレスに紹介されるには、十分すぎる程素晴らしいものであり、十分すぎる程ラッキーなものでもあった。それ程多くのメディアが存在する訳でもないのに、サンフランシスコには50年代からビートポエム・ギンスバーグ、ケロウアック、フェリンゲッティ等に対する注目度が高く、その10年後の60年代には、サイケデリック・ロックグループのザ・グレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレンカントリ-・ジョ-・アンド・フィッシュ等が登場した。そのような動きは、おそらく重要であっただろうが、ランゲージポエムの80年代のリン・ヘジニアン、バレット・ワッテン、カーラ・ハリーマン、ボブ・ペレルマン、ロン・シリマン、そして同性愛の美学が中心となった90年代のアラン・ラス、ポール・デマリニス、ジム・キャンベル、そしてグラフィッティやスケーターの動きが中心となっている最近では、バリー・マックギー、マーガレット・キルガレン、クリス・ヨハンセン等を含む、大規模な報道はなかったと思う。

キュレーターは、いつになるかわからないけれどもいつか、人々がギャラリーやスタジオに脚を運び、何を見ているのか分からない、という情景が来るという、とんでもない考えを持っている。私自身、「FELLOS」にいるアーティストとは20歳の年の差がある。理屈抜きで彼等と私の間に距離がある事が分かるし、ひずみが浮き上がってくるのも知っている。この状態や彼等の生活に対する彼等自身の気持ちをどのように理解するのが、一番最適なのだろうか?

私は最近ガラパゴス諸島に行き、ダムセルフィッシュという魚を見た。どの魚も、自分の陣地にある小石や葉を覚えている。そして、元の完璧な状態に戻す為に、余計なものは一切取り払う習性があるのだ。こんなカオス的な世界の秩序のほんの一部を、こんな小動物が責任感を感じて管理しているとか、もしかしたら世界ははじめから完璧であって、魚達がその熱心さからその小さなセクションを統一化しているのではないか、と考えを巡らすのは楽しい事だ。

サンフランシスコ在住のアーティストは、アーバン・ラスティックスや、デジタル・ボヘミアンと言われている。1965年~75年に生まれた、子供でもあるし、ヤングアダルトとも言える彼等は、企業の広告や、それと同時に起こる環境活動専門の作品に板挟みになっている。良い環境を意図するものと誇張についての、彼等が出した結果的な冷笑は、はかない本当の世界には残ったサルベ-ジでの、ある意味宗教を信じるのに近い、完全に矛盾しているものに繋がっているのだ。このあいまいさは、美しいマリン・ヘッドランズに近いものがあるだろうし、疑わしい陸軍のインスタレーションや、企業が所有する土地に囲まれた分かりにくいサンフランシスコ湾、あるいは今だに畏れられている穴だらけのウォータープロジェクトのシエラ・ネバダとも言えよう。

このような背景を積み重ねる事は、教育された下層階級の一部としては人の日々の生活の幻想には効果的であり、サンフランシスコにあるザ・ミッション・ディストリクトやサウス・オブ・マーケットを腐敗する、スタジオで働く大学卒業資格がある人は、伝統的なアーティストとしてか、最新テクノロジーの農奴として働くのである。インターネットやデジタルグラフィックデザインもまた、風景の一部であり、何かクリーンなものとしての存在が確立しているし、あるいは企業の危機を常に独占するでも、成文化するでもないかもしれなし、それ故に危機に直面している人間規模の平行線を提示しているのだ。

文化の価値、そして選択的な清教主義の基本的な面から撤退しようという考えがある。スケートボーダーはかっこいいし、しかも何かを汚染する事もない。浮浪者文化は 出世第一主義を衰退させている。アートは、何でも発言するために白紙委任し、もしそれがTシャツや壁の上であれば取り締まりを受ける事はないのだ。ストリートスタイルは物質主義を打破している。新しい種類の美というもは、破滅の中でありえるものであり、破棄され、再び文脈化されるものなのである。外に踏み出し、新しい中心となるものを発表するのだ。

本書で紹介されているアーティストの作品で見つける事ができる重要な価値には、ユーモア、ちょっぴり生意気だけれでも正直さ、素材へのかなりの謙虚さ、自然と人間の苦痛と共にある共感への需要、しばしば古風かポップ調な情報がベースとなっている、決して華やかではない表現方法への好みが含まれている。オフハンドで皮肉っぽいが、シニカルではないし、無知と言うよりは子供のようなハーフネイティブなのだ。本書には、ペインターや彫刻家がエイミー・フランセスチーニと共有する美的価値があるのだ。

この平年より寒さが厳しい冬の日、「FELLOS」のアーティストとキルガレンさんの思い出と共に火の周りに集まり、私たちは暖を取るのだ。


HARVEST
仕様:Book, CD-ROM, 180 x 260 (mm), 176 pages
出版社:Systems Design Limited, Hong Kong

Futurefarmers
住所:1201 Howard Street Suite B, San Francisco CA 94103, USA
info@futurefarmers.com
http://www.futurefarmers.com

Text: Renny Pritikin, Amy Franceschini from Future Farmers
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE