BAYAGUL展

HAPPENING


オーストラリアに住む先住民が築き上げて来た文化は、世界全体のいかなる文化の歴史よりも長く、現在も続いているものだ。この広大なオーストラリアの大地との関係を彼等は形成し、過去と現在両方において、オーストラリアでの生活のユニークな面を垣間見せてくれる。「BAYAGUL」という言葉がある。これは、「大きい声で発言する」という意味だが、この言葉はシドニー地域に住んだ初の民族、エオラ族の言語だ。オーストラリアには現在、350にも及ぶ先住民の言語が存在する。そして「BAYAGUL」は、オーストラリアの先住民文化を紹介する新しいギャラリー「ザ・パワーハウス・ミュージアム」での最初のエキシビジョンだ。

ARRUGEKU MIMI」のダンサー達が迎えてくれる。現在、アボリジニとトレス・ストレイト島で使用されているコミュニケーションのメッセージに、まず引き寄せられることだろう。これは、オーストラリア初の先住民テレビ局である、セントラル・オーストラリアズ・インパラヤTVから、ヤンバ・ザ・ハニー・アントへの、素晴らしい建築的なデザインで、このデザインでMERRIMAグループは、賞を受賞した。

このエキシビジョン「BAYAGUL」では、オーストラリアの先住民であることについてのアイデンティティーを理解することができるようになっており、それらは今日のテクノロジーと産業を通じて表現されている。フィルムの中で、ダンスをすることで、音楽、建築、旅行業、メディア、ファッション等々を介して、アボリジニ族と、トレス・ストレイト島の人々は、自分達について大きな声で発言している!パワフルな現代デザインの面白さと、彼等が繰り広げるダンス、音楽、そしてフィルムをフィーチャーした教育的インタラクティブオーディオビジュアルディスプレイを通じて、「BAYAGUL」はコミュニケーションを計っているのだ。

ジミー・リトル、ブロンウィン・バンクロフト、トレイシー・モファット、レイチェル・パーキンス、デボラ・メールマン、ジャスティン・サンダース、バンガラ・ダンス・シアター、マービン・ビショップ等、その活躍が注目されている現代先住民アーティストやパフォーマ−の作品からも、「BAYAGUL」の主張を感じることができる。旅行業、ファッションと織物、パフォーマンスアート、そしてメディアという4つのテーマから成るこのエキシビジョンでは、オーストラリアのカギとも言える人物に触れることができる旅に出られるのだ。「BAYAGUL」はあなたに話しかけているのだ!

BUSH TUCKER CONNECTIONS:2002年7月10日から
「BAYAGUL」での新しいディスプレイ。現代の先住民コミュニケーションに焦点を当てた当エキシビジョンでは、鞄、クーラモン、魚網等、食料採取に使われた道具を通じて、オーストラリアの風景と共に、インタラクティブなストーリーを紹介している。

EDUCATION & PUBLIC PROGRAMES
小学生から大人まで、幅広く先住民文化について楽しく学べるプログラム。先住民に関するツアーか、年内一杯まで行われている先住民特別プログラムに参加してみよう。
学習プログラムに関する詳しい情報についての問い合わせ先:+61 (02) 9217 0222

Bayagul: Contemporary Indigenous Commnication
会場:Powerhouse Museum
住所:500 Harris Street Ultimo, Sydney NSW 2007 Australia
TEL:+61 612 9217 0111
http://www.phm.gov.au

Text: Luca Ionescu from Luca Ionescu Design
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE