NIKE 公式オンラインストア

ハイパー・アイランド・クルー 6

PEOPLEText: Sachiko Kurashina

今月のカバーデザインを手掛けてくれたのは、スウェーデン、カールスクーナにあるニューメディア産業やデザインを教える教育機関、ハイパー・アイランドクルー6

シフトでも以前からハイパー・アイランドの活動に注目してきた。そして今回、ハイパー・アイランドの創設以来、初の生徒による展覧会を成功させたクルー6によるカバー&インタビューが実現した。展覧会の模様を交えながら、彼等の過ごした2年間についてお話を伺った。

クルー6のメンバーを紹介してください。

フレデリック・アバーピル。クルー6のメンバー44人の一人です。僕は22才でもともとスウェーデン第2の都市、エーテボリの出身で、ハイパー・アイランドに来る前は自然科学とメディア・コミュニケーションを勉強していたのでテクニカル・バックグランドがあります。ハイパー・アイランドではデーターベーステクニシャン、グラフィック・デザイナー、プロジェクト・マネージャーの役割を担っています。といってもこれからどの分野で仕事をしようか自分でも分かりません。将来はフレキシブルでいたいし、少なくともこの中の二つには関わっていたいと思っています。

クルー6の平均年令は25才で、みんな色々なバックグラウンドを持っています。大抵は高校を卒業してすぐ入学したか、働いてから入学したかのどちらかです。ハイパー・アイランドには世界中から応募がありますが、スウェーデン語を理解して話せることが条件なので、クルー6のメンバーは、ほとんどスウェーデンの各都市出身です。クルー6で学んでいる生徒にはフィンランドとアイルランドから来た人もいますが、もちろん彼らもスウェーデン語が話せます。

「クルー6」とは何を意味するのですか?

みんな混乱してるみたいですが、ハイパー・アイランドでの教育は2年間に及びます。この2年間、生徒は「クルー」と呼ばれる組織に属します。今では7つのクルーが存在して、僕達は6番目のクルーに所属しています。だから「クルー6」なのです。

話が複雑になっているのは、常にこの学校には2つの「クルー」が存在するということで、今日でクルー6が卒業となり、クルー7はあと残り一年勉強するのです。そして夏には、クルー8がハイパー・アイランドでの一年目をスタートさせるのです。

あなた達の学校、ハイパー・アイランドについて教えて下さい。島自体が教育機関になっているのでしょうか?

ハイパー・アイランドは、いつも霧につつまれたミステリアスな牢獄だというウワサがたってるようですね。それは強ちはずれてはいないかも。実際、学校はスウェーデンの南先端、海の近くにあって古い海軍の牢獄を改装したものなのです。寒さと雨が大好きな人間なら最高の場所だと思います。でも結局プロジェクトに縛られ、締切に追われる毎日だったので、天気なんてあまり関係なかったのですが。

しかし教室が独房っぽい作りなのを除けば、ハイパー・アイランドには、牢獄を思わせるような所は一切ありません。ガラス張りの屋根から木の床に太陽の光が降り注いで、明るい室内がさらに明るくなっています。ここの環境全体がクリエイティブで、君たちが一度も見たことのないような学校だというのは断言できます。しかもハイパー・アイランドは自分の個室で使えるコンピューターを貸し出してくれ、一つの個室を二人でシェアして、少なくとも一人一台コンピューターを使っています。

ハイパー・アイランドは、二つのブランチ(デザイン&テクノロジー、ビジネス&マネージメント)を持つ職業教育機関で、デザイン&テクノロジーではグラフィック・デザインやプログラミングなどのクリエイティブプロセスに重点が置かれ、ビジネス&マネージメントでは、プロジェクト・マネージャーやチーム・リーダーとしての役割を身につけます。プロジェクトは常に生徒がミックスされ行われます。ハイパー・アイランドで学んでいる間は研究費が出て、自分で費用を全部持つ必要がありません。

ハイパー・アイランドが他の学校と違う点は、いわゆる先生がいないこと。実際に活躍している人をセミナーに講師として呼ぶのですが、いいやり方だと思います。教育は実践的なことに焦点を当てていて、問題が何であれ、それを解決する方法を教えられます。僕達が企業とのインターンシップを通して学んでいるのもそういった理由の一つです。多くの学校は「何を」するかに取り組むけど、ハイパー・アイランドは「どうやって」するかに重点を置いています。ハイパー・アイランドがデザインだけを教えていると思っているなら、それは間違いです。たしかに学ぶことの一つではあるけれど、ハイパー・アイランドで学ぶことの重要性は集団力学にあります。

実際に一線で活躍している人々を講師として呼び講議が行われるというのは、とてもエキサイティングなことでしょうね。先生達のと関係はどうですか?

例えば、スカンジナビア航空のリ・デザインについてや、いついかなる状況でアブソルート・ウォッカのコマーシャル制作が進行していったかなどの話を聞くのは贅沢なことだと思います。ニューメディア産業だけでなく、様々な分野で最高の仕事をする企業から人々を迎えています。もちろん先生たちとコンタクトをとっていますし、大抵先生たちは学校に関係するしないにかかわらず、どんな質問にも喜んで答えてくれます。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE