第3回ファッション・ブエノスアイレス

HAPPENING

第3回ブエノスアイレス・ファッション・ウィーク(BAF week)が、4月22日から25日にかけて煌めくアルゼンチンの首都で開催された。このファッションイベントはルーラル・ソサイエティーの歴史ある建物で開催され、会場は若々しく目新しいデザイナー服で彩られた棚で埋めつくされた。アシスタント、お客、バイヤー、デザイナー全員がクールでトレンディなファッションという符号を共有した。


足を踏み入れるとまず目を引くのはスクリーンに写し出されたファッションショーのシーン。イベント主催者とスタッフの決断は成功したようだ。このイベントは2001年1月にパンパ・グループがスポンサーとなって誕生した。二人の若き企業家のパートナーシップであるパンパ・グループは45人のデザイナーを参加させた。このイベントの目標は冬の新しいアルゼンチン・トレンドを紹介して「世界に向けたキャットウォーク」を呈することだ。ショールームを用いる事で一般の人とデザイナーの服とに親近感を湧かせた。パンパ・グループのディレクターの一人ピラー・カレガリーは「ブエノス・アイレスをデザイン世界の中心の一つとして位置付けるためにBAFウィークは努力している。」と述べた。

エステベコレーナ・ブラザーズのデザイナー、ザビエル・エステベコレーナは語る。「BAFプロジェクトは我々と供に成長し、我々はパンパ・グループとも大変良い関係を築いてきた。というのも彼らは参加者の意見をよく聴き、アイディアをまとめようと努力してくれるからだ。」
シンプルなHEのイニシャルを付けたメンズクローズのデザインを手掛けるこの兄弟は子どものころからデザインをすることに興味を覚え、物をつくったり大工仕事をしたり紙でアート作品をつくったりした。「我々の最大の仕事は新しいものを見つけだして全てを綿密に観察したことだ。」と彼らは言う。彼らは父親の製錬工場で働き、その後自宅の裏に自分達のグラフィック&インダストリアル・デザイン室をつくった。

ブエノス・アイレス大学でテキスタイルを学び、最近では「表現媒体」について教えているザビエルが語ってくれた。「我々はふだん決定されるものとは異なるコンセプトを持っている。コレクションは作らず、一作品ごとに独立したものを開発し、人々の好みに応じてそれを発展させたり消滅させたりする。我々の興味は人間の体の形、人体測定にあるのだ。」
エステベコレーナ・ブラザーズは世界進出を狙っている。「我々の服は大都市に住む人々のためにある。二つの半球に向けて暖かな服、そして涼しい服を日々つくり続けている。」

この度のBAFが提供したものは様々で、スタイルの多様性は本来的な素材やテクスチャーの融合を生じ、様々
な組合わせを生んで会場にとりどりの風景をかもし出していた。衣服を提案するだけではなく彼らの思想も提案しようとしていたので、多くのデザイナーが大きな賭けをし、彼らの幾人かは大胆すぎる試みをした。ゆえにキャットウォークには無表情な陶器の人形、黒いスーツに身を固め人格をなくした者、きびきびした動きの陳腐なヒーローたち、ゴシック風の細かいマクラメ刺繍が施された現実の国のアリスたちの姿が見受けられた。一方でヒッピーと古き良き時代のロマンティックな雰囲気を織りまぜたような色使いの作品も発表されたことで、わずかながら幸福感も表現されていた。なかには何の目的も脈略もなく、まるでビクトル・ユーゴーの乞食のように舞台を歩き回る狂人たちもいた。これらの徘徊者は時代の貪欲さに飲み込まれたカフカの登場人物のように見えた。

このようなイメージの羅列は「留まるべきか、進むべきか?」という現在のアルゼンチンのデザイナーの分裂を反映している。それぞれ彼は、現在の居場所を去らずに前進することはできないかと模索しており、必然的に新境地を開拓するような多様な賞を用意したり宣伝活動をして国際展開する道が選ばれた。
エステベコレーナ・ブラザーズはすでにアメリカのショップで売り出している。ローレンチオ・アドットはマイアミに事務所を準備中。さらにヨーロッパ、中近東、カナダからの申し出にも前向きに検討している。パブロ・ラミーレは2003年の春-夏コレクションを輸出したがっている。それぞれが自分達の無限の創造性に基づいて留まる可能性がひらけるのを心待ちにしている。
ショーでは多くの疑問が浮かび上がった。例えばナディーヌ・ゾロトゴーラのファッションショーでは舞台が狂人病院か孤児院のようで、みんなが逃げ道を探していた。パブロ・ラミーレの作品の最後には白いドレスを来た女性が登場するが、彼女は花嫁ではなく彼が切望していた失われた共和国という設定だ。

「BAFは多くの事が可能であると証明した。まったく奇跡のようだ。」とデザイナーの立場でラミーレは語る。彼は1994年にアルパガータ・コンテストで最優秀賞を受賞してプロデビューした。その後デザインを勉強するためにパリに移住。彼のファッションへの情熱は幼稚園の時にすでに発揮されている。描く人すべてに帽子をかぶせていたのだ。「今回のショーでは偉大な共和国というものを表現したかった。アルゼンチンらしさを復活させたかったんだ。モデルたちは我が国のヒーローに扮して、国旗の色をしたダイアモンドを額に飾った。国のシンボルを宝石にしたかったんだ。我々の宝を思い出して欲しかった。このアイディアは前から自分の中に存在していたけれど、ずっと気付かなかった。たった一ヵ月で今回のコレクションをつくったんだよ。」

スペイン移民のローレンチオ・アドットはノスタルジックな内省を通して状況を考える道を選んだ。その結果「愛されるブエノス・アイレス」というコレクションができあがる。世界的に活躍するこのデザイナーは「ロマンチシズムで自己の平静を模索する女性」からインスピレーションを得たと言う。アルゼンチンの「ベル・エポック」黄金の快楽時代をメランコリックに解釈した。彼のコレクションが示すのは「自分の性を怖れない洗練された女性の素晴らしいストーリ-」だ。アドットは革と黒に重点を置き、光で遊びをつくってユーモアを出したと語った。彼は圧倒的な情熱というものが大好きだと言う。「このコレクションは力強い仕立て方をしている。つややかで光沢のあるファブリックを用いたブラウスやカクテルスタイルを復活させた。スパニッシュスタイルの丈の長いロマンティックなスカートなんかをね。今シーズンは革服がメイン。オートクチュールとプレタポルテ、子どもっぽいレースと自分自身の過去の思い出とをミックスさせたのさ。」
アドットはセレブとエンターティナーという特殊なターゲットに焦点を当てているが、今シーズンはもっと軽いスタイルに方向転換することにした。「まともに取り合ってもらえるほど有名にならなければならないと教わってきたけど、それは真実じゃない。自分自身でいることが大切なんだ。」アドットにとってBAFのもっとも重要な点はそのエネルギーだ。「現在のファッションショーが太った女性のためにあるのでないという事を人々はとうとう理解したね。これでやっと国際的になった。」

イベントが開催されるようになって、ある種の楽観的な考えが発生するようになった。「沢山の企業がみんなの間に入っているんだ。」とアドットは言う。「僕達は新しいストーリーをつくり出そうとしている。しなければならない事はまだ沢山あるけれど正しい方向に進んでいるんだ。」
ラミーレの新しいコンセプトにも同じような考えが見て取れた。「愛国的なヒーローやリーダーたちの夢を子どものように僕はもう一度みている。」と彼は語る。「僕らは行動を起こす事で革命をおこしている。ここに留まって信念をもたなければならない。」このイベントについてエステベコレーナは「素晴らしいチャンスだ。最高であるとともに最低の時でもある。というのは経済状況があまりにも悪い一方で技術の高さや 人間の可能性は莫大だから。お互いに協力すれば大きな事を成し遂げられる。」と言っている。
共通の進むべき道を探しだし、情熱と希望を持って各々が知っている事をする必要があるという点でみなの意見は一致している。昨今のファッションデザインは創造力を働かせ芸術的な作品を送り出す場所だ。「我々のもとに初めてやってくる人々は驚くんですよ。アルゼンチンについて特にブエノス・アイレスについて語る事が山ほどあるんですから。」と大きな笑みを浮かべてザビエルは言った。

小規模なところでは多くのデザイナーがブエノス・アイレスを作品展会場に選ぶ。すべての人間が大規模なイベントだけに注目しているのではなく、控えめなものも探している。このような動きのいくつかはノマド・ブティック(商品をかかえて場所を移動するデザイナー集団)やブエン・ディア・フェスティバル(ミュージシャンやファッション・デザイナーを結び付けたオープンエアの複合空間)やイースト・ウェスト・スペース(学生を含め新しいデザイナーを紹介。)などがそれぞれ活動した成果だ。

大学教授でイースト・ウェスト・アート&デザインの創設者でもあるグスタボ・レントはこう説明した。「これらのあまり有名ではないイベントの目的は、グループの一員になり、自分達をデザイナーに押し上げる共通の力を開発する強さを身につけることにある。」

第3回ブエノスアイレス・ファッション・ウィーク
会期:2002年4月22日〜25日
会場:La Pampa 2895 Piso 30
住所:Ficina H CP.C1428EAY, Buenos Aires, Argentina
TEL:+54-4784-3205
info@bafweek.com
http://www.bafweek.com

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Eriko Nakagawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE