ピート・ファウラー

PEOPLE

大人でもついつい集めてしまいたくなりそうなユニークなキャラクターを、独自の世界「モンスタリズム」や「ファウラリズム」で作り出しているロンドンのイラストレーター、ピート・ファウラーが、サイモン・パイクと共に今月のカバーデザインを手掛けてくれた。
日本企業とのプロジェクトも多くこなし、大阪のアパレルブランド「サタンアルバイト」のデザインを手掛けるなど、これから増々彼のテイストに触れる機会が増えそうな嬉しい予感がする。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

ピート:フリーのイラストレーター、アーティスト、モンスターメイカーとして活動しているピート・ファウラーです。私の会社、PETE FOWLER LTD.として主にイギリスと日本で活動をしています。クライアントはソニー・クリエイティブ・プロダクツから「SUPER FURRY ANIMALS」までと幅広いです。私のバックグランドも元はファインア-トで、現在働き、住居を構えるロンドンに引っ越してくる前は、自費出版をした漫画「SLOUCH」を含む色々なプロジェクトに関わってきました。

サイモン:サイモン・パイクです。2年前「BROADSNOUT」というデザイン/プロダクションカンパニーを設立し活動しています。今はウェブデザインからテレビのアニメーションまで、あらゆることに挑戦しています。私のバックグランドは、ファインアートです(ピートとは1989年にアートスクールで出会いました)。そして現在は、BROADSNOUTの運営と主にガラスで作られたエキシビジョン用の作品の制作をしています。

今月号のカバーデザインですが、何をイメージしてデザインしましたか?今回のデザインで苦労した点、特にお気に入りの点を教えて下さい。

ピート:私もサイモンも、何かシンプルで遊び心のあるインタラクティブなものを作りたい、と思いました。そこで私達は、ある一つのキャラクターとそれが作り出す動きに集中することにしたのです。このキャラクターは「HAPPY EXECUTIONER」と呼ばれる以前制作したキャラクターがベースとなっており、HAPPYの子供バージョンで「BABY EXECUTIONER」といいます!可愛さもあり、小悪魔的なキャラクターになってほしかったですし、また見る人たちがそれで遊んでくれるようなキャラクターになってほしいと思いました。アイデアのシンプルさと、サイモンが解決しなければならないコードに関するチャレンジにぶつかった時に難しさを感じました。

またカバーは、ピートのFOWLERISM.NETMONSTERISM.NETも一緒に手掛けたサイモン・パイクとの合作だと聞きましたが、サイモンの紹介と、共同作業ということで、どのようなプロセスを踏んで制作にあたりましたか?

サイモン:ピートと私は、卒業制作発表会の作品を共同制作する等、アートスクール時代から多くのコラボレーションを行ってきました。ピートにファウラリズムを作ってみないか?というアイデアをもちかけたのは、私の修士号取得の為のファイナルプロジェクトのためでした。それが私が手掛けたフラッシュを使った初めてのプロジェクトでしたし、成功に結びつけることが出来ました。私達は仕事をする上でとても良い関係を保っていますし、クリエイティブな過程において発展出来るアイデアも持ち寄っています。今回このカバーデザインを制作するにあたって、ピートには真っ白な背景にキャラクターを置きたい、というアイデアがありました。そこからは、キャラクターをどうにかしてコントロールする為のインタラクティブな要素を発表しているのは明らかだと思います。しかし、このコントロールをランダムにし、若干ふざけた感じを残したかったのも確かです。このようなアニメーションによって補うことの出来る現実的なエレメントが、ピートのキャラクターの中にはあると思います。キャラクターの全ての動きはフラッシュのスクリプトによって作られました。これはファイルサイズの点においてデザインの軽さをできるだけ保ちたかったからです。

ピート:私達はお互いにお互いの作品をとてもよく理解していると思っています。だから一緒にコラボレートすることにも居心地の良さを感じますし、作品が逆流し始めたり、クリエイティブな過程の中で私達の間を行ったり来たりすることで、プロジェクトも組織的に成長していきます。
ラフなスケッチブックやストーリーボードからアイデアが生まれることがよくあります。そこから私はイメージをイラストレイターで用意してサイモンに渡します。その作品がフラッシュに移されると、制作過程においてどう作品が発展していくか、どのようなアイデアを追加させていくことができるかについて話し合います。

サイモンは、個人では他にどのような仕事/プロジェクトをされていますか?

サイモン:BROADSNOUTとして最近は、色々なプロジェクトを手掛けています。THE SUPER FURRY ANIMALSのDVD「RINGS AROUND THE WORLD」に、RECEPTACLE FOR THE RESPECTABLEはピートと、そしてSIDEWALK SURFER GIRLというフィルムを2本制作しました。FLEXTECH TELEVISION用のSCRABBLEというオンラインゲームを作る為に、フューチャー・サウンド・オブ・ロンドンと仕事をしたりと、おびただしい数のウェブプロジェクトに関わってきました。共同的な仕事、プレゼンテーション、インターフェイスデザイン等も多く手掛けています。

ピートが作り出すモンスターは、どこか人間味があり、子供だけではなく、キャラクター好きの大人達にも受け入れられる親しみさがあると思います。その点についてはどう思われますか?またモンスターにこだわる理由は?

ピート:私のモンスターについて小さな子供からお年寄りまで素晴らしいフィードバックをいただいたことがありますが、私には特別なオーディエンスというものがいないので、私の作品が大人にも子供にも受け入れられている、ということが聞けてとても嬉しいです。幅広い世代に私の作品を親しんでもらうことが夢です。そのためにモンスターには人間らしい要素と性格を取り入れていますし、それらのキャラクターは皆さんにも身に覚えのあるものだと思います。

キューブから販売されている、玩具プロジェクト「モンスタリズム」について教えてください。どのようなプロジェクトですか?

ピート:このプロジェクトの話は、東京のギャラリー・スピーク・フォーで行われた、私の3D作品のプレビューパーティでソニー・クリエイティブ・プロダクツのスタッフの方とお会いした時に持ち上がりました。このプロジェクトから生まれた最初のリリースはザ・ワールド・オブ・モンスタリズム・フィギュアズvol.1です。これらは2つの異なった色彩の中に7体のキャラクターが入っています。フィギュアの背後にあるアイデアは、各々が分解、解体でき、パーツを他のフィギュアのパーツと交換しながら自分だけのキャラクターを作れる、ということです。組み合わせの可能性が多い、ということになります
モンスター各々にインフォメーションカードがついており、それが持つ性格やバックグランド、場合によってはそれが好きな音楽について等ちょっとした説明がなされています!
ちょうど今、日本とイギリスで vol.1.5がリリースされたばかりです。vol.2は夏にリリースされる予定です。また、ソフトビニ-ルでできた大きめのフィギュアのリリースも近い内に迫っています。これはザ・ワールド・オブ・モンスタリズムに関係したものでもあり、このワールドに住んでいるキャラクターでもあります。私はこのプロジェクトを、私が手掛ける他のプロジェクト(コミックストリップ)が似たようなアイデアやキャラクターを中心に思案するように、私の世界を世間に紹介するひとつの方法だと思っていますし、私のクリエイティブな想像のコアな部分を形作るものだと思っています。

ファウラリズムのサイトでも、イキイキとしたモンスターを見い出すことができます。そしてこのサイトでは、玩具プロジェクト「モンスタリズム」同様、ユーザー自身がオリジナルのモンスターを作ることができるようになっていますね。このサイトについて教えていただけますか?こちらのサイトもサイモンとの合作なのですよね?

ピート:ウェブのインタラクティブな面とアニメーションに興味があるということが、私とサイモンの共通点です。そういう訳でファウラリズムネットでモンスターを作るということは、私達のコンセプトのスタート地点を見た時のようなものなのです。このサイトは、私にとってもサイモンにとっても初めてのフラッシュを使用したプロジェクトでしたし、だからこそウェブ上の他のサイトとはひと味違ったものを作りたいと思いましたし、アニメーションで作られたフォーマットでの私の作品のフィーリングを保ちたいと思いました。このサイトに対して沢山の人が興味を持ってくれました。それに伴いモンスタリズムネットを立ち上げよう、ということになったのです。このサイトでは私のアート作品、おもちゃ、サイモンとのコラボレーションによる作品をフィーチャーする予定ですし、オンラインショップでは私が制作、デザインしたグッズや製品が売り出される予定です。

アート・カプセル・トイ・プロジェクトへの参加等、最近では日本でもその活動の場を広げていますね。サタンアルバイトというブランドを立ち上げたようですが、それについて教えて下さい。

ピート:サタンアルバイトは大阪で生まれた服のブランドで、この2、3年の間、活動を共にしています。最近では支店も東京、仙台、札幌にオープンしました。私が手掛けたデザインは、主に彼等が行うプロジェクトに関するプリント、ロゴ、テキスタイルパターン、プロモーションアイテム、イラスト、ショップのペインティング等です。彼等は国際的なアーティストを招いて、ライブバンド、DJ、ライブペインティング等をフィーチャーしたイベントを大阪で行っており、時にはお客さんが2000人に及ぶこともあります。私は最近、水木しげるさんとTシャツを3枚手掛けたのですが、これはサタンアルバイトでリリースされる予定です。

タイムカプセルプロジェクトは、これもソニー・クリエイティブ・プロダクツによるプロジェクトなのですが、私の作品がジェームズ・ジャービス、ジム・ウッドリンググルービジョンズ等の隣に展示されることに、このプロジェクトの興味深さを感じました。ガチャガチャの様にグッズを獲得する方法は大好きですし、自動販売機の中にある私の作品を見て感激しました。

クリスマスプレゼント用のスクーターにもペインティングを施したりしていますが、プロジェクトによってデザインをする上で何か違いはありますか?

ピート:プロジェクトの内容が違っても、私は同じ情熱とやる気でそれに取り掛かりますし、オブジェクト各々を新しい「キャンバス」として見ています。スクーターの様なものをペインティングするが大好きなのは、それが私の作品に対して新しいチャレンジをもたらせてくれるだけではなく、私に常に興味を持たせてくれるからです。紙とペンをもって仕事をするのが私の幸せでもあるのですが。

日本についてはどう思っていますか?

ピート:私にとってリッチなクリエイティブカルチャーがある、と気付いた時から、日本という国に興味を持ち始めました。新しいものと古いものとの間に起こっている衝突が大好きですし、それらがクリエイティブ的に使われた時のミクスチャ-を楽しんでいます。その見た目、コンビニでも銀座のお寿司屋でもそれが出てくる場所等、日本食からもインスピレーションを受けています!日本のクライアントと仕事に何かしら楽しさを覚えていますし、ここには存在しませんが、日本にはグラフィックイメージの長い歴史がありますし、日本人の皆さんもこのメディアを居心地の良いものととらえ、もっと楽しみたいように見えます。また、日本でおもちゃを制作することももちろん、私にとってはユニークな出来事です。と言うのも、同じことをイギリスでやろうとするには、いろいろ難しいことがからんでくるからです。日本のクライアントは常に何か違ったもの、面白いものをプロジェクトにのせて持ってきてくれますし、私もこれからも参加し続けたいと思っています。

現在進行中のプロジェクト、またこれからの予定を教えて下さい。ピートとサイモンによる新しいコラボレーションの予定は?

サイモン:ゲームや月毎のフィーチャ-を織りまぜながら、モンスタリズムをメジャーなウェブの存在として作り上げていく予定をピートと立てています。それ以外では、私達がコラボレートできる沢山の機会があるだろうと確信しています。

最後にシフトの読者にメッセージをお願いします。

ピート:何か制作する時は、あなたらしくいることです。

Pete Fowler
住所:8-10 Rhoda Street, London E2, UK
fowler.p@virgin.net
http://www.monsterism.net

Simon Pike
住所:Lana House, Studio 101, 118 Commercial Street, London E1 6NF, UK
simon@broadsnout.com
http://www.broadsnout.com

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE