AUTOPHENE

PEOPLE

今月号のカバーデザインを手掛けてくれたのは、今年の1月から活動を始めたばかりの新デザインユニット「AUTOPHENE」の安藤佳史。相棒のトリスコーシローが主催する、ホッペの「スマイルポストカードプロジェクト」にも作品を提供し、その発売も目前に控えている。春は新しいことが次々と始まる季節。彼はどのようなスタートを切るのだろうか?


ご自身のバックグランドも含めて自己紹介をお願いします。

安藤です。アートスクール卒業後、旅をしてました。今年の1月からAUTOPHENEという名前でトリスコーシローと一緒に活動しています。

アメリカに留学していたそうですが、アメリカでアートを学んだ中で一番大きな収穫は何ですか?

まず、デザインにおいて明確なコンセプトを持つということです。作品について自分なりの理由付け、考えをはっきりとさせたうえで製作にとりかかることは非常に重要であるということを学んだと思います。

あとこれは、収穫かどうかはわかりませんが、自分が生まれ育った国を出てアメリカに限らず海外の国でしばらくの期間生活する事は色々な事を発見する良い機会だと思います。

日本ではなく、アメリカでアートを学ぼうと思った理由は何ですか?

日本、または他の国のアート、デザインを感覚として掴むには自分の生まれた場所で感じるよりも多くのことを得られると思ったからです。実際に日本では気付く事のなかったような事などを客観的にとらえることができたと思っています。それと、良いか悪いかは別にして競争社会の中で物事をとことんつきつめるやり方を学んだ事は、今活動する上で役にたっているかもしれません。

そこでAUTOPHENEでのパートナーでもあり、「スマイル・ポストカード・プロジェクト2002」の主催者でもあるトリスコーシローさんと出会ったのですよね?出会いについて教えてください。

偶然、同じクラスでした。彼の持っていたコンパスのセットが、かっこよかったので話かけたのがきっかけです。

「スマイル・ポストカード・プロジェクト2002」について教えて下さい。

スマイルポストカードプロジェクト2002は、去年の11月からはじまったもので、簡単に言うと約50人のアーティストのポストカードをパッケージにして販売するというものです。自分達も社会に属する者として困難に直面している人々に対して少しでも何かできることがあればと思い発足しました。 その収益は、印刷代などの諸経費を除いた利益80%を恵まれない女性や子供達、難民避難民を支援している団体(ユニセフ、日本赤十字など)に寄付します。 後の20%は、私達フリーのデザイナー、アーティスト達で運営されている非営利団体「ホッペ」の広報や次回のプロジェクトの為などに使われます。

安藤さんがこのプロジェクト用にデザインされたポストカードも、近未来的で、色鮮やかでファンタジックな作品です。どのような思いを込められてこの作品を作りましたか?

私の近所はこんな感じです。

AUTOPHENEでの活動についてお聞きします。スマイル・ポストカード・プロジェクト以外に、現在手掛けているプロジェクトはありますか?

現在、AUTOPHENEのウエブ製作に取りかかっています。4月初旬~中旬ごろには体裁が整えらるかとおもいます。今年の1月に活動しはじめたばかりなのでこれからという所です。

今回のシフトのカバーは、何をイメージして、どのように作られましたか?

コマーシャルでない個人的な作品は自分の経験をもとにした物になります。人が見ても何の意味の無いものでも私には意味があるのですが、それを言ってしまうと見る人がつまらなくなってしまうのではないかと思っているので明かしません。

今後の活動予定について教えて下さい。

今のところ、先の事は詳しくは決めていませんがグラフィックデザインを中心にアニメーション制作等行っていく予定です。来年の頭をめどに現在の活動拠点から他の都市に移転する予定です。場所等まだ決まっておりませんが自分達の活動において快適な環境を得られる所を探しています。

最後に、シフトの読者にメッセージをお願いします。

インタビューを読んでくれてありがとうございました。あなたの街に行く時は連絡します。YIPEE! FEINMOTORIK!!

AUTOPHENE
info@autophene.com
http://www.autophene.com

Text: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE