NIKE 公式オンラインストア

フランセスコ・ベッゾーリ展

HAPPENING


アートフォームとしてのフィルムは、真意がはっきりしないようなディスカッションのための題材のようなものである。あるいは、フィルムは、今日の近代的な日常において、広く受け入れられているアートのフォームである。いわゆるアーティストという人たちがフィルムをアートとして認めるのを気嫌う理由はここにある。

ビル・ヴィオラやギャリー・ヒルのような多くのアーティストは、フィルムを(あるいはビデオか、両方を)芸術作品製作の術として活用している。彼等のようなアーティストの多くは、フィルム、ビデオ、そしてアートの狭間にあるラインを不明瞭なものにしている。

初のアメリカでの上映では、ニューヨークのニューミュージアムで5本のショートフィルムを発表したイタリア人アーティスト、フランセスコ・ベッゾーリ。彼は一番最近のベニス・ビエナーレに参加したことで国際的に名の知れたアーティストである。

ギャラリーの中に足を運んでいくと、赤いベルベットのカーテンで囲まれている見物客が目に入る。カーテンとカーテンの間には円柱があり、それには見物客が個々に楽しむことができるスクリーン・ステーションがついている。

これがフィルムアートなのだろうか?しかもアートって何だろう?芸術作品をオブジェクトとして考えない方がいい。しかも経験の為の引き金としても考えない方がいい。『アートとは、発生するものであって、それ自体が経験であり、質ではないのだ。』と、言ったのはイギリス人ミュージシャン、ブライアン・イーノである。

これはもしかしたら、私が今まで聞いた中で一番包括されたアートについての定義かもしれない。と同時に、この定義のおかげで多くの問題を解決できるし、フィルムはアートか?とか、パフォーマンスはアートか?等の言い争いを繰り広げなくてもよくなるのである。

アートフォームとしてのフィルムを明白にするこの定義がある限り、フィルムはアートギャラリーにある様な良いアートにはならないのである。

このニューミュージアムのようなフィルムを座って楽しむギャラリーは、私の個人的な意見として、成功という言葉とは、かけ離れている。特にフィルム作品が簡潔な始まりと、終わりを持っていた場合(ほとんどのフィルムには始めと終わりはあるものだが)、そのギャラリーはギャラリーとしての効力が減るし、映画的なセッティングと同様に見物客はばらばらと行き来を繰り返すのだ。

ベッゾーリのフィルムは、アートのフィールドでは、大変な喝采を受けたのかもしれない。しかし芸術評論家には「アート」として考えてもらえない、フランス人のデュオ、ジュネット&カロの「ザ・シティ・オブ・ロスト・チルドレン」のようなフィルムは、体験するよりずっといいものだ。もし体験、経験がイーノがそうしたようにアートを定義したら、それがアートを生み出すことになる。アートギャラリーは、アートを生み出すものでも、定義するものでもないのだ。アートを定義する作品によって作られたものこそが、経験なのである。

私はソファーに寝転がり、DVDを入れてフィルムを鑑賞する方が、ギャラリーで居心地悪く座りながら、「アート」と言われるフィルムの謎めいた意味を解読しようと試みるよりも好きである。

Films of Francesco Vezzoli
会期:2002年2月12日〜4月21日
会場:New Museum
住所:583 Broadway New York, NY 10012 USA
newmu@newmuseum.org
http://newmuseum.org

Text: Rei Inamoto From Interfere
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE