ドメスティコ ’01

HAPPENING


アイデア的には新しいわけではないのだが、冷たく無菌状態のようなギャラリーのような、いわゆるアート作品がありがちな所から、もっとパブリックに密接したところでそれらを展示するのは、また違った面白味があるものである。ドメスティコは、昨年、ギリエッタ・スぺランザ、バージニア・トレンテ、そしてアンドレス・メングスによって生み出されたイベント。最初の会場として選ばれたのは、マドリットの中心部にある古いアパート。部屋が7つ、それに台所とバスルームが2つあり、10人のアーティストが、“ドメスティック”コンセプトを含むオケージョンの為のある特定のプロジェクトの活動の場として利用していた。昨年は計30万人の人が訪れた。

そして今年、ドメスティコは同じマドリッドの中心部でありながらも、かつてパイロット養成学校だった古い校舎に移転した。セカンド・エディションの場としては最適の場所であり、テオドーラ・ダイアマントポロスとの合併も重なった。9人のアーティストが作品を提供し、“知識”というコンセプトの下、イベント用の作品も制作した。

昨年の12月15日がオフィシャルオープニングであり、会場は満杯。作品を見ようと部屋の前に長蛇の列が伸び、何処へ行ってもウォッカの匂いが立ちこめていた。ロジェリオ・ロぺスの作品、マパムンディは階段の踊り場で展示されており、ビジターの私達が最初に目にする“ドメスティック”である。マイダー・ロぺスは数学の問題と主に作品を発表。計算問題が会場の至る所で発見することが出来た。テレ・リカレンスは、ドメスティコへのコントリビューションとして、イーグル族の住居と同形のテントを制作した。糸で吊るされた時計がちょっとずつ分析して行く、という作品はミギュエル・ロレンテのもので、私達が実際にオペレーションを目撃できるビデオとの合作である。

カンパニーラの部屋に入るためには、ナンバーを所持することが必須。彼の作品「ミュージアム・オブ・ホラー」は期待できる内容だ。オリジンが異なるオブジェクトは、扇動的でありショッキングなものである。アリシア・マーチンの作品の特徴は、よく本を使うことであり、今回のエキシビジョンでは、「ダイスレクシア(失読症)」という題名がついた、屋根からこんこんと吹き出す知識の滝を制作。ユアン・アルデアーノのビデオでは、絶えまなく続く人々の雑踏を描写。部屋の屋根から、次々と泡が溢れ出てくる。彼のこのアプローチは、つかの間のはかない幸福か、あるいは本物の幸福かは明らかではないが、それを循環するものを示唆している。インタラクティブ・サウンド・インスタレーションは、ジーザス・パロミーノによるもので、今年のドメスティックのオファーを受けたヨーグ・バーブから提供された象をピクトグラムしたものである。

このような作品だけではなく、3年間という限られた時間が終わる2002年の3月までに、ドメスティコは、パフォーマンス、エクスぺリメンタル・ミュージック、演技劇、ビデオ等のような、また違った活動を提供し続けるだろう。

オープニングで見受けられたように、昨年の入場者数である30万人を今年が上まることは確定である。もし、展示室の部屋の壁に口があるのならば、以前は現在のように、興味を持って気付いてもらえなかったことについて文句を言うに違いない。

ドメスティコ
会期:2002年3月
住所:c/ Ventura de la Vega, 9 1′ D. Madrid. Spain

Text and Photos: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE