24HR

PEOPLE

今月のカバー・デザインは、スウェーデンのニューメディアデザインスタジオ、24HR。1996 年に設立されて以来、ウェブサイト、ゲーム、グラフィック、ミュージックビデオ、CMなど、他方面において精力的に活動を広げている。2001年の“エクセレント・スウェディッシュ・デザイン・アワード”にも選ばれた 24HR。その活躍は、2002年も目が離せない。


自己紹介と、24HRが設立されるまでのバックグランドを教えて下さい。

オフィスをシェアしながら3人で仕事を始めたのが1996年でした。当時、リッキー・ティルブラッドが、主に音楽業界を中心に、F+というデザイン・エージェンシーの名を広めていた時でした。24HRもゲームの開発や、ウェブサイトなどのインタラクティブ・メディア・ソルーションに携わっていました。一番最初に参加したジョイントプロジェクトが評価され、いくつかのナショナルアワードを頂くことも出来ました。“実際に使用可能なカッティング・エッジ・デザインである”などといったコメントも頂きました。それ以前というのは、ウェブを作るトラディショナルデザイナーの数はとても少なく、私達が協力して仕事を始める絶好のチャンスだったと思います。いくつかプロジェクトを成功させて行くうちに、才能あるスタッフを加えてF+と24HRを合併しよう、という結果になったのです。

現在進行中のプロジェクトを教えて下さい。

H&Mやソニーミュージック・スウェーデンなどのクライアントとの、トラディショナルデザインを交えたプロジェクト、巨大なフラッシュサイトを用いたバクスターの最新アルバムのコンセプト、カバーデザインなどを行っています。

作品制作を行うにあたって、どこからインスピレーションを得ていますか?

私はインスピレーションと共に生まれて来たと思っていますが、強いて言えば色鮮やかな飲料水や日本のデザインブックなどは強い見方です。

ウェブデザインで一番大切なことは何ですか?

クリエイティブな気持ちを持ってデザインをすることです。テクノロジーに関する知識も大切ですが、少なくとも同時期にすぺてのオプションを使わないようにすることだと思います。

デザイン、エクスプレッション、インタラクティビティが、常に24HRの中心にあるそうですが、この3つは、24HRにとって何ですか?

これは、私達の作品の中に心臓と内臓を持つことについての質問だと思っています。だから私達は、私達がすべきことを選択するのです。これは私達にとって大きな利点であり、頭を悩ませる点でもあります。

クライアントやコミュニケーションエリアが多種多様なタイプでも、常に意識されているのは、デザインへの純粋な興味だそうですが、それについて教えて下さい。

プロジェクトに対する私達の興味は、コミュニケーションチャンネルにかかわらず、“これは何だ?”という疑問から発生するものです。“メディア・ナチュラル・デザイン・エージェンシー”という言葉が、 24HRを描写する一番正確なものと言えるでしょう。私達は、私達が作り出すデザインでクライアントを満足させることができる、と確信しています。クライアントからは主に、コマーシャルやパッケージデザインの依頼を受けます。

スウェーデンで活動することについてどう思われますか?

スウェーデンは寒くて、じめじめしていていますが、女の子がきれいで、でも全体的にはいい所です。クリエイティブのレベルはかなり高いと思います。このレベルの高さが、私達の作品への基準を作っていると思います。

今月号のシフトのカバー・デザインを制作するにあたって何をイメージされましたか?

リッキーは現在、幼稚園で働いているのですが、そこでの経験と、スウェーデンの漫画、アニメのフィギュアーは純粋にシフトの読者を楽しませてくれると思います。

日本についてどう思われますか?

日本と言えば、寿司!大好きです。あとは日本のデザインも大好きです。残念ながら、私達の中の誰も日本に行ったことはありませんが、私達のオフィスは“リトル・アジア”という所にあります。近い内に日本に行ってみたいです。

今後の活動予定と読者へのメッセージをお願いします。

リッキーはバクスターとツアーの計画にとりかかるでしょうし、 24HRとしては休暇を取りたいと考えています。来年からは、ベスト・デザイン・エージェンシーの一つとして、私達のポジションを更に強化していきたいと思っています。

24HR
住所:Luntmakargatan 68A, SE-113 51 Stockholm, Sweden
Tel: +46-8-442 97 50
info@24hr.se
http://www.24hr.se

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE