W.M.E.V.V.J.

THINGS


オランダ人アーティストでファッションデザイナーのサイモン・ドゥボーが古代キニク学派の長をモチーフに、新作「ラグズ」を発表した。ブランド名は「W.M.E.V.V.J.」。意味は「自分自身の主人、そして創造者であれ」というニーチェの言葉の引用だ。W.M.E.V.V.J.は店鋪をもたず、商品を売る拠点ももたない。予期せず様々な場所に現われては消える。古代キニク学派の哲学者たちの存在や思想にインスパイアーされたのだ。W.M.E.V.V.J.は現代社会の生活様式の意味を再定義しようとしているのだ。

キニク学派の哲学者達は、約紀元前445〜365年に活躍していた。道徳的に生き、また自然に従って生きる事は幸福を達成するのに必要不可欠だと彼らは考えた。富や社会的地位という慣習的な価値観を軽蔑し、彼らの考えでは自然に従って生きる事にそれらは反するのだ。キニク学派は哲学としてきちんと組織される事はなく、学術というよりも生き方である。W.M.E.V.V.J.の作品の中で再生されたキャラクターの一つにディオゲネスがあげられる。

ディオゲネスは、キニク学派の哲学者で、キニク学派の長アンティステネスの使徒となった。ディオゲネスは師匠の原理と特質を受け継ぎ、野心を放棄し、金持ちや名誉を持つ人を軽蔑し、贅沢を避難したことで有名だ。粗末なマントを着て、財布や荷物を持ち歩き、人の玄関や公共の場所を訪れ日々の糧を得ていた。

W.M.E.V.V.J.スタイルブック。W.M.E.V.V.J.は、カタログブックを作っているので、請求することも可能。この「スタイルブック」と呼ばれるカタログブックは、W.M.E.V.V.Jのニュー・コレクション「ラグズ」の核となるもので、キニク学者達の話やW.M.E.V.V.J.の新作「ラグズ」の作品が活き活きと紹介され、本の中では「ライフスタイル」の再定義が試みられている。幸福、健康、エロチシズム、美、成功などというものがほとんど存在しない洗練された世界とライフスタイルというものが今日同義語となりつつある。マスメディアが絶えまなく新たな流行、トレンドを作り出そうとして、ライフスタイルは多くの消費目標に支配された。

このニューコレクションは、極めて実用的で様々なテーマの章に別れている。

W.M.E.V.V.J.ホームレス:キニク学者たちは他の人が捨てたボロ布をまとっていた。セカンドハンドの服を選び使用する事によって、W.M.E.V.V.J. は、現代のシニシズムを表現する道を見つけた。異なるアイテムが独創的に用いられ、ポケットとコートの一部がバックパックになり、コートの腕部分は新しいコートになり、二着のドレスコートが繋ぎあわされて一つの作品になったりしている。

W.M.E.V.V.J.バンクラプト:キニク学者たちの所有物は、持ち歩けるものだけだ。ある日ディオゲネスは、子供達が手で水をくんで飲んでいるのを見て、迷わず安心して水筒を投げ捨てた。彼は真の自由のために様々な苦しみを味わった。トリビュートとして W.M.E.V.V.J. は、1000ギルダー(500ドル)の本物の紙幣をハサミで切って、堂々たるネックレスを作り上げた。
モットーは「ただ着るために使ってはいけない」。

W.M.E.V.V.J. ファッション:ホームレスの顔が印刷された紙のマスクをつけ、「YESBODY」とかかれたサインボードを持った裸の男がアムステルダム・ダム・スクエアに登場するビデオ。このビデオは本物のストリーキングとその後「猥せつ物陳列罪」、「公共妨害罪」で逮捕されたストリーカーの皮肉なドキュメント作品だ。取り調べを行った警察官の調書には、このストリーカーが古代哲学者に刺激されて行動を起こしたと述べられている。

W.M.E.V.V.J. フレグランス:ディオゲネスは、ハッキリと言っている。「むしろ私は自分の足に香水をつけたい。首や顔につけた香水は空気中に飛んでしまうが、足に香水をつければ自分の鼻で嗅ぐ事ができる。」ディオゲネスの得意中の得意、道義的倫理学だ。「経験という範疇に留まりなさい。」とキニク学者はよく言っており、専門用語「IMMANET(内在)」は、ここから派生している。実際にはまだ存在していないW.M.E.V.V.J. フレグランスという魔法の言葉は、決して日の目を見ないかも知れない。再びディオゲネスに戻るが(彼にとって香水は尊敬をあらわしていた)、何かをしようと心に決めて実際に、やめる事を讃えたのは、ディオゲネスその人である。

W.M.E.V.V.J. バーバリオス:本当の「ファッション」の意味は自己管理されたヒゲ。キニク学者は時には何年も手入れしないでボウボウになったヒゲをはやしていた。特に昨今、ファッションは、アドニスティックな理想を撃ち破るため、混乱しつつも自由な戦略として使われているのかもしれない。

W.M.E.V.V.J. アクセサリー:コレクションのなかで一番ユーモアに富んだおもしろい作品。アジャックス・フットボール・クラブのスカーフと見間違うようなW.M.E.V.V.J. 「ファン」スカーフ。既存の概念を打ち壊すような言葉が書かれたピン、非常にうまく再考案されたフットボールシャツは、どれも2、3のセカンドハンドのフットボールシャツから作られている。


W.M.E.V.V.J. ドレス・リハーサル・ラグ:キニク哲学者の物の見方は、厳しい反発を呼んでいたにもかかわらず、彼らは独特の思想を認知させようと人が集まる場所を探すような真の自由論者達だった。11月29日 木曜日、W.M.E.V.V.J. は、アムステルダムのクラブ・モアで誰でも参加できるショーを開いた。以下の映像は破壊的なアイディアやヌーディスト、現代のキニク哲学者達が集まった、この野蛮な夕べの風景だ。

この「スタイルブック」は、今のところオランダでのみ入手可能だが、海外からの注文が殺到すれば英語版も出版されるだろう。W.M.E.V.V.J.の詳しい情報や上記で紹介した商品注文の可否は、W.M.E.V.V.J.のウエブサイトを調べてもらいたい。新しい「ラグズ」コレクションあるいはスポーツウエアを作り出し、再びW.M.E.V.V.J.が顔を見せるまで長くかからないことを期待しよう。

W.M.E.V.V.J.
www.wmevvj.com
info@wmevvj.com

Text: Bastiaan Rijkers from Lemon Scented Tea
Tlanslation: Eriko Nakagawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE