ドリーム・インタラクティブ

PEOPLE

ブダペストを拠点に活動しているデザイン・カンパニー「ドリーム・インタラクティブ」。最近、ハンガリー国内のトップ10ウェブデザイン・エージェンシーの一つとして選ばれた。ネットジェネレーション・カンパニーとして、ニューメディアを利用するクライアントが必要とする新しいサービスを提供している。2000年の春には、毎日更新される最新ニュースを掲載する、ハンガリー初のインフォメーションに重点においたウェブデザインサイト「イナーシア」を発表。現在、世界をリードするデザイナーの作品を集めたグラフィックアルバム「800*600」の制作に追われるドリーム・インタラクティブ。代表のピーター・ハムザに話を伺った。


自己紹介をお願いします。

ピーター・ギオグニー、ソルタン・レホッシー、ピーター・ハムザです。ピーター・ギオグニーは、オンライン・デベロップメント・エージェンシーである「ウェブドウグプロジェクト」の創設者でもありデベロップメント・デレクターでもあります。また「イナーシャ」の共編者でもあり「800*600」のプロジェクト・マネージャーでもあります。ソルタン・レホッシーは「ドリーム・インタラクティブ」のリード・デレクターで、私達の良きアドバイザーです。
そして私が、イナーシャのチーフ・エディターのピーター・ハムザです。ドリーム・インタラクティブのアートディレクターでもあります。ドリーム・インタラクティブは、ウェブに関するサービスを提供する会社です。この他にも、私はデブレッセン大学でコンピューターサイエンスを学ぶ学生でもあります。主に本の編集を担当してます。

ドリーム・インタラクティブとウェブドウグプロジェクトについて教えてください。

ドリーム・インタラクティブは、1997年に、マーケティングの知識のあるインターネット好きの若者によって設立されたフルサービスの会社です。現在に至るまで“ネットベースのエイジェンシー”と呼ばれながらビジュアルチームとして活動していました。と言うのも、私達は同じ国内でも別々の場所に住んでいたからです。当時はオフィス自体もなく、インターネットを通して連絡を取り合っていました。私達は当時学校に通っていましたし、時間などを気にせずに仕事ができるので、それはそれでやり易かったです。このことで、たくさんのプロジェクトを成功させることができるのに気付きました。現在のドリーム・インタラクティブは、5人編成になっており、そのほとんどがブタペストにある新しいオフィスで働いています。それでもまだ小さいチームですが、私達は常に大量生産ではなく、クォリティーを重視しています。

完璧に新しいオンライン・デベロップメント・ビジネスの運営の方法と共に、ウェブドーグプロジェクトは、2001年に発足しました。綿密に練られたオリエンテントタイプのウェブコンサルティングを提供するこのプロジェクトは、オンラインマーケティングの計画を立てるわけでも、何が最新で何がそうではないのかについて教えてくれるものでもありません。もし、しっかりとしたアイデアとコンセプトがあるのならば、どのような可能性が現在のウェブテクノロジーの技術から、プラクティスに至るまでの転向可能なセオリーに利用できるかを示してくれるのです。


Design by Oliver Niemann

ハンガリーのウェブデザインの本家ともいえるイナーシアができたきっかけは何ですか?

かなりシンプルなのですが、ただ単にあらゆる分野のデザイン、特にウェブデザインに興味がある、ということです。 K10Kホロデック73シフト、その他デザイン関係のものは私の好きなサイトで、ずっとチェックし続けています。当時、ハンガリーにはウェブデザインに関するサイトがありませんでした。それで、作ってみようと思ったのです。作りはじめたのが1999年の終わりで、サイトが始まったのが2000年の春でした。たくさんの強力なコミュニティーの人達がこのようなサイトを待ちわびていたように感じました。私達は、このサイトをとてもシリアスにとらえていますが、反面、楽しんでやっています。コミュニティーのメンバーから何か新しいアイデアをもらったら、すぐにサイトを展開させるために利用します。最近サイトに付け足したものというと、「ザ・ワン・アワー・コンテスト・セクション」です。ここでは60分以内で適当に選んだ写真で何かをデザインしなければいけません。将来的には、このようなコンテストをインターナショナルなものにしていきたいと考えています。イナーシアは完璧に独立したものですし、次に何が起こるか、誰も予想がつきません。

ハンガリーの最新のデザインシーンはどうですか?

小規模だと思いますし、西洋の影に隠れている気がします。しかし、徐々に変わって行くでしょう。ハンガリーの人が持っている専門技術が素晴しいものだということは、世界中で知られていますが、ウェブ産業はまだまだ発展途中です。メディア関係の新しい学校もありませんし、ファインアートの学校を見つけるのも難しい状態です。だから独学しかありません。その他の問題としては、国内で設置できるインターネット・コネクションの数が法律で限られていることです。また月給と比べ、信じられないぐらいに高いインターネット使用料金が設定されています。しかし幸いにも状況は改善しつつあります。とても才能のあるアーティスト達もでてきています。私達のリンクサイト、「ナリタ」ではハンガリー人アーティストのページも掲載しています。

私の意見として、イナーシアの素晴しい点は、そこにはデザインシーンのミーティングポイントがあり、ウェブ産業で働く人々が集まる場所であると言うことです。このサイトができる前は、みんながネット上をふらついていたような状態で、誰かを見つけることさえも不可能でした。でも現在は、それぞれが持っている問題を話し合ったり助け合ったりできる場ができたのです。実際に私もたくさんの素晴しい人に合うことができ、友達も増えました。このサイトのおかげですね。どぎついピンクで時々、シリアスではないという事実はともかく、イナーシアはリンクサイトで様々なことを学べる教育的サイトでもあります。知識を向上したければ、コンペティションを学ばなければいけません。

グラフィックデザイン集、800*600を発表されましたが、制作が始まったきっかけは何ですか?

800*600は個人的なプロジェクトとしてスタートしました。ハンガリー人デザイナーと国際的にデザインで活躍するゲストと一緒に、小さいながらもグラフィックデザイン集を作りたかったのです。嬉しいことに、このアイデアについて好評を得ることができました。それでもっと大きな、綿密に編集されたインターナショナルブックを作ろうと考えはじめました。そしてサーフステーションや、 K10Kなどの有名なデザインサイトに、この本への参加者を募ってもらうように頼みはじめたのです。

本の内容についてもう少し詳しく教えてください。

800*600は、ユニークで、才能のあるグラフィックデザイナー、イラストレーター、フォトグラファーによってつくられた作品をフルページで掲載したインターナショナルな本です。2001年のビジュアルカルチャーの広い範囲のトレンドとスタイルをオーディエンスに紹介するためにアーティストのみなさんを招待しました。彼等の共通点は、それぞれがそれぞれの作品をウェブ上で発表していることです。これはとてもダイナミックで急速に発展し続けていることですね。しばらくしたら消え失せて、新しいものがその穴をうめるのがものの流れですが、例えば3年前のグラフィックデザインを振り返ってみると、グラフィックに関したものを見つけることは不可能でしょう。このプロジェクトの基本的なアイデアは、どうにかして現在のグラフィックデザインとビジュアルカルチャーをこの本によって守り通し、この本を人々が10年経っても大切に持っていてもらうことなのです。シフトが監修した「IMGSRC100」と似ていますが、コンセプトは全く別の物です。


Design by Lorant Demeter

様々なクリエイターからのアイデア溢れる個性的な作品が集まったでしょうね。

たった1ヶ月の間に、世界中から400ページを越す素晴しい作品が届きました。信じられませんでした。中でも一番驚いたのが、参加者や企業からの熱い敬意の念を頂いたことです。本の為に、180ページを選び、フィーチャーしました。現在はそのレイアウトに追われています。12月のはじめには、印刷の段階までもちこみたいと考えています。そうすればクリスマス前にみなさんの手元に届くでしょう。サイトの中にプレオーダーフォームが用意されています。本の数に限りがありますので、必ず手に入れたい人は早めにご予約下さい。

最後になりましたが、今後の活動予定をおしえてください。

たくさんアイデアはあるのですが、時間が足りないのです。まず、イナーシアのインターナショナルバージョンが完成すれば、ひとつ夢がかなったことになります。オフラインプロジェクトもあるのですが、今の時点では、これはまだ秘密にしておきます。800*600のコンペティションを毎年行おうという計画もありますが、これは第一号が成功を収めるか否かにかかっています。みなさんが気に入ってくれるといいなと思っています。

Dream Interactive
住所:H-1021 Budapest Hovosvolgyi u-18, Hungary
TEL:+36-1398-0468
FAX:+36-1398-0467
http://www.dream.hu

Text: Timo Linsenmaier
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE