カウボーイビバップ

THINGS

TVアニメーションの不朽の名作『カウボーイビバップ』の劇場版『COWBOY BEBOP 天国の扉』が、遂に9月1日から公開される。
2071年の火星を舞台に、 あの4人と一匹のスペースカウボーイたちが帰ってきた。疾走感のあるアクション、躍動するジャズのリズム、クールでいてコミカルでもある個性的なキャラクターの面々が織りなすドラマは健在で、大きなスクリーンで見る『カウボーイビバップ』は、またひと味違う迫力だ。今やハリウッドも注目する本格ハードボイルドの本作品は、TV版からのファンはもちろんのこと、映画で初めて見る人にとっても満足のいくエンターテイメント作品に仕上がっている。


2071年、火星。 ハロウィンを目前にしたクレーター都市アルバシティーの高速道路で爆破事件が起こった。それは、正体不明のバイオ兵器を使用したテロであった。火星政府はその首謀者と思われるテロリストに未曾有の賞金3億ウーロンを掛ける。
あいかわらずの貧乏暮らしが続くビバップ号のクルーは、またいつもの様に、最悪のチームワークで賞金首を狙いはじめる。それぞれが集めた情報から浮かび上がる犯人ヴィンセントは、この事件より前に死亡しているはずの男だった・・・。
謎が多く、感情も理性も持たないヴィンセントは、『カウボーイビバップ』史上最強の不死身の男。そして彼を追う謎の女エクストラ。果たしてビバップ号の主人公達に勝算はあるのか?

すべてをかけて自分の思うように生きる格好良さ!迷いや自信を無くしスピードを失った現代の世の中で、本当に輝いて見える生き様を見せてくれる作品。それが『カウボーイビバップ』だ。街を歩く、駆け抜ける、寝る、喰う、、そういった仕草のひとつひとつに自信がみなぎってくる格好良さ。そんな何気ないシーンのひとつひとつが、この劇場版では余すことなく表現され、それがタフなアクション・シーンや、クールなセリフの一言にまで命を与えている。スクリーンの端までに、映画づくりへのスタッフの熱い思いが込められた今回のビバップ。何も考えずにこの世界に飛び込み、自分の目で、耳で、この映画が奏でる魂を感じ取って欲しい。

『カウボーイビバップ』は、TVアニメーション作品として1998年4月にテレビ東京で13話のみ放送され、アニメファンのみならず、幅広い層からの絶大な支持を受け、その年の10月からはWOWOWで全26話が完全放送された。SHIFTの読者にも『カウボーイビバップ』に衝撃を受けたという人は決して少なくないはずだ。
あの突き抜けるホーンの音から始まるオープニングの衝撃は、そこに全く新しいアニメの世界が開けたことを確信させるに十分なものだった。

ワイルドで華麗なジャズのオープニングテーマは、アニメのサウンドトラックの世界を一躍メジャーシーンに変えてしまった作曲家、菅野よう子が率いる「シートベルツ」。全編にわたってバラエティーに富んだサウンドがストーリーに彩りを与えている。ちなみに現在までリリースされTV版の4枚のCDは、70万枚を越えるセールスを記録し、1枚目のサウンドトラックは、 1999年に日本ゴールドディスク大賞にも輝いている。今回の劇場版でも新作が発表され、作品の欠かせない魅力になっている。

そして『カウボーイビバップ』のもうひとつの魅力は、人類が地球を飛び出し、太陽系の各地で生活をしている 2071年の世界を、決して背伸びしないリアリティーで描ききった世界観設定だ。華やかな未来ではなく、陳腐化し、退廃した都市の闇の部分を饒舌に描くことで、そこに生きているキャラクター達が、走り、闘い、そしてメシを喰うというすべての行動をリアルにしている。香港を思わせる看板の溢れた街や、ヨーロッパ風の石畳のある通りの風景。ニューヨークの摩天楼を思わせる高層建築の立ち並ぶ街区など、地球を離れても、決して地球を忘れることなんかできないという人類の想いが、ごちゃ混ぜになりながら街並みをつくっているのだ。

劇場版では、このごちゃまぜの都市文化をさらにパワーアップさせるべく、モロッコの風景が登場する。モロッコといえばヨーロッパ、アフリカ、中近東の文化が融合した街。メインスタッフによるモロッコ取材が、この劇場版に奥行きを与える舞台を作り出している。
また、川元利浩の描くキャラクターデザインは、異文化の交錯する時代に生きる人々に生命を与え、山根公利のメカニカルデザインが、この時代を疾走するメカを斬新に描いている。そしてTV版での斬新なCGの描写は、これらのメカが存在する世界観を強く印象づけている。

このような圧倒的な世界観とサウンドを背景に、スパイク、ジェット、フェイ、エドという4人の主人公と犬のアインが、「カウボーイ(賞金稼ぎ)」として、ビバップ号という中古宇宙漁船を拠点に、太陽系の各地を転々とししながら多くの犯罪者たちと熾烈な戦いを繰り広げる。
極端すぎるぐらい個性的なメインキャラクターに最高のドラマを演じさせているのが、渡辺信一郎監督と脚本の信本敬子だ。ある時はクールに、ある時はコミカルに、そしてまたある時はド演歌なストーリーをTV版で26話に渡って生み出してきた。
数々の新しい表現を使いながらも、決して表現に負けない強いストーリーがある。そう、『カウボーイビバップ』最大の魅力は、おそらくこの先も決して色あせることのないストーリーの強さなのだ。

ここではふれていない劇場版の詳細な情報については、オリジナルウェブサイトをチェックしてほしい。劇場版だけではなく、すべての『カウボーイビバップ』情報と、オリジナル小説など嬉しすぎるほど内容が充実したサイトだ。
そしてTV版を見ていない人は、これを機にTV版の作品を補完してみることもお勧めしたい。ビデオ、LD、DVDで補完可能だ。また、サウンドトラックは、TV版のリジナルサウンドトラックが3作、ミニアルバム1作、リミックスアルバム1作に加え、劇場版として先行発売されたシングル「Ask DNA」と8月29日にはアルバムも発売された。どれも損の無い買い物だ。

こんなに、僕たちに夢を見せてくれる作品と、リアルタイムで接することができることに感謝したい。

COWBOY BEBOP 天国の扉
2001年/35ミリ/カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/1時間54分
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
原作:矢立肇
監督:渡辺信一郎
脚本:信本敬子
キャラクターデザイン・作画監督:川元利浩
メカニカルデザイン:山根公利
セットデザイン:竹内志保
メカニック作画監督:後藤雅巳
美術監督:森川篤
色彩設計:中山しほ子
音楽:菅野よう子
制作:サンライズ、ボンズ、バンダイビジュアル
http://www.cowboybebop.com

Text: Chibashi from C*2

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE