セブンスク・フォーム

HAPPENING

スウェヂッシュ・ソサエティ・オブ・クラフツ・アンド・デザインのスベンスク・フォームは、デザインセンターで、7月7日から8月26日までの間、3つのエキシビションを開催している。ストックホルムのスケッショルメンにあるデザインセンターでのこれらの展覧会は、行ってみる価値がある。


1. 17 カリグラファーズ

「コンピュータのマウスからカリグラフィーのペンまでのステップは、これまでの歴史の中で、カリグラフィーが現在最高の人気を誇っていることにくらべれば、それほど偉大なことでは無い。」

このエキシビションは、最近コンピューターの普及により、「アーティスト」になることが容易になったのを受けて、技能が色褪せたものになってしまったことを重要に受け止めている。熟練した技で書かれた、言葉や、タイプやロゴには、何かとても力強くて読みやすい。その形における、美しさと厳正さの違いは、技のレベルをやすやすと見せつける。


Annika Larsson

昔のカリグラファーと、現在活躍中のカリグラファーによるセレクションを両方見て、ショックを受けました。現在のグラフィックデザインと、古くからの知識との間にある距離がどんどん広がっているからです。カリグラファーが、自分達の技術を型にはまった方法で使い、技が希釈されてしまわないように守っているかのようですが、もちろん例外もたくさんあったわけです。


Left: Marie A Gyori, Right: Lennart Hansson

ハンドライティングに対する注目は、もっともっと薄らいでくるけれど、それは単に、この古臭いコミュニケーション方法を、私達が必要としなくなったからでしょう。それとも、まだ必要ですか?歳をとった先生が、人の身体の形を描くのが最も複雑だから、その形自体を理解するために何度も何度も練習しなければならないと教えてくれたのを覚えています。その後、タイプに取り組みはじめた時に、その関係は明らかだと感じました。身体的にというよりも美学的につながっているのです。抽象主義のムーブメントも、タイプとシンボルの中にある身体も「感じる」ことができました。


Marianne Pettersson-Soold

傍観者として、私は、3次元の方法における2次元のグラフィック・フォームは、私達が考えているよりも、もっとすごいものだと思っています。シンプルなフォームを生活の中に取り入れるのは大変なことですから。だから、カリグラフィーの知識が面白いのです。それは、人体を描くためのグラフィカルな方法で、たぶん女性を描くよりもシンプル(もし、先生の事を信用するなら)だけれど、たくさんの訓練を必要としていることは、確かです。だから、このエキシビションが必要なのです。主催者の目的は、若い世代に、タイプの基本的な形を知ってもらい、読みやすいハンドライティングの習得に興味を持ってもらうことなのです。

このエキシビションに出品したカリグラファーは、カースティン・アンカース、スーザン・ダブナス、カール・エリック・フォースベルグ、モナ・ゴードン、ルドビグ・グランディン、マリー・エー・ギョーリ、ルナート・ハンソン、ヘレン・ヘニングソン、エリック・リンドグレン、フロリアン・キンムン、グン・ラーソン、ラーズ・ローレンティ、マリアンヌ・ピーターソン・ソールド、アンニカ・ルッカー、イルバ・オストベルグ、セシル・スコウ。

2. サマー・ウィズ・コンサントベルカナ

ハンドクラフト−強いソウルが結びつきが存在する雑多なフィールド。ハンドクラフトは、たくさんの素材、技術、目的、パフォーマンスが、複雑に混ざり合う領域だ。ハンドクラフトの協同組合は、初めてハンドクラフトの協同組合が設立された1920年代にルーツがあり、強い伝統を誇る。スウェーデンにおいて最古で最大の協同組合には、175人の選りすぐりのメンバーがいて、「コンサントベルカナ」と呼ばれている。ここでは、その作品の中からのセレクションを展示している。


Electric bicycle, MA-degree project by Johan Persson

3. インダストリアル・デザイン・スカラシップ・キャンディデイツ 2001

スウェーデンデは、毎年、およそ50のインダストリアル・デザイナーが卒業する。彼らの多くは、無名でも、私達のこれからの平日をシンプルで美しくするために、活気に満ちた作品を作り出すだろう。デザインされた表面の裏側には、プロダクション・プロセス、習慣、素材のリサーチ、財政面の計算などといった、テクニカルな熟慮が隠れている。このエキシビションでは、ストックホルム、コンストファックにあるザ・テクニカル・ユニバーシティ・オブ・ルンド、ゴーテボーグにあるHDK、ウメアにあるザ・ユニバーシティ・オブ・デザインでの、デザインプログラムにおけるインダストリアル・デザイン・プロジェクトで受賞した、5人の奨学生の作品を見ることができる。

Text: Joel Broms Brosjo from NJIN Theory
Translation: Eriko Nakagawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
葛西由香
MoMA STORE