PHUNKスタジオ

PEOPLE

東アジアのなかでも、ニューメディアシーンが急速に発展しつつあるシンガポールで、クリエイティビティに焦点をあてた興味深いプロジェクト「トランスミッション」が始まった。公開されたばかりのウェブサイトでは、シャイノラによるアートワークが発表され、そのプリントバージョンでは、Eボーイの作品がフィーチャーされ、今後エキシビジョンも開催予定されているなど、オン/オフラインをミックスした注目すべきプロジェクトに発展することだろう。トランスミッション・プロジェクトを手掛ける「PHUNKスタジオ」にお話を伺った。


まず初めに、自己紹介をお願いします。

PHUNKスタジオです。面白い人や、クリエイティブに関するインフォメーションをまとめています。僕達は、同じアートスクールでグラフィックデザインを勉強していました。学校でぶらぶらと時間を過ごし、94年に卒業後、PHUNK を結成しました。インフォーマルなファッションから始めたファンクが、それからゆっくりと現在の活動へと変化してきました。

PHUNKスタジオについて教えて下さい。どのような活動をしていますか?

PHUNK スタジオは、ジャクソン・タン、メルビン・チー、アルビン・タン、ウィリアム・チャンで構成されています。現在は、トランスミッション・プロジェクト、ポピュラー・サイエンス(インターナショナルなポピュラーカルチャーを扱った雑誌)、プラスチック(イラストレーションとアニメで作られたプロモーションビデオ)、ゲリラ的なデザインフォント、自分達の洋服ブランドの設立など、多くの活動をしています。

このオンラインマガジンを始めることになったきっかけについて教えて下さい。

僕達が尊敬し、同じような考えを持っているクリエイティブな人達とシェアしたり、コミュニケーションをとったり、作品展示を行ったりするチャンスを作りたいと思ったのです。またこれは、ワールドワイドウェブ、デザイン、出版といった、僕達が好きなことを組み合わせたものでもあります。スクリーンのポップアップウィンドウズのアニメーションでは、プリントした雑誌を作れないでしょう?だからオンラインマガジンは、僕達が書いている記事を発行するには、最適で、賢明な方法だと思います。

どのようなメンバーでこのサイトを作っているのですか?

PHUNK のメンバーと、世界中からのコントリビューター、コラボレーターで作っています。コントリビューターは、それぞれの作品をウェブマガジンのショーケースに持ち込んだり、新作(だいたい、ユートピアをベースにしたもの)を紹介したりしています。また、ウェブサイト・デザインの際のテクニカルサポートのために、アッパーストーリーのようなパートナーもいます。ウェブマガジンの協力編集者や、投稿してくれるライターもいます。このサイトはみんなの努力の賜物です。僕達だけではできないでしょうね。

内容について教えて下さい。どのような内容ですか?

第1号では、今後の号のためにこの雑誌の雰囲気や構成を整えました。テーマのとおり、「デビュー」というわけです。シャイノラ、プラスチック、ネオム、アンドレ・ウェイスメイアのような、新しい才能を発信しています。第2号は「プレイ」というテーマの予定です。

このウェブマガジンは4つのメインセクションからなっています。メインアーティストフィーチャー:プロフィール紹介とインタビュー。アーティスト・ギャラリー:多様な文化からの話題や作品のショーケース。コミュニティ:さまざまなクリエイティブ・コミュニティーに関する記事。コントリビューターズ・プロフィール:コントリビューターによる作品やメッセージをフィーチャー。

どういった個性をもったウェブマガジンにしたいでしょうか?またオンラインだけでなく、プリントや、エキシビジョンなどオフラインの活動もしていくのでしょうか?

風変わりで、ちょっと生意気な感じになるだろうと思っています。このサイトでこれまでのオンラインマガジンやウェブページのスタンダートなやり方を打ち破るために、新しいデザインフォーマットを経験してきましたから。これまでの環境で普通に作動していたコンピューターを、もっと活用したかったのです。このサイトに関する意見を賛否両論たくさん聞きました。これは、新しいアプローチです。彼等の反応は、すごく好きになるか、大嫌いになるかのどちらかなのです。グレーの領域が無い。まだまだ、探し当てなくてはいけないコンセプトを見つけることができると思います。僕達はまだ、遊びながら、改良している過程にいるといって良いでしょう。意見やゴシップを交換するBBS、大好きな音楽を放送するためのラジオも作る予定です。

才能ある人材のプロフィール紹介や特集に加え、例えばおもちゃとか、昔のカンフーコミックといった、ポピュラーカルチャーに関する型破りの記事も掲載予定です。このウェブマガジンは、隔月で更新のウェブサイト、季節毎に限定でリリースされるポスター、年刊の本、CD-ROMを含むトランスミッション・プロジェクトの一部です。この本がリリースされたら、主要都市でのエキシビションも考えています。

どのようなペースで更新予定ですか?次号の予定は?

隔月です。次号のテーマは「プレイ」で、Eボーイ、フューチャー・ファーマーズ、デイブ・キンシーなどにスポットを当てる予定です。また、スティッカーネーション、タイガー、ゲリラワンなどのクリエイティブなコミュニティサイトのインタビューも計画しています。次号へ向けた、インタラクティブゲームも制作中です。

シンガポールの現在のウェブを含むマルチメディアシーンについてどう思われますか?

ウィリアム:個人的には、シンガポールのマルチメディアは「安全」すぎると思います。もう少し、知名度のない人達の方まで手を広げて冒険しないと。

ジャクソン:とても商業的だということは言えますね。でも、今消費者が求めているのが、そういうものであると言う事なのかも知れません。スーパーでミネラルウォーターを買えることと、作品を見るのにギャラリーへ行くこと、どちらが大切かと聞かれれば、おそらく水の方が必要でしょう。私達は、多くの人がインターネットで物を買う手助けを試みた頃から、文化的側面の消費を打ち立てようとしてきたのです。

それに対する他のメディアの動きはどうですか?

ウィリアム:同じように「安全」ですよ。

ジャクソン:可能性としては、とってもわくわくするような要素があるのに、理解が足りない。プロジェクト・アイボールという地方紙は、ウェブから情報を得る世代をターゲットにウェブサイトを連動させていましたが、やはり理解されずに終わってしまうでしょう。

シンガポールのマルチメディアシーンはこれからどうなっていくと思いますか?

ウィリアム:もっとリスクが必要です。そうやって面白くしていくために、それを受け止める人達も。

ジャクソン:技術は高く、創造力は低く。シンガポールのデザインは、世界中のどこのものにもひけをとらないと思っていますが、ウェブサイトの運営に問題があるのです。物語を伝える演説家はたくさんいますが、どんな話をしたらいいか解っている人は、多くないということです。誰が悪いわけでもないのです。この国は比較的若いので、文化を確立するのに時間がかかるでしょう。私達は、素晴しい消費者ですが、これから良いプロデューサーになって行くことが必要だと思います。

シンガポールで注目すべきデザイナーやアーチストを教えて下さい。

グラフィックデザイナーのH55や、アシラム、エンバイロメンタル・デザイナーズ・ブローなど、 トランスミッションプロジェクトで活動しているクリエイティブな人達が好きですし、尊敬しています。広告作品や写真を手掛ける、ジョン・クラングと家具デザイナーのパトリック・シアも優れた作品を生み出しています。彼らは、シンガポールの情勢の中でも良くやっていると思います。以前とは全く異なる、シンガポールの新鋭クリエイティブブループの中に、実際僕達は身を置いているわけですが、ファッションや、クラブ、デザイン、アート、音楽に関わる人達の新しいコミュニティがまとまりつつあると感じています。一番良いのは、皆がお互いに良く知り合っているということです。

今後の予定について教えて下さい。

ウィリアム:前進し続け、あまりたくさん振り返らないでこれからもやって行きたいです。
ジャクソン:できる限り上等なことをしたいです。
メルビン:商業的な分野にも私のイラストを持ち込みたいです。
アルビン:面白い人達と、もっとたくさんのプロジェクトをやっていきたいです。

:phunk
住所:287 River Valley Road Singapore 238328
TEL:+65 834 9945 FAX:+65 8369281
http://www.phunkstudio.com

Text and Transration: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE