EBOY

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、ドイツ、ベルリンを拠点に活動する「EBOY」。
ピクセルを駆使した独自のデザインで、オリジナルのロボットや、街、人を描いたカラフルな作品は、見る者を楽しませる、ピクセルデザインのオリジネーター。そのデザインスタイルは、世界中で次々とフォロワーを生み出している。




まずはじめに自己紹介をお願いします。

EBOY は、ベルリン在住のステファン・ ザウアーテグ、スヴェン・スミタル、カイ・バルマーと、ニューヨーク在住のピーター・ステムラーの4人のメンバーで構成されています。

それぞれ何を担当しているのですか?

ピーターがベクトルよりの作業を担当している他は、ベルリンのメンバー3人がピクセルを担当し、基本的には、皆同じ作業をしています。

「EBOY」結成に至った経緯を教えてください。

まずドメインを取得したことから始まりました。フリーでドメインを取得し、僕達にとっては、それが共通のアイデンティティの始まりです。最初に、遊び場としてのウェブサイトのコンセプトづくりからスタートして、その後は自動的に発展して行きました。

ひとつの作品を制作するまでのプロセスについて教えてください。アイディアから完成まで、どのような作業で制作しているのですか?

まず、「A」が作業を開始し、その後少し経ってから「B」がそれを引き継ぎ、「C」が仕上げをします。その「A」は、プロジェクトごとに変わりますが。そういった過程を経ることによって、作品にそれぞれの個性的なスタイルが加わって、作品を豊かにします。僕達の作品のほとんどは、そうやって皆で制作した作品です。

アイディアやインスピレーションはどこから得ますか?

ポップカルチャー全体からです。ショッピング、テレビ、スーパーマーケット、おもちゃの広告、QUAKEや鉄拳などのテレビゲームなどを見たりすることによって、インスピレーションを得ます。

サイトでは「ECITY」というコンテンツを展開していますが、そのコンセプトについて教えてください?

あらかじめ決められたテクニックと考え方の中で、自分達が好きな建物を作り上げること。作品を追加したり削除したり、変化をつけるテクニックは、時代ごとに実際の街が経験しているものとちょうど同じような感じです。

プリント、ウェブ共に幅広く活動していますが、それぞれの長所、短所を挙げるとしたら?

ウェブは、ダイレクトで速く、ダイナミックですが、非現実的です。一方、プリントは現実的ですが、遅くてかさばるという欠点があります。

ピクセルをベースとしたアートが今日ポピュラーになってきていますが、そういったトレンドについてどう思いますか?

トレンドは、間違いなくテクノロジーの発展に左右されます。ピクセルは、数多くある新しい可能性の一面でしかありません。僕達はピクセルが好きで、僕等以外の人達もそれが好きだというのは、素晴らしいことだと思います。

作品を通して伝えたいことは何ですか?

楽しんで欲しいです。僕達のサイトを「エンターテイメントサイト」だと言う人もいますが、そんなに間違ってはいないと思います。

今回、SHIFTのカバーデザインを制作していただいたのですが、何をイメージし、どのように制作したのですか?

女の子のイメージです。

ドイツ、ベルリンについてお聞きしたいと思います。何か興味深い動きはありますか? また、ベルリンで活動することについてどう考えていますか?

興味深い動きについては、実際のところ良く分かりません。あまり出掛けたりする方ではないので。でも、ベルリンはエネルギッシュです。実際ベルリンに来て街の雰囲気を体験してくれれば、それが分かると思いますよ。

日本についてはどう思いますか?

僕達にとっては、知能の優れたエイリアンのような存在です。あらゆるタイプのリソースが、それぞれ信じられないほど豊富です。まだ行ったことはありませんが、地球上で最もスリリングな場所のひとつのようですね。

今興味のあることは何ですか?

MAHARISHI で超クールなパーカーを買うこと。

好きなビジュアル/グラフィックデザイナー/サイトを教えてください。

サイト:EPINIONS.COM。インターネットなしでは想像もできないようなサイトです。美しくデザインされていて、かつ便利で本当の意味で庶民的なサイトです。
デザイナー:若手の人達

「EBOY BOOK」を出版予定だとお聞きしましたが、どのような内容になりそうですか?

僕達のイメージのデータベースをプリントアウトしたような内容の本になる予定です。今年中には完成させたいと思っています。

最後に今後の予定や、これからやっていきたいことなどを教えてください。

実際に EBOY のおもちゃを作るのが夢です。そのうちどこかで僕達が作ったおもちゃを目にする日がくることでしょう。

eBoy Berlin (1)
住所:Gerichtsstr. 12-13/Aufgang 2, 13347 Berlin, Germany
TEL:+49 (30) 4400-8715
Steffen Sauerteig: t@eboy.com
Svend Smital: s@eboy.com

eBoy Berlin (2)
住所:Selchower Str. 32, 12049 Berlin, Germany
TEL:+49 (30) 627-091-74
Kai Vermehr: k@eboy.com

eBoy New York
住所:325 W 38 st., Studio No. 903, New York, NY 10018, USA
TEL:+1 (212) 244-6059
Peter Stemmler: p@eboy.com

eBoy
http://www.eboy.com

Text and Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE