トモ・タメンパ

PEOPLE

ブリュッセルのコンチネント・エキシビジョンで1人のフィンランド出身のアーチスト、トモ・タメンパに会うことができた。バーチャル製品「NEED」の疑似広告キャンペーンを大々的に展開し、エキジビジョンでは、街中にコレクターカードをばらまき、来場者に探させるというプロジェクトを制作した。

自己紹介をお願いします。

トモ・タメンパ、31歳。フィンランド出身のクリエイティブディレクター/メディアアーティストです。

NEED」について教えてください。

NEEDは、人工的なバーチャルブランドで、西洋の消費者社会におけるブランド構築と製品文化を探求するためのプロジェクトです。僕にとっては、僕達を取り巻くカルチャーのマーケティングモデルを偽造し、コピーし、リミックスする遊び場でもあります。プロジェクトは、マーケティングキャンペーン、ウェブサイト、エキシビジョンの3つのパートに分かれています。

NEED プロジェクトのアイデアはどのようにして生まれたのですか?

消費者文化におけるニーズを探求することからスタートしました。イメージマーケティングのトレンドに魅力を感じ、製品を完全に排除するというアイデアでいろいろなプロジェクトを展開しています。NEED は、このアイデアを探求するために作られたブランドです。

どのようにして「消費者」を巻き込むことになるのでしょう?

NEED は、消費者の好奇心に作用します。消費者は、このカモフラージュされたビジュアルの表面には、何が隠されているのだろうと、疑問を抱きます。また、 NEED メンバーズクラブには、いろいろ異なるステータスレベルがあり、全てのステータスを一度に得ることができません。ステータスを得るためには、ウェブサイトを何度も訪れることが必要で、そのために皆ウェブサイトを訪れることになります。実際のインタラクティブ性は、わざと制限されていて、僕自身と消費者の関係をクリアにするためには、そういった制限が必要となります。常に新しいものを生み出すためのリソースが僕には欠けているために、消費者をあまり巻き込むことができない状況ですが、そういった消費者に新しい考え方をさせるきっかけとしては、十分なものとなっています。

NEED プロジェクトの最終目標とは?

マーケティングのメカニズムが製品なしでうまく機能するのかを試すことを目的としているので、実際に消費するものは何もありません。その一方で、例えば、集められた情報は、メンバーシップの価格となります。そういう意味では、消費が実際に起こっていると言えます。現在、こういった側面を再構築することに集中しているのですが、今後どうなるかは分かりません。広告掲示板やTVコマーシャルなどで「現実の」キャンペーンをすることによって NEED を試してみることが、NEED の究極の完成形となるのではないでしょうか。ですがこれは、例えば、仮に日本の企業に NEED ブランド全体を売るとなった場合にのみ可能なことですが。

NEED でのパートナーと、MINDWORKS について教えてください。

NEED は、当初3年間、僕の個人的なプロジェクトとしてやっていました。今年に入って、全てのものが再構築され、実質上の理由のため、今年設立したカンパニー「MINDWORKS」が NEED のプロダクションとなっています。データベースデザインに関しては、プログラマーであるトム・ニエミの絶大な協力を得て、物質的なインスタレーションに関しては、僕の父であるセッポ・タメンパと共に制作しています。コンセプトに関しては、僕の仲間であり、メディアアーティストであるハイディ・チッカのサポートを得ています。それ以外は、最初のコンセプトからフラッシュスクリプトのバグ修正やインスタレーションの組み立てに至るまで、全て自分自身で制作しています。

MINDWORKS は、フィンランドのヘルシンキを拠点とするデジタルデザインプロダクションです。バルセロナにもオフィスがあり、現在、中央ヨーロッパでのプロジェクトを開始する段階にあります。ストリーミングメディアに焦点をあてた、ニューメディアプロダクションです。最近では、3Gモバイルインターフェイスの仕事もスタートしました。12人を超える様々な才能を持ったスタッフと、メディアのプロの巨大なネットワークを擁しています。

マルチメディア/グラフィックに関するフィンランド人特有の特質は何かありますか?

フィンランドには、マルチメディアの発展をも反映する技術革新の長い歴史があります。残念ながら、そのことがテクノロジーに左右される社会を作り上げることになってしまった訳ですが、それを妨げるものとして、クリエイティブな人達が、最新のテクノロジーを使って自己満足的なものを制作するのではなく、ストーリーを伝えるという観点から意味のあるコンテンツを制作し、面白いプロジェクトを展開しています。
僕が思うに、フィンランドのビジュアルコミュニケーションは、ヨーロッパの平均的なレベルにあると思います。デザインの中にも、フィンランド人のルーツを取り入れて行くべきだと思います。カルチャーに関して言えば、フィンランドは、ヨーロッパの中でも極めて独特なカルチャーを持っていると言えます。

作品の美学的な部分に関して影響を受けたものは何ですか?

NEED プロジェクトでは、アメリカのTVショップと日本のインフォメーショングラフィックなどに影響を受け、強烈でシンプルなグラフィックを制作しています。一般的に、トレンドとスタイルを、コミュニケーションとディベートのための道具として捉えています。見るもの全てをサンプリングし、コピーし、リサイクルします。メッセージに焦点を置くことでうまくいくものもありますが、自己参照のような感じになってしまうものもあり、大抵はつまらないものになってしまいます。

最近の活動と、今後予定しているプロジェクトについて教えてください。

『ニューメディア産業において、クオリティーと意義を守るという使命を遂行する。』このフレーズは、Tシャツにでもプリントすべきですね。しばらくは NEED プロジェクトを続け、その一方で、自分達の専門的技術を国際的なマーケットへ輸出するという課題に取り組んでいく予定です。また、NEED の外側で起こっていることに目を向けるためにもリサーチを続け、僕の永年の夢のひとつでもある来日を、11月の後半に実現できる予定です。MINDWORKS で僕達の活動をチェックしてみてください。僕は、殆ど全てのプロジェクトに関わっています。

今回のコンチネント・エキシビジョンのようなプロジェクトでの目的は何ですか?

急速に広がりつつある情報社会において、クリエイティブな人達が新しいテクノロジーをひとつの道具として使う様を発表できるというのは、非常に重要なことです。こういったエキシビジョンやワークショップは、「コマーシャルワーク」という制限なしに体験することのできる、極めて珍しいフォーラムです。

Text: Julien Villaret
Transletion: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE