アルス・エレクトロニカ 2000

HAPPENING

昨年の500から250に応募数が半減したという。ドットコム・ビジネスの活況で、アーティストがそっちの方に行ってしまい、作品制作に魅力を感じなくなったのではと、自身もドットコム・ビジネスの真っ最中にいる伊藤穣一氏もおられる審査委員陣は理由の一つとして考えているが、それも一理あることだろう。何しろ今回の取材で立ち寄ったロンドンのメディア・アートセンターであるラックス・センターで、教育プロジェクト代表のデービッド・シンデン氏が言うには「ロンドンでは、みんなインタラクティブやインターフェイス・デザインのビジネスに行ってしまって純粋なネットアーティストがここ1・2年で激減している」そうだから、それもうなずけるのだか、それだけが理由だろうか?


昨年、ゴールデン・ニカ(大賞)はリナックスのライナス・トルバルド氏が獲得、ディスティンクション(副大賞)にはインターネット上でのレコーディング・コラボレーション・ソフトの「レスロケットに」授与された。これでは、いくら応募しても、審査員の匙加減で応募外のものや他の部門のものまでにあげてしまうので、正当に認められないのではという疑念が起こりはしないのだろうか。その疑念は今年のゴールデン・ニカが作家のニール・ステファンソン氏に与えられ、ディスティンクションにアルス・エレクトロニカ・センターの1階に常設展示されている「テレゾーン」が選ばれるという状態でより私としては深まってしまった。来年、その応募数が更に半減しないことを祈りたい。

前のグッドニュースの続きになるが、とにかくテクノロジーの仕掛けに目新しさを感じるのではない、作品そのもので万人が喜怒哀楽を感じさせてくれるものが、遂にあらわれるようになったことを大いに誇示してくれたインタラクティブ部門の賞であった。

「インタラクティブ・アートは美術館に押し込まれるものではない、社会とともにあるものなのだよ。だから、美術館に入らないものを言う観点でも選んでみたのだが、結局賞を与えたのはそのようなものたちなのだが、えこひいきしたわけで無い。インタラクティブ・アートという現実がそうなのだよ」と審査委員の一人であるシャシム・サウター博士(ART+COM 社長)が語るように、社会を動かす力を持ったアート・フォームとしてのメディア・アートの可能性を明確に見せてくれるものだったのである。

ゴールデン・ニカを受賞したのは、メキシコ政府の千年紀終了記念イベントとしてメキシコ・シティーのゾカロ広場を舞台に展開した「ベクトリアル・エレベーション」。
古の帝国のピラミッドが聳え立っていた聖なる場所であったが、スペインからの入植者の手によって崩され、今は巨大なカトリックの教会と、市役所、そしてホテルが取り囲み、デモの集会に頻繁に使われるなどメキシコの首都を象徴する場所となっているゾカロ広場の天空に古のピラミッドの姿を光によって蘇らそうという発想から始まったこのプロジェクト。実はこれだけではなかった。今まで多くあった光のスペクタクルが持つ権力や単なるエンターテインメントの陶酔感ではなく、メキシコに在る誰もが共有できるものとするために、インターネットを用いて誰もがその光のデザインを出来るようにしたものなのである。
その結果が、18個ものスポットライトを 3DJAVA によるクリッカブルなシミュレーションによるコントロール・パネルを見ながら、インターネットを使って自由に設計できる光のスペクタクル。期間中、6秒間毎に持ち場が巡るパターンの設計を可能とするサイトに 89カ国、 そしてメキシコの全地方(メキシコ国内からのアクセスは全ての70%)より、 70万以上のビジターによるアクセスがなされた。パターンの設計に成功した者には設計案の 3D イメージとともに、実際の点燈の模様を撮影したカメラ画像、そして設計者のメッセージが添えられた独自のウエブサイトが生成され、その場に居なくても見届けることが出来るもの。現実に見て誰もが美しく感じ、心昂ぶり、仮想空間でも楽しめ、あらゆるかたちで参加できる、あらゆる存在を包み込むインタラクティブ・アートのかたちの一つが生まれたことを称えての受賞なのだ。

ディスティンクションに受賞したものの中には、美術館に収めてくれないことは確実でかつ、受賞者が「軽犯罪者を助長しているのだから俺たちを写すな」とおどけてみせてくれる「グラフィティーライター」というものもあった。

今やなかなか大衆に理解されない、運動家たちの悲哀をロボット技術で支援する「応用自律研究所」 (The Institute for Applied Autonomy) による、アクティビズム用のロボティック・マシーンの第二弾である。「応用自律研究所」は「ロボットを軍事や大資本、そしてマーケティングの道具としてだけではなく、広く人々に開放することを目的である」と自身を語る。そこから生まれた、アクティビズム用のロボティック・マシーンはまさに、ロボットと社会との関係を皮肉に浮き彫りにするものばかり。

「アクティビストをするのも大変なんだよね。デモをしてもみんなフレンドリーじゃなくなってきたし・・・」「じゃあ、コミュニケーションを大衆がとってもらえるようなロボットを作ろう、ロボットは子供も好きだし」そこで生まれたのが第一弾の「リトル・ブラザー」。どうやったらビラをもらってもらえるのか? その解決策を調査した結果、キュートなものに人は弱いという結論を導き出し、キュートなロボットを作ろうという結論に辿り着いて製作に着手。何がキュートなロボットかという研究を今までのSFのイメージや日本のアニメーションなどの分析を通じて行ない、その結果として生まれたのが大きくて真ん丸な目が特徴の「リトル・ブラザー」だという。ロボコンを髣髴させるキュートなロボット声と電子音で道行く者にビラを取ってもらうことをせがむ姿は、野暮ったい風貌の活動家が配るよりも絶大な成功をもたらし「今まで取り込むことが出来なかった子供やお年寄りからの関心を得ることが出来た」(メンバー:匿名)と成果を誇る。

次なるマシーンの開発に向けて目をつけたのは、アクティビズムの活動リスクの軽減。デモンストレーションの基礎であるスローガンのペインティング。実は公共物を破損する行為とされてしまい、逮捕や暴力を被るリスクと隣り合わせのもの。これを軽減するためのロボットを開発しようということで生まれたのが「グラフィティーライター」なのだ。「グラフィティーライター」はラジコンカー程の大きさに5本のスプレーを充填、時速15キロで事前に登録した文章を瞬く間にペインティングするもの。1998年以来、アメリカ、そしてヨーロッパ各地で200回のデモンストレーションを実施したが一度も捕まったことがないとの話。

この「グラフィティーライター」。「リトル・ブラザー」同様、ロボットの持つある種のコミュニケーション機能を果たす効果もあるという。それは、ロボットそのものの関心から、慣習が積極的にこの「遠隔軽犯罪体験」に楽しみながら参加するというもの。過去のデモンストレーションの多くの回で、関心を持った観衆が実際に「グラフィティーライター」を自発的に操縦してしまうというのだ。「今まで、道路作業員に、ホームレス、それに警察官に、ガールスカウトたちまで、男女問わず5歳から74歳までの人がこの行為に参加したのさ、こんなこと、普通の運動系のデモンストレーションには無いだろう」と同メンバーは語った。

PRIX の授賞式の現場でも「グラフィティーライター」は大活躍。 ORF(オーストリア公共放送)のスタジオ内からの生放送にもかかわらず、スタジオに一気に存亡の危機に立たされているウィーンの有力メディア文化センターである「パブリック・ネットベース」のURLをペインティング、支持を呼びかけた。そして、帰り際に放送局の廊下を見ると「誰も違法ではない」とドイツ語でペインティング。これも彼らの手によって、欧州の不法移民人権擁護運動のスローガンが塗られてしまったものであった。
インタラクティブ・アート部門は、インタラクティブ技術によって、新しいアートのかたちが生まれ、それがとても魅力的であることをかくに目に見えるかたちで見せてくれたのである。

テーマがテーマとして成立しなくなってきた片鱗は、昨年から見え始めてきた。そして、PRIX ARS ELECTRONICA で選ばれたものをすぐに理解し、想像することも難しくなってきた。

何かを具体的に期待したら、いい意味でも悪い意味でも、現地で打ち壊してくれることだらけであった今回のアルス・エレクトロニカ。しかし、これだけのものが毎年一箇所に集まることは世界広しといえどもここしかないのである。そしてちゃんと期待外の掘出物や失望を与えてくれる。行く前に何かを期待して、その通りになることはおもしろくないのだから、ただ、行くこと。それだけでいいのだ。

しかし、今まで最先端のテクノロジーといってきたものが当たり前になって私たちの生活に深く入り込んでしまった現在、アルス・エレクトロニカだけにそんな役割を任せていていいのだろうか。
「これはもう、新しいアイディアが(アルス・エレクトロニカには)必要だよね」と、常連のネットワーク・アーティスト ETOY のザイCEOが語るように、より多くの電子メディア芸術の魅力を生み出すためにも、もっともっとアイディアのインキュベーターが未だ人間には広い地球には必要みたいだ。

アルス・エレクトロニカ
会場:リンツ・オーストリア
http://www.aec.at

Text and Photo: Tomohiro Okada From Coolstates Communications.

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE