エンライトメント

PEOPLE

今月のカバーを制作していただいたのは、グラフィッカーズの一員として、テイ・トウワらとツアーもする、イラストレーターのヒロ杉山氏率いる「エンライトメント」。イラストレーターとしての活動の枠を飛び越える、フリーペーパー「トラック」の制作により、クリエイターとしてのスタイルも確立、最近ではキムタクのTBCや、ホンダHRVなどのコマーシャルでも活躍中。


はじめに、自己紹介をお願いします。

父親が歯医者ということもあって、子供の頃からなんの疑いもなく自分も歯医者になろうと思っていたのですが、浪人中に突然、気が変わりこっちの道にきました。東洋美術学校卒業後、イラストレーターの湯村輝彦氏のフラミンゴスタジオへ入社。そこで仕事に対する姿勢、センス、その他ありとあらゆることを、学びました

エンライトメントを設立した経緯について教えてください。

1997年にスタートさせました。デザイナーの米津智之が参加。グラフィックデザインとイラストレーションの中間みたいなことがやりたくて。面白いビジュアルをつくりだす所といった感じです。
現在二宮美香が加わり3人でやってます。あまり大きな事務所にする事は、考えていません。最近は広告の仕事が多くなってきています。キムタクを絵にしたTBCや、平面構成で作ったパルコグランバザール、限りなくアナログに近いホンダHRVなどCFで動きものが続きました。

ヒロ杉山さん個人としての仕事と、エンライトメントとしての仕事の方向性に違いはありますか?

方向性の違いはほとんどありません。もともとヒロ杉山の方向性自体がすごく幅の広いものだったので。最終のアウトプットの段階が違うだけです。スタイルとかに捕らわれるのが好きじゃなく、極端な話、「今日一番やりたい表現を、今日やる。」というところなのです。

フリーぺーパー「TRACK」を始めたきっかけは何ですか?

展覧会をギャラリーじゃなく、紙の上でやろうと思って始めました。そしてもう一つグラフというすばらしい印刷屋さんがあるのですが、そこのピーアールをしたいということです。
ここで伝えたいことは、一つは印刷物の魅力。ただの紙切れがインクをのせる事により大事にとっておきたくなるようなものに変身してしまうこと。もう一つ今、我々はこういうことに興味があり、こんな表現がしたいのですと、皆にアピールしたい。

パリのコレットで「TRACK」展を開催されたそうですが、反応はいかがでしたか?

パリの展覧会の後、世界中からメールをいただいてとてもビックリしています。海外の雑誌からもいくつか紹介したいとのオファーをもらいました。世界中のひとがコレットにきているのだな〜とコレットの人気を改めて実感しました。

「TRACK」では、毎回違う手法でデザインの提案をされていますが、そういったアイデアはどのようにして思い付くのですか?また今後の「TRACK」の予定は?

残念ですが 我々の作る「TRACK」は、001〜007 までで終わりです。我々は毎日新しい表現をこころみています。ありとあらゆるところから刺激を受けています。ファインアート、映画、音楽、雑誌、自然、友人、宇宙・・・クリエイティブのアンテナを常にオンにしてどんなところからもおもしいろいアイデアを受信できるようにしています。

作品をまとめて見れるウェブサイトが現在はありませんが、予定はないでしょうか?

今とくにまとまってみれるものがありませんが、もう今の世の中これは、無視できないものになってしまいましたね。

コンピューターを使うことによってデザイン/イラストレーションに変化はありましたか?

ぼくは97年に購入しました。かなり遅いですよね。考え方の上ではまったく変化はありませんが、表現の上では10倍くらいひろがりいました。いや20倍かな。とくに印刷上でのアプローチのしかたが大きく変わったとおもいます。

今までに制作した作品の中で特に印象に残っているものは何ですか?

ウ〜なんだろう?実際一つの作品が完成すると気持ちはもう次の作品にいってしまって、今ももう次の新作のことで頭がいっぱいになってます。これまでの作品は皆好きですが、そんなわけで今までどんなの作ってきたかよく思い出せません。よくあることですが、過去の作品を何かの時に探しだしていて、ああこんなの作ったな〜ああよくできてるなどと、自分の作品にビックリすることもたまにあります。すみません。

今回、SHIFTのカバーを制作していただいたのですが、何をイメージしたのですか?

今この「点線重なり方式」に凝っていまして、それで作らせていただきました。イメージは「人とクリイエイティブ」といったところです。

エンライトメントの活動以外に、今興味のあることは何ですか?

3〜4年前は「波動」にとてもはまっていました。世の中にはすごいものがあるものだと、ビックリしていたのですが、今は特にこれといって具体的なものはありません、ただいつでも大きな意味でスピリチュアルなものや事は、とても興味があります。先週はダライ・ラマ法王の講演会へ行ってきました。本当にすばらしい方でした。

今後コラボレーションしてみたい人はいますか?

2月にパリへ行った時にクロード・クロスキー氏にお会いして、一緒になにかやりましょうとお話しました。今、ファッションデザイナーとコラボレーションできたら思っています。

最後に今後の予定を教えてください。

まだ、名前も決まっていいないのですが、新しいフリーペーパーを作りはじめました。形態はまだ秘密ですが、5月末ころには世の中にでまわる予定です。たのしみにしていてください。今の予定では、こんどのシリーズは、全部で12コ作ります。
これからも今のテンションを保ちながら、新しいものをどんどん作り続けていきたいとおもいます。とにかく今、自分たちが一番やりたい表現をすることが一番です。

ヒロスギヤマ。1962年 東京生まれ。東洋美術学校卒業後、湯村輝彦に執事。1987年 谷田一郎と近代芸術集団を結成。ビデオ、パフォーマンス、ペインティングなどの作品を発表。1989年 チョイス展グランプリ受賞。1997年 エンライトメントスタート。1999年 フリーペーパー「トラック」創刊。

Interview and Text: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE