ソナー 1999

HAPPENING

斬新な音楽とマルチメディアアートのインターナショナルフェスティバルと銘打ったSONARは、ヨーロッパの革新的で実験的なエレクトロニックミュージックの最も活気のあるフェスティバルへと成長した。6年目を迎える今年は、クラフトワークやジェフミルズなどによる独創的なパフォーマンスや、イアラリーのモジュレーションズなど、めったに見られないフィルムが上映された昨年のイベントに引き続き、期待に応えるものがたくさんあった。SONARのメイン会場となったCCCB(Centre for Contemporary Culture, Barcelona)は、バルセロナ市街の中心に位置し、ゾクゾクするような活気に満ちた雰囲気で溢れていた。


6月17日から19日までの3日間で3万人を超える観客を動員し、世界中からミュージシャンやDJが集結し大評判となったと共に、スペイン国内のエレクトロニックミュージックシーンを活気づけた。CCCBの昼の部のミュージックステージとなった 「SONAR LAB」と、夜の部のビーチクラブの開催地「SONAR CLUB」はエレクトロニックフュージョンなどスタイルに関係なくフィーチャーし、絶大なリアクションを巻き起こした。
1999年のオープニングナイトの主役を務めたのはオービタルで、そのパフォーマンスは今年のSONARの唯一の特権である、アーティストとコマーシャルのクロスオーバーとなっていた。PLASTIKMANやリョージ・イケダなどによるパフォーマンスは、SONARが純粋なエレクトロニックなフォームとサウンドスケープと非常に相性がいいということを表していた。
どのパフォーマンスも時には挑戦的すぎるものだったが、プログラミングの断固とした本質を表している。もっと分かりやすかったものは、BANGALOWや、LEAF、FAT CAT、ELEFANT、MUTEなどの革新的なレーベルによる最新リリースのプレビュー。夜の疲れを癒すために絶対必要な午後一番の昼寝タイムには最適だった。ジャパニーズテクノイズも地下のコンサートホールで繰り広げられていた。

音楽関係の動画やマルチメディア、インスタレーションは、独特で実験的な作品のフェスティバルのビジョンを膨らませる強烈な呼び物となっていた。これらの作品のほとんどは「SONAR MATICA」という表題の下に、地元バルセロナ出身のアーティストの作品をフィーチャーしていた。そこでは、ウェブアートのスター、JODI(バルセロナ在住)や、「EVOLUTIVE」を出版している VASAVA ARTWORKS、ウェブの扇動者 NSQ、スペインで最もスタイリッシュな雑誌「AB and FLORIDA」のアートディレクター、SERGIO IBANEZなどの作品を見ることが出来た。
熱狂的なライブミュージックのスケジュールでは、休息する暇もなく、「SONAR CINEMA」の音楽をベースとした動画のエレクトリックセクションでは、最新のデジタルトレンドやアーティストを見ることが出来た。
僕達も、かなりエキサイティングな作品を紹介することができた。「Sneakers: Size isn’t Everything(スニーカー/サイズだけがすべてじゃない)」というONEDOTZERO3でも公開されたスニーカー信仰についてのドキュメンタリーフィルムを持参したのだ。
その他のハイライトは、巨匠CYLOBの新しいビデオや、LUCKY PEOPLE CENTRE INTERNATIONAL がフィーチャーしたスウェーデンのDJ/VJクルーのフィルム、DUMB TYPEのライブパフォーマンスのビジュアルを収録したもの、FARMERS MANUALとコラボレートしたSKOTの作品など。

以下は個人的に注目したもの5つ。

1. THE USER:建築家THOMAS SHAW MACINTOSHと、作曲家EMMANUEL MADAN。14のドットマトリクスプリンターを調整してユニークなコンサートを奏でていた。旧式のテクノロジーの最高の使い方。

2. リョージ・イケダ:ジャパニーズミニマリズムの頂点。簡素で精密なサウンドが見事な音のパフォーマンスとなっていた。

3. KRUDER + DORFMEISTER:12インチリミックスの現代の巨匠2人が合体。彼ら自身のG-STONEレーベルからWALL of SOUND、TALKIN’ LOUD、NINJA TUNE、SSLまで。

4. CHOP SUEY:スペイン出身のスクラッチ、サンプリング、ブレイクビーツで、地元出身のアーティストが何が出来るのかを示していた。

5. プラスチックマンことリッチーホーティン:ホーティンの不規則な振動が、僕のこのフェスティバルに対する失望のきっかけとなったが、彼がその夜の彼自身の欲望に正直すぎたか、または既成のビジュアルに対する冒険心が欠けていたのだろう。

他の国や街がSONARのやり方に匹敵するフェスティバルを開催することを望んでいるようだ。彼らは正しいことをやっているに違いない。しかし、先進的なミュージックフェスティバルは、得た成功に満足してそれ以上の努力をしないようなことにならないように、気を付けなくてはならない。名声や評判というものは簡単に無くなってしまうものだから。プログラミングエリアでは、改善が必要なものも幾つかあったし、年々それを繰り返さないようにしなければならない。大したことではないのだが。SONARは最も新鮮なフェスティバルのひとつだ。詳細で斬新でアイデアがある。僕のたったひとつの後悔は、どういうわけかビーチでの PAN SONICの即興パーティーを見逃してしまったこと。でも来年もあるさ。

Text: Matt Hanson
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE