CHALK

THINGS

CHALKのエディターのブランドン・ホー、 アートディレクターのカルバン・ホー、 代表を務めるウェンディー・リー、スタイリストのクラウディー・ホー。彼らの誰もがマルチな才能を持っている。
ブランドンは地元アーティストの音楽についての記事を書き、自分でバンドもやっている。カルバンは才能あるグラフィックデザイナー兼DJで、「Atomicattack !」という小さなレコード店を妻クラウディと一緒に経営している。


CHALKというのは、最近第2号目を発行したばかりの新しい雑誌で、音楽やファッション、ユースカルチャーを扱っている。同じ話題を扱っている雑誌がマガジンラックにはたくさんあると思うが、実際にホンコンで作られているものは全くと言っていいほどない。ホンコンにユースカルチャーがないというわけではないが、そういった話題を扱うローカル雑誌がないのはなぜだろうか? これがブランドンとカルバン、僕の3人が語り合った話題のひとつだ。

まずはじめに、バックグラウンドを教えてください。

ブランドン:バックグラウンド、ルーツみたいなものは、ヒップホップ、音楽、クリエイティブ。僕はクリエイティブなものが好きです。それが僕のバックグラウンドです。

カルバン:僕はずっと芸術に興味があって、実際に芸術を勉強していたこともあったんですが、本当にやりたいことはこれじゃないと気付いて、デザインにのめり込むようになったんです。それ以来ずっとデザインが好きです。

「CHALK」を始めたきっかけは?

ブランドン:僕が音楽とアートに興味を持つようになってからも、ホンコンにはクリエイティブでオリジナルなものは存在しません。ホンコンの才能を紹介する雑誌があるべきだと考えたんです。

雑誌に参加しているのは才能のある人たちの集まりですね。

カルバン:ええ、僕達がやっていることを気に入ってくれる人がいたら、もっと多くの人達に参加してもらいたいと思ってます。

ブランドン:ホンコンにはクリエイティブな人はたくさんいるけど、彼らが出来ることは何もないのはご存じですよね。彼らが働くことの出来る雑誌はないし、自分自身でやる以外何も出来ないんです。みんながそれぞれ自分自身のことをやるよりも、みんなをひとつにまとめたいと考えました。その方がインパクトがあるでしょう?

そうですね、それによって何かが起こることを期待しています。では、ホンコンに「シーン」があるとしたらの話しですが、それについてどう思うか聞かせてください。

カルバン:ありますよ。でも僕が思うに、世界中の全てのものをごちゃまぜにしたようなものだと思います。独特と言えるものではありませんが。

ブランドン:他と比べると、とても未熟なものだと思います。全てお金ですよね。

では、ここ1年で何を達成したいですか?また、CHALKはどうなるのでしょうか?

ブランドン:まずは1年間生き残ること。(笑)

カルバン:ひとつのゴールとしては、ローカル雑誌という地位を確立し、ホンコンの才能を、それが音楽であれアートであれ紹介して行く努力をすることだと思います。みんながホンコンに来た時に僕達の雑誌を読んで、少なくともここには何かがあるということを知ってほしいです。

ブランドン:海外の人々に、ホンコンはお金を稼ぐだけじゃないということを示したいですね。

カルバン:あと、チープな製品も。

ドレイファス:今は英語と中国語のバイリンガルで雑誌を作ってますが、今後もこの2ヶ国語圏内の読者に向けて発信し続けて行くつもりですか?それとも最終的には中国語のみにしようと考えてますか?

ブランドン:基本的にはバイリンガルでやって行くつもりです。ホンコン以外の人達も読むことが出来るように。

グローバルな読者を求めてるんですね。記事やレビューのなかには中国語で書かれていて英語では書かれていない、またその逆もいくつかありますが、何を何語で書くかというのはどうやって決まるのですか?

ブランドン:全く同じように翻訳されないものもあります。バンドと同じで、英語よりは中国語で読む人達が多い場合もあるんです。

ドレイファス:ホンコン在住のデザイナーのひとりとしてカルバンとはホンコンのデザインの現状について語り合ったり、不満を言う機会がたまにありますが、この話題について何か言うことはありますか?

カルバン:ホンコンにはデザインをデザインとして見てない人達もいると思います。他人のものを盗用してるのもたくさん見られるし。例えば…、

名前は出さない方がいいみたいですね。

カルバン:彼らは日本に影響を受けて注目してるけど、自分の国に目を向けることは決してありません。ホンコンにもカルチャーはあるのに。

みんな基本的にリスクを負うのが嫌で、保守的なんですよね。

ブランドン:僕達はただ、将来もっと多くの人達が僕達がやっているようなことをするようになればいいと願っているだけです。僕達はきっかけを作っただけで、みんなが続けて行ってくれると思います。

Chalk
住所:5/F, 11a Caroline Hill rd., Causeway Bay, Hong Kong
TEL: +852 2882 4063
Email: chalk@hotmail.com

Atomicattack!
住所:3/F Flat c, Vancouver Mansion, 6 Kingston Street, Causeway Bay, Hong Kong
TEL:+852 9648 9639
Email: calvin@hklink.net

Text: Drafus Chow From Lemon
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE