マーク・ロスコ回顧展

HAPPENING


フランスのオーディエンスがマーク・ロスコのミニマル・ランドスケープ作品に触れることが出来たのはこれで2回目で、ほとんどの人たちにとってはこの素晴らしいアメリカの画家を始めて知る機会となった。
1回目の展覧会が開かれたのは1962年のことなので、「Le printemps」という大きな店を経営しているフランスの大企業の協力のもとに開かれたその大規模な回顧展に パリジャン達はエキサイトしていた。展覧会は1935年から1969年の期間から選ばれた70の絵画で構成された。リアリズムからシュールリアルズム、抽象的な絵画まで、熟成した彼特有のスタイルが展開された。マーク・ロスコがポスト戦争時代の主要な抽象画家の先駆けとなった1人であると言えるだろう。全ての形態、全ての絵画が分解され、オーディエンスを奇妙な瞑想へと導く限られたキャンパスへと形を変えている。その色に惹き付けられずにはいられないだろう。実際にはモノクロームの絵の具ではないのだが、それは確かに見る者に催眠術をかけ、身動きも出来ずに見つめさせるような秘密を持った色なのだ。
ロスコは禅仏教の思想に深く影響を受けたようだが、メッセージがあるわけではない。コミュニケーション・システムと言われるものを生み出したその思想家に対抗することも全く自由なのだ。彼は造形のうわべだけの幻想から解放され、最初の感情を差し出そうと試みた。パリでの展覧会は主にこの美学者によってインスパイアされている。

Text: Anthony Augendre
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE