NIKE 公式オンラインストア

マルク・ングイェン

PEOPLEText: Satoru Tanno

今回SHIFTのカバーグラフィックを制作してくれたのは、パリで活動するグラフィックデザイナーで、サイト「DOTMOV」をオーガナイズしているマルク・ングイェン。「シャーマン」というパリのマルチメディア・デザインチームの一員としても参加し、数々のマルチメディア・コンテンツを手がける彼に、パリのデザインシーンや、シャーマン、そして自身の活動についてお話を伺いました。

まず、自己紹介をおねがいします。

マルク・ングイェン、24才。グラフィックデザイナーです。ティーンエイジャーの頃は、ミュージシャンになりたいと思っていましたが、エレクトロニックアートや、商業的なアートについてよく考えた結果、デザインに興味を持ちました。それで、パリのヴィンセン・ユニバーシティーで、モーションピクチャーとブロードキャスティングの勉強をしました。その後は、グロリエ・インタラクティブで働きはじめ、グラフィックデザイナーとして2年間働き、その後フリーになりました。現在一番のクライアントはシャーマン・デザインカンパニーで、今はそこのスタジオで仕事をしています。

自身のサイト「DOTMOV」について教えてください。

最初、僕の仕事は、ウェブデザインに深く関わっていました。実際、90%がウェブデサインでした。現在、ウェブデザインにかける時間はそれほど多くはありません。自身のプロジェクトに費やす時間もだんだんと減ってきています。今は2ページほどの小規模だけれども、人のアイディアやフィーリングといったような、何かしら効果のあるウェブにしたいと思っています。

今は、スモール・ビジュアル・ポエトリーのシリーズを手がけていて、それをサイトに加えようと思っています。ウェブを通して、特別にゴールや目的を持っていない人たちにとって、かなりの不安があるということは知っています。そしてウェブの人気は、その内容の統一性に大きく左右されるということも知っています。そのことについては特に気にしていません。というのも、僕自身のゴールや興味は、この個人的なプロジェクトを開始した時から、常に変化しているからです。

実際、「グラフィックデサイン」というオンラインのスタッフの全体的な目的は、はっきりしていないように思えます。それは、インターネットに存在するすべてのものと、本当に役に立つものとの間での、とてもシンプルな方程式の結果、生まれてくるものなのです。

ヘヴィーなサイトやパーフェクトなデザイン、書体、そしてアニメーションや革命的なテクノロジーなどの、すべての種類のものをたくさん見てきました。と同時に上辺だけの内容のものもたくさんありました。しっかりとしたテキストと、本当に意味のある内容があれば、ウエブは発展することができると思います。僕のいちばん好きなサイトのスタイルは、デザイン重視のサイトではなく、内容重視のものです。

シャーマン・グラフィックデザイン・スタジオとの関係を教えてください。彼らは主にどのような仕事をしているのですか。

シャーマンは、いろいろなデザイン能力を持ったグループのデザインスタジオです。プリント、マルチメディア、オーディオビジュアルデザインをプロデュースしています。彼らは、パリではかなり独特で、ほとんどのクライアント団体からファッションブランドまでを、オルタナティブなやり方で考えています。このような組織は、アメリカでは普通だけれど、パリではとてもめずらしいと思います。なぜかは僕にも分かりません。

先に言ったように、僕は彼らのスタジオで仕事をしています。主に、オーディオビジュアルとマルチメディアプロジェクトを担当しています。それはかなりホットで興味深いプロジェクトです。彼らの創造性と、デザインを幅広い分野で理解しそれを実行する方法を持っていることをとても尊敬しています。

全体的なフランス、パリのウェブデザインについて聞きたいと思います。何が今ホットなのか、興味深い動きはありますか?

パリで今、ウェブデザインがホットだとは思いません。少数のデザイン会社に多くの仕事が振り分けられています。大手の通信会社は、今人々を引きつけ、旧式のコミュニケーション手段を忘れさせようと努力していますが、文化的な問題に直面しています。フランスは今だに、ド・ゴールの国なのです。そして、アメリカ文化に対して強い反感を持っています。それでも、パリには革新的なものもいくつかあります。しかしそれらは、国際的な規模で何かを表現するにはあまりに小規模で、あまりにフランス的です。TVやトランスファーネットがリンクされるようになれば、フランスでも、インターネットはポピュラーになると思います。

パリ以外の場所で仕事をするとしたら、どこを選びますか?また、パリは好きですか?

実際に、アメリカが住みやすい所かどうか確認するために、明日パリを出発する予定です。サンフランシスコとニューヨークで一週間づつ過ごす予定でいます。パリについては、自分がこの土地を好きなのかどうかは、はっきりとは分かりません。そこに自分がいるから、その土地を好きなだけかもしれないと思います。しばらくはここでやらなくてはいけない事があるので、それから自分がここに居たいのか、そうでないのかを、自分自身に問いかけてみるつもりです。

日本はどう思いますか?

日本の文化には、多くのリアリティーがあるけど、その全部を評価しているわけではありません。でも、日本のクリエイター達の能力には、はっとさせられるものがあります。灰野啓二のようなミュージシャンや日本のファッションデザイナーや舞踏家たちは、深い文化的、伝統的な要素をミックスした、独特の可能性を持っていると思います。今、気に入っているのは、「ダム・タイプ」です。それは今言ったことの好例です。

好きなグラフィック、ビジュアルのデザイナーはいますか?

尊敬している人たちはたくさんいます。デヴィット・カーソンや、ピーター・サヴィルといった、有名なデザイナーたちや、ホイットニーブラザーズ、マルコム・マクラーレン、レン・ライ、それから、名前は忘れたけど、「歯の中の宇宙」というショートムービーをつくった人たちの、その人柄、ビデオアート、アニメーションの分野から影響を受けました。音楽やダンスからも影響を受けたし、クリス・カニンガム、ビスクや DJクラッシュにはすごく興味を持っています。

最後に今後の活動予定や、これからやってみたいことなどを教えてください。

今、最も興味のあることは、タイトルシークエンスのアートワークと、モーショングラフィックスです。ロンドンの映像フェスティバルに出品をしますし、ファッション関係のクライアントの為にも今も多くのビデオ作品を製作しています。

また、僕らがシャーマンで取り組んでいるオーディオ・ビジュアル系の仕事もきっと面白いと思います。これから4、5年はパリで活動してきたことを一段落させて、シャーマンをフランスにありながらも、より大きく特徴あるマルチメディアの活動母体としていきたいと思っています。

ウェブ/マルチメディア産業は日に日に大きくなっています。世界がデジタル・コミュニケーションで繋がれ、グラフィック・デザイナーはその将来に大きな影響をあたえるでしょう。その一旦を確実に担うべきですし、まさに、やりがいのある仕事だと思います。また、音楽、ビデオ、モーショングラフィックス、写真を用いたドキュメンタリー・アートにも専念したいと思っています。

Text: Satoru Tanno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE