アート・イン・トランジット

HAPPENINGText: Mariko Takei

サンフランシスコ・アート・コミッションが主催する「アート・イン・トランジット」というイベントがサンフランシスコのメインストリート、マーケット・ストリート周辺にて行われている。

アート・イン・トランジットは日常生活の中にアートの風を吹かせようといったもので、様々なメディアを通して街中でアートに触れることがでる。このイベントの特徴としては、ただアート作品を街に点在させるということではなく、アートとライフの関係を深めるべく一種の社会的メッセージを包含しているということだろう。(マーケット・ストリートはたくさんのラインのバス停、地下鉄の駅がある通りでまたホームレスも多く、様々な人が行き交うインターセクションである。)

イベントのひとつは現代のホームレス事情を描いている「Parlor Game, a popular version」。地元アーティストによる6つの異なったポスター作品で、マーケット・ストリートにある24箇所の売店にて観ることができる。他には「The Greeting」や「The Pathway」といった動いている地下鉄の車両の中から眺めることのできるスライド作品などで、朝と夜のラッシュアワー時に上映される。

バスに乗るとき、売店でガムを買うとき、朝の込み合った電車の中、といった日常生活のなかの些細なひとときが、アートを感じる瞬間となるかどうかはそれらの作品を眼にした人それぞれだが、アート・イン・トランジットは2月まで他にも作品を設置して続く予定。

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE