グルーヴィジョンズ

PEOPLEText: Ako Masuda

ピチカート・ファイブ、スチャダラパー等の映像制作で有名なデザイナー・ユニット、グルーヴィジョンズ。インターネットではかっこいいアニメーションを使ったサイトで人気の彼らが、この2月から東京に拠点を移した。
祝・東京進出という事で、チャッピー(グルーヴィジョンズの代表作である女の子の着せ替え人形キャラクター)の友達のわたし(AKO)と、グルーヴィジョンズをアートという点から攻めてみたいというチバシがインタビューをしました。

チバシ:まず最初に。この間、東京での初活動というか、展覧会をやりましたよね。いかがでしたか?

はら(グルーヴィジョンズ):面白かったですよ。

アコ:ロケット(会場となった表参道にあるギャラリー)はどうでした?

イトウ(グルーヴィジョンズ):良かったですよ。

はら:良かったですね。ほとんどぶっつけ本番だったんで、色々トラブルはあったけど・・・

イトウ:でも他のギャラリーに比べたらやりやすい方じゃない?

はら:そうだね。人とか場所とかそういう環境がすごく良かった。

イトウ:そこそこ人も集まったしね。

チバシ:グッズの販売もしてたって聞きましたけど。

イトウ:してました。

チバシ:今後、グルーヴィジョンズの販売ってあるんですか?

アコ:なかなか手に入れられなくなりますよね、そういえば。イベントもそんなにやらなくなっちゃうし。

イトウ:そうだね。

チバシ:イベントって?

アコ:2ヵ月に1回くらい、京都のメトロっていうクラブでグルーヴィジョンズがイベントをやってたんですよ。あちこちからDJを呼んで、グルーヴィジョンズの映像作品を大きなスクリーンで映してっていう。結構いろんな所から人が集まって面白かった。

チバシ:じゃ、今まではメトロでやっていたイベントで販売してたんですか?

アコ:そうそう。小さいものはポストカードとかワッペンとか。大きなものだとライトボックスとか(笑)。10万円でしたっけ?あのライトボックス。

はら:ホントは15万円(笑)。

アコ:今まで買った人っているんですか?

イトウ:それがねー、2台売れてるんですよ(笑)

はら:いや、3台だよ。

アコ:ええ!?すごい!

チバシ:ポストカードとライトボックスの中間にはどんなものがあるんですか?

アコ:Tシャツもあるし・・・ボタンダウンシャツもありましたよね。

イトウ:そうだね。

チバシ:シャツっていうのはシャツ自体を作ったんですか?

イトウ:そうです。

アコ:すごく可愛いんですよ。3サイズあるんですけど、採寸の時にグルーヴィジョンズの若手メンバーのサイズを図ったらしくて、タグの所にS・M・Lじゃなくて「サワダ」「ヤマノ」「スミオカ」って、採寸のモデルになった人の名前が書いてあるの(笑)。

イトウ:そうそう(笑)

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE