「カルダー:そよぐ、感じる、日本」

NEWSText: Editor

Photo courtesy of Calder Foundation, New York / Art Resource, New York © 2024 Calder Foundation, New York / Artists Rights Society (ARS). New York

アレクサンダー・カルダーによる東京での約35年ぶりとなる個展「カルダー:そよぐ、感じる、日本」が麻布台ヒルズ ギャラリーで、5月30日から9月6日にかけて開催される。

MoMA STORE

カルダーは、動く彫刻であるモビールによって近代彫刻の概念を一変させ、最もその名を知られている。作品は、世界中の公共スペースで見ることができ、20点以上が日本国内18箇所の美術館に収蔵されている。

アメリカのモダンアートを代表するカルダーの芸術作品における、日本の伝統や美意識との永続的な共鳴をテーマに開催される本展は、ニューヨークのカルダー財団理事長であるアレクサンダー・S.C.ロウワーのキュレーションと、ペースギャラリーの協力のもと、カルダー財団が所蔵する1920年代から1970年代までの作品約100点で構成され、代表作であるモビール、スタビル(静止した抽象的な作品)、スタンディング・モビールから油彩画、ドローイングなど、幅広い作品を見ることができる。

「カルダー:そよぐ、感じる、日本」
会期:2024年5月30日(木)〜9月6日(金)
開館時間:10:00〜18:00(金・土・祝前日 19:00まで)
休館日:6月4日(火)、7月2日(火)、8月6日(火)
会場:麻布台ヒルズ ギャラリー
住所:東京都港区虎ノ門5-8-1 麻布台ヒルズ ガーデンプラザA MB階
TEL:03-6402-5460
主催:麻布台ヒルズ ギャラリー
共催:ペースギャラリー
企画:アレクサンダー・S.C.ロウワー
展示デザイン:Stephanie Goto Architecture
https://www.azabudai-hills.com/azabudaihillsgallery/

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE