ジメーナ・パッサドーレ

PEOPLEText: Gisella Lifchitz

ジメーナ・パッサドーレのデスクトップにはこう記されている。「常に探すこと、それが重要だ」と。

偶然ながらジメーナ・パッサドーレを知ったのはインターネットで調べものをしているときだった。彼女と、彼女の生み出す美しいものたちで溢れかえっているのを見つけてしまった。

どの作品のどれをとっても、彼女は常に変化を生み出している。ジメーナ・パッサドーレはビジュアルアートのアーティストであり、デザイナーであり、教師、エディターでもある。彼女の「アーティストブックコレクション」には完全に驚かされた。それは彼女の編集で制作、出版された「フランベ」という、アーティストブックだ。それぞれ一つ一つの小作品がアートになっている。

Jimena Passadore

あなたのキャリアの始まりは?

グラフィックデザインを学んだ後、いくつかその分野で仕事をしました。2006年にDAAD(ドイツ学術交流会)を通してドイツでスカラーシップを獲得したので、ライプツィヒやハンブルグ、ベルリンを2年かけて回りました。ドイツから戻り、パートナーのホセとともにデザインとアニメーションのブティックとして「ステイトステイド」を立ち上げました。

14_retratos2.jpg

フランベ・エディションとはどういうものですか?

フランベというのは自主出版プロジェクトです。若く才能あるアーティストの作品をプロモーションすることを目的としています。実際アートの巡り合わせというのはとても複雑で、わたしたちとアーティスト双方向からお互いを知り合う方法をつくるのが良いと思ったのです。

まずはフォトグラファーとして写真集をつくり、「FELIFA」(写真集フェアのひとつ)へ応募しました。そして賞を受賞し出版されることになりました。皆さんに手にとってもらえたので、もう一度つくれば買ってもらえると感じ、版を重ねましたがそれらも全て売れてしまいました。

それからコレクションをつくろうと決めました。初めは私のドイツのポートレイト、その次は様々な都市の窓を取り上げた「ラファエラ・ファサード」でした。

その後、パスカル・アスと彼の絵を載せ、またイレーネ・ベルゼロやレナ・スザンカイ、ローラ・ワルスキーらもコレクションに加わってもらいました。ローラの場合はフランベにとって初めてのログブックとなりました。創作の過程や、物、文章、彼女があるべき人物へとなるよう影響を与えたものなどが示されています。19_img1815.jpg

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE