カーサトマサ

PEOPLEText: Julio Cesar Palacio

バルセロナを本拠地とするカーサトマサは、ロマンティックで現代的なスタイルでフェミニンなボディーにスポットをあて、女性のファッションに新たな1ページを加えた。彼らは、ソフトな形、デリケートな生地そして絶妙なカラーを組み合わせ、対称的で有機的なフォームと驚くべきプリント模様を創造し続けている。

それは、まるでサウンドトラックのような究極な手仕事である。しかもアメリカの新しいフォクシンガーからもっとも過激なエレクトロミュージックまで様々なアーティストがコラボしたようなサウンドトラックである。それにもかかわらずその全てが洗練されてミックスされているのだ。

カーサトマサの創造の過程に深く影響を与えるものの一つとして、世界中の異なるタイプの住居(特にロシアの家)の輪郭、形状、そしてその印象がある。

カーサトマサ05〜06秋冬のファーストコレクションは、カーサトマサのデザイナーでマネージャでもあるマリア・ルビオがトランシルバニアへの旅の後に構想されたものである。

06春夏コレクションは、ロシアの未来主義アートムーブメントから示唆を得たものだ。そして06〜07の秋冬コレクションは、世界地図を円やアシンメトリーな形に切り取って、模様と素材の間に動きをつくり出した。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
クォン・オサン
MoMA STORE