アンソニー・マッコール & ミシャ・クバル「エル・アレフ」

NEWSText: Satsuki Miyanishi

ブエノスアイレスのファエナ・アートセンターにてイギリスのアンソニー・マッコール、ドイツのミシャ・クバルの展覧会「エル・アレフ」が開催される。アンソニー・マッコールの作品がアルゼンチンで展示されるのは今回が初となる。

ADVERTISEMENT

マッコールの作品は、いつもコンセプチュアルで厳格さを持っているにも関わらず、公共的で、観覧者が動いて見て回ることができ、光の中に入りその形を変えてしまう相互作用が生まれるような空間を提供する。

展覧会は、光の反射によって構築される作品は、作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの代表作「エル・アレフ」の物語をテーマに展開される。これは、20世紀の世界文学の代表作へのオマージュとしてだけではなく、文学の物理的な空間への変換、芸術における性別のメタファーとシンボルの象徴の度合い、光の非物質性の意味など様々な美学の問題を示唆している。

Anthony McCall & Mischa Kuball “El Aleph”
会期:2013年9月1日〜10月31日
時間:12:00〜19:00(火曜〜金曜休館)
会場:Faena Art Center
住所:Aimé Paine 1169, Faena Art District, Puerto Madero, Buenos Aires
TEL:+54 11 4010 9233
http://www.faenaartscenter.org

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE