白川千佳

PEOPLEText: Taketo Oguchi

昨年、国内及びアジア各地から約290組の次世代クリエイターが集い、13,000人を超える来場者が訪れた国際アートフェア「アンノウン・アジア」に初出展し注目を集めた、大分県出身・福岡県在住の白川千佳。ユニークなオリジナルゆるキャラ「スリジャワ」を中心に、ポップな色彩と構図で独自の世界観を作り出している。


© Chika Shirakawa

まずはじめに自己紹介をお願いします。

1984年生まれ。大分県出身、福岡県在住の白川千佳です。
福岡デザイン専門学校卒業後、印刷関連・広告デザイン・子ども靴デザインの仕事に携わった後、現在は障がいを持った人たちをサポートする就労継続支援事業所で、もの作りなどを指導する仕事をしながら、個人の創作活動を行っています。


「浮遊」 心を解き放て。
2019年 / 100 × 100 mm / アクリル絵具・マーカー

今年は大変な年だったかと思いますが、生活や仕事に何か大きな変化はありましたか?

本業の仕事において、全く関わったことのない福祉の仕事に就いたのは大きな変化でしたが、創作活動をする上では、ほとんど変化はありませんでした。


「悩みがなさそうに見えることが悩みかもしれない」悩みがないことは、良いことのようだけど、何も考えてなさそうに見られるのはイヤだ。
2019年 / 25 × 25 mm / アクリル絵具・マーカー

アンノウン・アジア出展作品について。キャラクターを主としたまとまった作品発表は初めてだったそうですね。反響はいかがでしたか?

このキャラクター自体はイベントや展示などで登場する事は結構あったのですが、飾る絵として構図などをしっかり固めて制作し発表したのは、アンノウンアジアが初めてだったので、どういう反応をされるのかすごく不安な気持ちがありました。
ただ有難いことに、絵を見てくださった方々が不思議なキャラクターに興味を持ってくれ、笑顔になる瞬間に沢山出会えてとても嬉しかったです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
“Unknowna
MoMA STORE