アユミミツカネ「ボウシ」展

HAPPENINGText: Aya Shomura

レディース・ブランド「ayumi.mitsukane」(アユミ ミツカネ)のファッションデザイナー、光金鮎美による、初の個展「ボウシ」展が札幌のクラークギャラリー+SHIFTにて開催中だ。展覧会名がなぜ「帽子」ではなく「ボウシ」展なのかは、会場に展示されているボウシを被ってみるとよくわかる。

IMG_4849_468pix
“BOUSHI” Exhibition, Clark Gallery+SHIFT, Sapporo, 2015

階段を上がりきった時にまず感じるのは「帽子はどこ?」かもしれない。それほど、私たちが想像し、普段身につけている一般的な「帽子は頭に被るもの」という概念とは全く異なるのだ。日本語では「帽子を被る」だが、英語では「wear a hat」=「ボウシをまとう」と表現する。まさにその英語の感覚に近い彼女の色鮮やかなボウシは、頭だけではなく、その他の身体部位を覆い浸食するかのように拡張し、跳躍感に溢れている。

IMG_4677_468pix
“BOUSHI” Exhibition, Clark Gallery+SHIFT, Sapporo, 2015

ブランドコンセプトに「コンテンポラリーアートへの投げかけ」を掲げる彼女らしい、とても挑戦的かつ挑発的なボウシの数々は、実は音符を表現している。

IMG_4680_468pix
“BOUSHI” Exhibition, Clark Gallery+SHIFT, Sapporo, 2015

本展のコンセプトについて「私たちは音楽だけではなく、生活のリズム、言葉のリズム、空間のリズム、視覚のリズム、たくさんのリズムに囲まれている。身につけた人に合わせて止めどなく躍動する服のリズム。音符が表現されたBOUSHIと空間のリズム」と本人が語るように、鑑賞者は「早く全部のボウシを被ってみたい」との衝動を抑え切れず、踊るようにボウシと戯れたくなる。

2016ss_468pix
ayumi.mitsukane 2016 Spring/Summer collection, 2015, Photo: Mamoru Horiguchi

そして、壁に展示されているayumi.mitsukaneの独創的なファッションフォトも、もちろん要チェック。昨年11月に台北で開催された「クリエイティブ北海道ミーツ台北 2014」で、期待のブランドとしてエキシビションやファッション・ショーを行なうなど海外進出も果たした。時代の空気を感じながら新しい表現方法を模索し、たくさんの驚きと感動と刺激を与えることが使命と考えている彼女の、その真摯なモノづくりへの想いに満ちた実験的な展覧会に、拍手を送らずにはいられない。

ayumi.mitsukane Exhibition “BOUSHI”
会期:2015年10月2日(金)~30日(金)
時間:11:00~19:00(月曜日・第三火曜日休廊)
   ※10月12日は祝日のため営業、13日が振替休廊
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
TEL:011-596-7752
http://www.clarkgallery.co.jp

Text: Aya Shomura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE