NIKE 公式オンラインストア

ディアン・チューク

PEOPLEText: Yoshiko Kurata

ディアン・チュークはニューヨーク在住のアートディレクターである。アートディレクションだけでなく、グラフィック、タイポグラフィー、イラストレーション、印刷物や動画などデザインのなかでも多様な分野で才能を発揮させている。以前は、「トキオン ニューヨーク」のアートディレクターでありながら「ヴォーグ」や「デイズト&コンフューズト」などの雑誌にも紹介されたことがある。また彼女は「NEOMU」というグラフィック・ジンの出版も手がけており、販売価格の1ドルは世界中の慈善団体へ寄付。今回はチュークに彼女の仕事やニューヨークのデザイン、クリエイティブ事情について話を聞くことができた。

DeanneCheuk001_1.jpg
Deanne Cheuk portrait, Photo: Heidi Yardley

まず初めに、自己紹介をお願いします。

ニューヨークでアートティレクターやアーティストとして活動しています、出身はオーストラリアのパースです。私の担当するプロジェクトは多岐に亘り、グラフィックデザインからアートディレクション、タイポグラフィー、イラストレーションなどを様々なクライアントに提供しています。また木炭で自分の作品を描いて展覧会もしています。

DeanneCheuk002.jpg
Lady With Tray, Charcoal on Paper

最新の作品について教えていただけますか?

最近は木炭を使ってサイケデリックな花をモチーフにしたドローイングを描き続けていますし、他にもヒューゴ&マリーというエージェンシーと一緒にタイポグラフィーのプロジェクトや墨流しの技法を使って新しい絵柄を作り出したりしています。

DeanneCheuk013.jpg
Type commission for Vogue.com

いつ頃からイラストレーションやデザインに興味を持たれましたか?

物心ついた頃からずっとですね。美しいものやアートには常に深い関心がありました。デザイナーとして仕事をするようになってからは、今まで見たことも無いような物や、今までとは違う感覚を味わわせてくれるような物に出会えるようにインスピレーションの”素”を探しています。

DeanneCheuk004.jpg
Lost In-Carnations, pattern design

19歳の時に大学を卒業されてそれと同時にアートディレクターとしての仕事も開始されましたが、最初の仕事はどのようにして見つけたのですか?

その頃は今のように「インターンシップ」という表現ではありませんでしたが、大学の最終学年の時にオーストラリア西部で発行されている「REVelation」という雑誌でインターンをしていました。卒業の頃に雑誌の出版社から「試しに一冊アートディレクションをやってみないか」と提案を受けまして、気がついたらそれから3年の間に13冊くらいのアートディレクションを行っていました。当時はまだ19歳だったので、それはもう沢山のことを学ぶことができました。23歳の時には「MUマガジン」という雑誌を自分で発行できるようになり、3年程活動した後その雑誌は廃刊にしてニューヨークに移り、「NEOMU」という「MU」の新しいバージョンの雑誌を作ったのです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE