ビョーク展

HAPPENINGText: Yuji Shinfuku

ニューヨーク近代美術館(以下、MoMA)にて6月7日まで歌手ビョークの回顧展「ビョーク」が開催されている。1993年のデビューアルバム「デビュー」に始まり、最新作「ヴァルニキュラ」まで個人名義としては8枚のアルバム、実に20年以上のキャリアを持ちアルバムごとに新たな表情を見せるビョーク。作曲を始めたのが4歳の時、12歳でアイスランド童謡を歌いレコードデビューし、ソロデビュー前にもバンド、シュガーキューブスで国際的な成功を収めている彼女の人生全てが音楽に捧げられているといってもいいであろう。

Björk
“Björk”, The Museum of Modern Art, 2015

スタイルの変遷、キャリア、また彼女のジャンルを横断する表現を考えた時に、ビョークというアーティストは回顧展をしやすいかもしれないと思う。デビューした頃はロンドン在住で先鋭的なエレクトロニックミュージシャンとアルバムを作るが、年齢とともにスタイルが変わっていき、近年は成熟されたどこか静的な広がりのある音楽へと深化し、最新作においては元夫との離婚からの再生をテーマにするなど、新たな局面を迎えている。しかしスタイルを変えながらもその世界観は一貫したものを保っているように感じる。そんな確固たるオリジナリティーを持って変化し続けるアーティスト、ビョークの表現をこの回顧展は音楽を軸にしながら多角的に考察できる機会となっている。

Bj%C3%B6rk02.png
“Björk”, The Museum of Modern Art, 2015

今回のビョークの回顧展は主にMoMAの2階、3階部分の一部を使って行われている。2階に上がると最新アルバム「バルニキュラ」に収録されている曲「ブラック・レイク」を映像作家のアンドリュー・トーマス・ホワンが、ビョークの祖国アイスランドにて監督した映像作品を見る事ができる。部屋はまさにこの映像作品のイントロで流れる洞窟のような雰囲気の暗室で、両極の壁には2つのスクリーンのほか、アンプが埋め込まれた行き届いたサウンドシステムの中、作品を鑑賞する事ができる。この約10分間の作品は今回の回顧展のために作られたMoMAとのコミッションワークのようである。出演者はビョークのみでアイスランドの美しい自然とのコントラストが美しい壮大でドラマティックな作品になっている。

Bj%C3%B6rk03.png
“Björk”, The Museum of Modern Art, 2015

次の部屋では、今までのビョークの全ミュージックビデオを座って鑑賞する事ができる。映画館のような大きなスクリーンで鑑賞できるとあって長時間滞在する来場者も多かった。ビョーク自身が現在ニューヨーク在住という事もあるが、アメリカでのビョークの人気の高さを垣間見ることができた。作品ごとに新たな世界観で我々を驚かせ魅了するビョークだが、2階では映像面に特化した彼女の表現を満喫できる。

Bj%C3%B6rk05.png
“Björk”, The Museum of Modern Art, 2015

「ソングライン」と名付けられた今回の目玉となる展示は3階だ。入場者全員に音声ガイドが配られるため入場に規制がかかっており1時間〜1時間半程待つ事が多いようで、待っている時間に他の展示を見るのが正しい見方のようだ。アルバムの時系列に沿って仕切られた各部屋にはジャケット、プロモーション、ライブで使われた衣装、アクセサリー、小物が並ぶ。「オール・イズ・フル・オブ・ラブ」のビデオクリップで使われたロボットや、2001年のアカデミー賞の際に着ていた事で知られる白鳥のドレスなど、ファンなら是非生で見てみたい品々がたくさん並べられている。

Bj%C3%B6rk08.png
“Björk”, The Museum of Modern Art, 2015

アルバム制作時に書き留められたメモや詩などが書かれたノートも展示されており、創作の裏側が垣間見える展示になっている。音声ガイドからはアルバムごとの説明や制作時の逸話もイヤホンで語られる。イヤホンからのナレーションはどこかパーソナルで親密な雰囲気を喚起し、来場者も足を止め陳列された衣装などを見ながら説明に聞き入っていた。アルバムごとに違ったスタイルを見せるビョークがこれまでどういう道を辿ってきたのかを時系列に沿ってみる事ができる。

Bj%C3%B6rk04.png
“Björk”, The Museum of Modern Art, 2015

また1階部分では「バイオフィリア」のツアー用に作られた自作楽器がいくつか展示されている。重力を利用して弦を弾いて音を出す高さ3メートルはあろうかと思われる「グラビティ・ハーブ」、「ガムラン」と鍵盤楽器のチェレスタを融合させた、まるで東洋と西洋がミックスされたような音を出す「ガムレスタ」などが展示されている。既存の楽器の音だけを使うのではなく、新しく楽器を作り出してしまうクリエティビティーは目を見張るものがある。「バイオフィリア」のアプリケーションも3階に展示されており、設置されたiPadで実際に触ってみる事ができる。こちらのアプリケーションはダウンロードできるアプリとしては初めてMoMAに所蔵されたそうである。宇宙をイメージしたメインページから曲ごとのセクションに分かれていて、それぞれの曲のセクションでは幾何学的な形の音符など様々な仕掛けがあり、直感的に音と映像を見て触って楽しめる興味深いものになっている。

Bj%C3%B6rk06.png
“Björk”, The Museum of Modern Art, 2015

今回の展覧会は待ち時間が長かったりはするが、全体としてそこまで大規模な回顧展という感じではなかったかもしれない。今までのミュージックビデオ、ツアーで使った衣装などをはじめ、集められるものは全て集めているのだと思うが、ミュージシャンそしてアーティストであるビョークという存在の内面に迫る洞察に欠ける印象も若干受けた。ただMoMAで回顧展ができる現代のミュージシャンはビョーク以外にはいないであろうし、こうしてまとまって作品やコスチュームなどを鑑賞できる機会は非常に貴重だと思う。

Bj%C3%B6rk07.png
Steel Shot from “Vulnicura”, Björk, 2015

ビョークの音楽が素晴らしいのはもちろんだが、したい事をしようとしたら、結果として音楽のみでなく映像、ファッション、アプリの開発や楽器の創作などジャンルを飛び超えたものになっており、その無作為かつ全方面的で奔放な表現は彼女が真のアーティストであることを証明している。それはビョークが確固たるビジョンを持ち、音楽を基盤にしてはいるが、それに留まらない複合的なものであり、他のメディアやテクノロジーと結ぶつく事で、ある種宇宙的な広がりを持つものとして成立しているように思う。そんな稀有なアーティスト、ビョークのアートフィールドでの立ち位置を、今回の回顧展では考察することができる。

Björk
会期:2015年3月8日(日)〜6月7日(日)
時間:10:30〜17:30(金曜日は20:00まで)
会場:The Museum of Modern Art
住所:11 West 53 Street, New York, NY
TEL:(212)708 9400
入場:大人25$、学生14$、16歳以下無料など
休館:感謝祭、クリスマス
https://www.moma.org

Text: Yuji Shinfuku

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE